究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

ダニエル・クレイグ

ジェームズ・ボンド

【007 カジノ・ロワイヤル】ダニエル・クレイグのニュー・ボンド誕生

ダニエル・クレイグの六代目ジェームズ・ボンド第一弾。「金髪のボンド」に対してミスキャストだという前評判の中、シリーズの原点回帰を図ったこの作品は、いざ公開されると筋骨隆々で若々しくファッショナブルなニュー・ボンドに世界中は熱狂することになりました。
ジェームズ・ボンド

『007 カジノ・ロワイヤル』Vol.7|ダニエル・クレイグとブリオーニ

私はほんとうにうんざりしていました。なぜ作品が出来上がる前から私を批判するのか?作品を見てから批判できないのか?という思いでいっぱいでした。しかし、ある時からこのように考えるようになりました。ボンドムービーに対して多くの人々がそれだけ情熱的になれるんだと…。
ジェームズ・ボンド

『007 カジノ・ロワイヤル』Vol.6|ダニエル・クレイグとサンスペル

今までのボンドムービーとは違いニュー・ボンドは、極めて日常的な衣服もミックスして着ています。それは特にダニエル・クレイグ自身の要望でした。それは特にダニエル・クレイグ自身の要望でした。ニュー・ボンドに、スティーブ・マックイーンのカジュアルもラグジュアリーに着こなせるという要素を取り入れていこうと考えたのでした。
ジェームズ・ボンド

『007 カジノ・ロワイヤル』Vol.5|ダニエル・クレイグとアストンマーティンDBS

ついに新型のアストンマーティンDBS V12が登場します。マレック・ライヒマンがデザインした近未来と中世の騎士のイメージが見事に融合された唯一無二なデザインなのですが、残念なことに秘密兵器は搭載されていません。
ジェームズ・ボンド

『007 カジノ・ロワイヤル』Vol.4|ダニエル・クレイグとジョルジオ・アルマーニ

あのレザージャケットを、私がはじめてロデオ・ドライブで見たときは、4000ドルしました。それをダニエルに見てもらって、これは映画に必要だと合意しました。そして、アルマーニ社から使用許可を得ました。しかし、撮影のために25着は必要だったので、交渉をして一着400ユーロで作ってもらったのです。
ジェームズ・ボンド

『007 カジノ・ロワイヤル』Vol.3|ダニエル・クレイグのマッチョボディ

ダニエル・クレイグが肉体改造を決断した理由は、6代目ボンドを引き受けた後、イアン・フレミングの原作を全て読み、さらに『ミュンヘン』(2005)の役作りのためにアドバイサーをしてもらったモサドとMI6の元諜報部員達と交流していく中で、本物の諜報部員のように演じるためには何が必要か考えた末の結論でした。
ジェームズ・ボンド

『007 カジノ・ロワイヤル』Vol.2|コンバースをはいたジェームズ・ボンド

秘密兵器を使わずに、コンバースを履いて、ただひたすら追いかける新米シークレット・エージェントの執念をココで描くことが出来たからこそ、その後の展開と、タキシード姿で洗練されていくボンドの姿に説得力が生まれたのでした。
ジェームズ・ボンド

『007 カジノ・ロワイヤル』Vol.1|ダニエル・クレイグ6代目ボンド就任

2005年10月14日、ロンドンにて、6代目ジェームズ・ボンドが発表されたのでした。そして、その瞬間、世界中のファンは再び失望したのでした。長めの金髪に、にやけ面のダニエル・クレイグが、まるでオフィスビルからランチタイムに出てきたようなスタイルで登場したのでした。
ジェームズ・ボンド

【写真で見る】ジェームズ・ボンド・スーツ図鑑【ダニエル・クレイグ編】④

4作目 007 スペクター(2015) 2019年末に公開されることが決定したダニエル・クレイグの六代目ジェームズ・ボンドの最新作(25作目)。そして、現在においての最終作である24作目が、ダニエル・ボンドの第四弾です。ついに悪の組織スペク...
ジェームズ・ボンド

【写真で見る】ジェームズ・ボンド・スーツ図鑑【ダニエル・クレイグ編】②

2作目 007 慰めの報酬(2008) ダニエル・クレイグの六代目ジェームズ・ボンド第ニ弾は、007シリーズ初の前作『007 カジノ・ロワイヤル』の終わりから物語が始まる続編です。まさにこの作品からトム・フォードとのコラボが始まり、ジェーム...
ジェームズ・ボンド

【写真で見る】ジェームズ・ボンド・スーツ図鑑【ダニエル・クレイグ編】①

1作目 007 カジノ・ロワイヤル(2006) ダニエル・クレイグの記念すべき六代目ジェームズ・ボンド第一弾において、彼が着ていたスーツは4着のブリオーニでした。そして、シューズはジョン・ロブです。全体的に本作以降に装着することになるトム・...
ジェームズ・ボンド

【007 慰めの報酬】トム・フォードを愛したスパイ

前作で六代目ジェームズ・ボンドに就任したダニエル・クレイグ(1968-)が、トム・フォードというQを手にし、ジェームズ・ボンドを全人類に対してのファッション・アイコンに押し上げたのは、この作品からでした(この作品までは、あくまでボンド好きにとってのファッション・アイコンだった)。
ジェームズ・ボンド

『007 スカイフォール』Vol.5|最後にバブアーのスポーツジャケットで戦うボンド

本作に登場するトム・フォードのボンド・スーツは、タキシードを含め5着でした。タキシードを除く4点ともシングルの3つボタンです。最盛期を迎えたダニエル・クレイグが着るトム・フォードのボンド・スタイル。この作品は、永遠に不滅の男性のアイコン・ムービーになることでしょう。
ジェームズ・ボンド

『007 スカイフォール』Vol.4|44歳のダニエル・クレイグ

この作品には、新しいQをはじめ30代以上の俳優で主要キャストは占められており、子役も含め、若い世代は存在しないような世界観で物語は構成されています。ここに過去に遡るボンド・ムービーの不思議な洗練の世界観を解くキーが隠されています。ほとんどのボンドムービーには10代から20代の若者は登場しないのです。
ジェームズ・ボンド

『007 スカイフォール』Vol.3|ジェームズ・ボンドとタキシード

21世紀に入り、なぜボンドムービーを若者が求めるようになったのでしょうか?それは、何よりも夢も希望もないどん底の日本社会に対する閉塞感の裏返しでもあるのですが、それと同じくらい、ルールなきファッションが広がるカオスな状況の中、ルールが存在する伝統に基づいたファッションにも興味があるという、本能に近い欲求からです。
スポンサーリンク