シャネル

オードゥ・コローニュ (ジャック・ポルジュ)

    香水名:オードゥ・コローニュ Eau de Cologne オーデ・コロン
    ブランド:シャネル
    調香師:ジャック・ポルジュ
    発表年:2007年
    対象性別:ユニセックス
    価格:200ml/33,000円
    公式ホームページ:シャネル




    ★★★★☆ パーフェクト・コロン

    演奏され尽くした感のある曲を改めて取り上げ、堂々と奏でる様子を目の当たりにするのは格別の喜びがある。たとえば指揮者カルロス・クライバーがウィーン・フィルの新年コンサートでみせた『美しき青きドナウ』の名演とか。コロン(コローニュ)は香りのワルツだ。軽やかに円を描き、ほんの少しの遊び心を忘れずに規則正しくリズムを刻む。コロンの処方は200年前から公開されているが、果たしてシャネルはその方程式に何を加えたのだろう。単純なものを豪華にするのは意外とむずかしい。シャネルは、このコロンの始めと終わりに一手間加えている。レモンのトップノートに特別な活力を与えているのは、心地よい鮮やかなグリーンハーバルノートだ。「オー・ド・ゲラン」のスタイルだが、あれほど強くはない。一方でドライダウンには高価なアニマリック・ムスク(フィルメニッヒ社のムスコン)を使っていて、20世紀初頭の男性用香水を思わせる。やはり、地上で最高のコロンだ。― ルカ・トゥリン

    『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

    トップノート:柑橘類、レモン、ベルガモット、グリーン・ノーツ
    ミドルノート:プチグレイン、ネロリ、香辛料
    ラストノート:ムスク、トンカビーン、バニラ

    2007年にシャネルのプレステージ・コレクションとして「レ・ゼクスクルジフ・ドゥ・シャネル」がスタートしました。最初の10種類の香りのひとつとして、2007年にオード・トワレとして「オードゥ・コローニュ」が、シャネルの3代目専属調香師ジャック・ポルジュの調香により発売されました。オーデコロンの隠れた名作と言われています。ただし、200mlという大容量と価格帯が大きなネックになっています。

    1929年に、エルネスト・ボーによりシャネルの最初のオーデコロンは調香されていますが、どういった香りであったかは分かりません。



    関連記事

    1. クリスチャン・ルブタン・コレクション(2ページ)
    2. ルフードゥイッセイ (ジャック・キャヴァリエ)
    3. マニア (ジャック・キャヴァリエ)
    4. ポエム (ジャック・キャヴァリエ)
    5. コロニア・プーラ (フランソワ・ドゥマシー)
    6. クラシック・インテンス (フランシス・クルジャン)
    7. ネロリ・ポルトフィーノ・アクア (ロドリゴ・フローレス・ルー)
    8. オー・ドゥ・ネロリ・ドレ (ジャン=クロード・エレナ)

    このページに関連した記事一覧

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP