オリヴィエ・ポルジュ

【シャネル】レ・ゼクスクルジフ・ドゥ・シャネルの全て(2ページ)




    【シャネル】レ・ゼクスクルジフ・ドゥ・シャネルの全て

    All About Les Exclusifs de Chanel
    公式ホームページ



    ラグジュアリー・ブランドのフレグランスのエクスクルーシブ・ラインに共通しているのは、どの名前も覚えにくい所にあります。そして、シャネルも例外ではありません。2007年から発売された「レ・ゼクスクルジフ・ドゥ・シャネル」(その名の響きは世界史に出てくるペルシャ王の名を連想させる)。「Les Exclusifs =レ・ゼクスクルジフ」の意味はフランス語で「限られた、選ばれし」を意味します。

    つまり、世界中で限られたシャネルの店舗(そして、本来は限られたフレグランス・エキスパート)においてのみ販売することが許される最上級ラインなのです。現在16種類の香りが販売されており、それぞれにココ・シャネルにまつわる〝美のヒント〟が隠された香りです。

    そして、もはやこのレベルのフレグランスになると、全てが天然香料で作られたやら、希少価値の高い天然香料を特別な抽出方法によって使用したという次元だけでなく、シャネルのプレタポルテのファッションを購入するような感覚が必要です。つまり、これはプレタポルテ・フレグランスなのです。

    大まかに16種類の香りは3つのセクションに分けられます。

    1. ≪復刻版 N°22ガーデニアボワ・デ・ジルキュイール・ドゥ・ルシー
    2. ≪ジャック・ポルジュ作品 オードゥ・コローニュ31 リュ・カンボンN°18コロマンデルベル・レスピロ28 ラパウザシコモアベージュジャージー1932
    3. ≪オリヴィエ・ポルジュ作品 ミシアボーイ・シャネル

    そこには、他のラグジュアリー・ファッション・ブランドを寄せつけない歴史があります。現在において、名が通っているほとんどのファッション・ブランドは古くても1940年代から50年代に創業しています。しかし、シャネルの歴史は、1910年代からはじまります。これはある意味、ラグジュアリー・ファッションに関わる仕事に従事する人々にとっての踏み絵ともなります。フレグランスとファッションを結びつけたシャネルというブランドの先駆性が、今では、どのブランドにとっても当たり前になっている事実を私たちは再認識しなければなりません。

    最後にリトル・ブラック・ドレスの香りを特別にマチルド・ローラン様に作ってもらいたいものです。



    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. キャンディーズ・フォーウーマン (ティエリー・ワッサー)
    2. イプノーズ (ティエリー・ワッサー/アニック・メナード)
    3. アブソリュ (ジャック・キャヴァリエ)
    4. アパラシオン (フランシス・クルジャン/フランソワーズ・ キャロ…
    5. ルージュエルメス (アキコ・カメイ)
    6. ウッド・セージ & シー・ソルト・コロン (クリスティーヌ・ナジ…
    7. ランテルディ 2018 (アン・フリッポ/ドミニク・ロピオン/フ…
    8. ラエフローリー (ジャン=クロード・エレナ)

    このページに関連した記事一覧

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP