シャネル

アリュール オードゥ トワレット (ジャック・ポルジュ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

香水データ

香水名:アリュール オードゥ トワレット Allure Eau de Toilette オード・トワレ
ブランド:シャネル
調香師:ジャック・ポルジュ
発表年:1996年
対象性別:女性
価格:50ml /9,800円、100ml /14,500円
公式ホームページ:シャネル


トップノート:レモン、ベルガモット、マンダリン・オレンジ、ピーチ、パッションフルーツ
ミドルノート:ジャスミン、スイレン、ハニーサックル、フリージア、マグノリア、メイローズ、ピオニー、オレンジブロッサム
ラストノート:サンダルウッド、ベチバー、バニラ、パチョリ、アンバー

シャネル 香水 アリュール オードトワレ スプレータイプ 60ml 中古 CHANEL ALLURE |女性用 レディース フレグランス パフューム EDT SP 箱なし

価格:7,216円
(2019/10/14 08:46時点)
感想(0件)

香水広告フォト&動画













ルカ・トゥリン

★★☆☆☆ グリム・フローラル

初めに「マスト」(カルティエ、1981)があった。むかつく安っぽいチョコレートの香水で、ドライダウンは忘れがたいバニラとパチョリとインドールだったが、大当たりした。その香調で驚くべきは(なかなか消えないことを別にすれば)、ダーク系のフフェイスパウダーとまったく同じ匂いだったことだ。10年後に、「デューン」(ディオール、1991)が見事なひらめきで最初のアイデアをひっくり返し、鉛色の空の下に広がる砂漠の色のような、冷えびえした香りを作り出した。当時は誰もおもしろいとは思わなかった。市場には5年早いより半年遅れのほうがましというルールがあるそうだが、アリュール(1996)はデューンのアイデアを借りて、それをもう少し優しくした感じ。フルーティなトップノートが、ベースの陰気なメッセージを少し和らげている。かくしてアリュールは、香水を楽しむでも自分の趣味をひけらかすでもなく、もっぱら社会的な地位の証しとして香りを発散させたい女性向きの製品となった。― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

香水についての解説

実にシャネルらしいブランドテーマを持ったフレグランスです。「アリュール」とは、英語で「魅力」という意味です。この香りには、通常の香りのピラミッド構造は存在しません。

身に纏う人それぞれにその人だけのその時の魅力が反映されるように、六面にファセット・カットされたダイアモンドの一面に光が当たり輝くように、六つの香りのうちのひとつが、その人の魅力に反映し、優雅なブルボンバニラと絡み合い、シンクロノートで香り立ちます。

  1. シトラス=レモンとベルガモット
  2. フルーツ=マンダリンオレンジとピーチ
  3. フローラル=メイローズとジャスミン、スイレン、ピオニー、マグノリア、オレンジブロッサム
  4. ウッディ=サンダルウッドとベチバー
  5. オリエンタル=バニラ
  6. アニマリック=アンバーとムスク

万華鏡のようなフローラル・フレッシュ・オリエンタルの香りは、シャネルの三代目専属調香師ジャック・ポルジュによって調香されました。

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2019年11月
« 10月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP