シャネル

ジャック・ポルジュ シャネル帝国を創った男(4ページ)

スポンサーリンク

ジャック・ポルジュ
Jacques Polge
1943年6月、フランス・ラーニェ生まれ。
ジャック・ポルジュの全ての香水一覧
ジャック・ポルジュの全香水一覧(写真なし)

<代表作>
1932(シャネル)
アリュール オードゥ トワレット (シャネル)
エゴイスト (シャネル)
ガーデニア(シャネル)
クリスタル オードゥ トワレット (シャネル)
ココ オードゥ・パルファム (シャネル)
ココ・マドモアゼル (シャネル)
チャンス オー タンドゥル (シャネル)
N°19プードレ (シャネル)
ブルー・ドゥ・シャネル (シャネル)
リヴ ゴーシュ (イヴ・サンローラン)

スポンサーリンク

シャネルを復活させた3人の男たち。

かつて世界三大調香師のひとりに数え上げられた男ジャック・ポルジュ。

別名「シャネル帝国を創った男」。更なる別名「太陽を盗んだ男」。

今では、貧富の差関係なく、世界中の女性の憧れの象徴に登り詰めたシャネルですが、1970年代後半シャネルは存亡の危機に立たされていました。

そんなシャネルを復活させたのは創始者であるガブリエル・ココ・シャネルのような女性ではなく、3人の男性でした。一人は、1974年にシャネルのCEOに就任したアラン・ヴェルタイマー(シャネル・ブランドの所有者ピエール・ヴェルタイマーの孫息子)であり、もう一人は、1982年にデザイナーに就任したカール・ラガーフェルドでした。

そして、最後のもう一人は、ジャック・ポルジュでした。シャネルのすごい所は、ファッションと同じレベルまでフレグランスを引き上げ、そこに、1924年から発売されているメイクアップ・ライン、1927年から発売されているスキンケア・ラインを強化したコスメティックという甲冑を身に纏ったところにあるのです。

今では、ファッション・ブランドでシャネルに匹敵するコスメラインを持つブランドはディオール以外存在しません。

ジャック・ポルジュは、シャネルの香水の「古めかしい」イメージを、「最も新しい」というイメージに変えたのでした。それは1978年から2015年まで、ただシャネルのためだけに専属調香師としてシャネルの香りを創造した、そのスタンスが生み出した努力の賜物でした。

こうして今存在する多くのラグジュアリー・ブランドのフレグランス部門における目指すべき山は、シャネルただひとつとなり、エルメスをはじめとする、多くのブランドが専属調香師制度を導入するに至ったのでした。

ジャック・ポルジュの生い立ち

森進一にも似た、歌がとても上手そうなルックス。

私は、ただ新しいフレグランスを創造することには興味がありません。それは、古いものにとって変わり、また少し立てば、さらに新しいものがそれに取って代わるというサイクルを生み出すだけの状況になってしまうからです。私はシャネルは、歴史ある香りを生み出していくべきブランドであると自負しています。たとえ、若い人々に向けた香りであっても、それはタイムレスなものでなければならないと考えています。つまりは、ただ流行を捉えた若い人の香りを創造する事には興味がないと言うことです。

ジャック・ポルジュ

ジャック・ポルジュは、1943年にフランスのヴォクリューズ県(プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏)にあるラーニェで生まれました。父親は、調香師ではなく医者でした。ラーニェはグラースにそれほど遠くはないアヴィニヨン近郊にあり、何不自由なく育てられたジャックは、少年期には、夏のバカンスの家族旅行で、毎年カンヌの海で泳いでいました。そして、その途中で立ち寄るグラースの街に彼は夢中でした。ローズやジャスミン、ヴァイオレット、オレンジブロッサムの花畑の香りに魅了されていました。

子供の頃にジャックが、最も影響を受けた香りは、母親が身につけていたランバンのアルページュのクリームでした。そして、12歳のときから、香りに興味を持ち、ロンドンの大学に留学し、英語と文学の学位を取り、大学卒業後に、グラースでルール社(1991年にジボダンと統合された)に入社し、3年間ジャン・カールに師事しました。

そして、1969年にニューヨークの支社へと転勤しました。この時の同僚が、後に「オピウム」を調香することになるジャン=ルイ・シュザックでした。ニューヨーク生活の経験がジャックに与えた影響は「爆発的でした」と回想しています。一流になる調香師のほとんどが、ニューヨーク生活を送っています。

やがてベトナム戦争における兵役のためにパリに戻ることになり、ルール社を辞め、ドラゴコに所属していた1978年に、シャネルから三代目専属調香師のオファーが飛び込んできたのでした。

当初ジャックは、その当時シャネルでは、ほとんど新しい香りが生み出されていなかったので、すぐに辞めることになるだろうと考えていました。

シャネル帝国の逆襲

「私はココ・シャネル本人と会ったことはない」

シャネルの最上級の原料をチェックするのも専属調香師の務めだ。

そんな懸念とは裏腹に、ジャック・ポルジュは、1981年にシャネル・デビュー作としてメンズ・フレグランスの「アンテウス」を発表します。以後1984年にオリエンタル・ブームの集大成として「ココ」、1990年にメンズ・フレグランスに革命を起こした「エゴイスト」、1996年につける人によって香りが変わる「アリュール」、2001年に今ではキーラ・ナイトレイの香りとなった「ココ・マドモアゼル」、2003年に21世紀のシャネルの香りを打ち出した「チャンス」、2007年にシャネルのプレステージ・コレクションとして「レ・ゼクスクルジフ・ドゥ・シャネル」をスタートさせ、2010年には11年ぶりのメンズ・フレグランス「ブルー・ドゥ・シャネル」を創造したのでした。

そうです、ジャックは、着実にシャネル帝国の聖帝十字陵を積み上げていったのでした。そんな彼が絶対にすることがひとつあります。それは定期的な「N°5」の品質チェックです。「この香りを昔のままの姿で残すこともシャネルの専属調香師の役割なのです」。

2005年12月以降、クリストファー・シェルドレイクがシャネルに参加し、2013年には息子のオリヴィエ・ポルジュが合流し、2015年にオリヴィエが四代目シャネルの専属調香師を継承することになったのでした。

フレグランスは、常にファッションの後に続くべきだ。そして、詩とフレグランスは、姉妹であり、兄弟のようなものです。

ジャック・ポルジュ

ジャック・ポルジュは、現役時代、必ずシャネルのファッション・ショーに出席していました。それは、自分のブランドのファッションの流れを香りに反映させてこそのファッション・ブランドのフレグランスという意味からでした。

関連ページ:シャネルの香水の全て

スポンサーリンク

ページ:

1

2 3 4

最新の投稿

更新カレンダー

2019年11月
« 10月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP