究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【シャネル】チャンス シリーズの全て

オリヴィエ・ポルジュ
オリヴィエ・ポルジュシャネルジャック・ポルジュブランド調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

チャンス

Chance by Chanel 2002年にシャネルは、女性用フレグランスの新作「チャンス」を発表しました。これは、1996年の「アリュール」以来となるシャネルの女性用の新作フレグランスでした(ちなみに、その後の女性用の新作の香水は、2017年の「ガブリエル シャネル」まで待たなければならない)。

発売と同時に、その大々的な広告キャンペーンにより、「シャネルは水商売または昔の大人の女性の香り」だという従来のイメージを覆すことに成功しました。

2002年という新世紀のはじめに、若者の支持を見事に獲得するチャンスをシャネルは「チャンス」シリーズによりものにしたのでした。

スポンサーリンク

ひとりの女性がすべてを変えた。


フレグランスにおけるシャネル帝国の復興は、1978年にパルファム&コスメ部門のマーケティング・ディレクターに就任したジーン・ジンマーマンによる功績であることはあまり知られていません。

彼女が、ジャック・ポルジュの才能を見抜き、三代目調香師に抜擢しました。そして、2005年に引退するまでに、「ココ」(1984)「アリュール」(1996)といった香りを市場に投入し、見事にシャネル帝国を興隆させたのでした。

そんな彼女が、有終の美を飾るべく最後の挑戦に乗り出したのが「チャンス」(2002)でした。シャネル史上初の円形ボトルが採用されたこの香りの売りは、「トップ、ミドル、ラストノートは存在せず、言葉で表現することが難しい、一瞬ごとに変化する、ミステリアスさ」でした。

シャネルのアートディレクターだったジャック・エリュによる円形ボトルは、香水の歴史においても類稀なるものであり、アイデアとしては面白いのですが、ほとんど実用化不可能なデザインを現実のもとした画期的なボトルデザインでした。

完璧な円形が銀色に輝く宝石のようなボトルデザインを採用したのである。ガラス容器を美しい円形に仕上げ、口の部分のメタル製パーツは、滑りにくく、きつすぎない適度な強度に調整されて円状に巻き付けられている。一見、単なる円形のように見えるが、作るためには非常に高度な技術が必要とされるそうだ。

『シャネルの戦略』著者:杉本香七、編著:長沢伸也

ジーンが、2005年に引退するとき、シャネルは最大の香水市場であるアメリカにおいて、(着任時から)4倍以上の売り上げである5億ドルを上げるようになったのでした。

チャンスを愛するふたつのパターン


この世界に安全などない。チャンスがあるだけだ!

ダグラス・マッカーサー

チャンス・シリーズ(別名・チャンス四姉妹)が、フレグランス業界に与えた影響は計り知れません。それは何よりも、世界中の10代後半から20代前半の女性に対して、ラグジュアリー・ブランドのフレグランスを身近に感じる初体験のきっかけを生み出した所にあります。

このコンセプトのため、その調香スタンスは、シャネルの専属調香師ジャック・ポルジュのそれまでのスタンスとは全く違ったものになりました。

今までのフレグランスのすべてが、シャネルのファッションにマッチすることを前提に調香されていたことに対して、このフレグランスは、明らかに、シャネルのファッションにマッチしないことを前提に生み出されたものでした。

それは、明らかに、ファスト・ファッションにマッチする香りであり、ファスト・ファッションを格上げするラグジュアリー・ブランドからの贈り物でした。

だからこそ、このフレグランスを身に着ける女性は、はっきりと二つの傾向を示すことになるのです。

ひとつは、ファスト・ファッションで、身を固めている女性にとっての唯一のラグジュアリー・ブランドであり、もうこれ以上は何もいらないと考えさせるフレグランスです。

そして、もうひとつの傾向は、「マイ・ファースト・シャネル」としてのフレグランスです。つまり、彼女はチャンスから、シャネルに目覚めるのです。

まさに「チャンス」とは、前者の方々にとっては一生ものであり、後者の方々にとっては、1年から2年で使い切ると同時に決して振り向かないフレグランスとなるのです。そういう意味においては、初体験の相手と結婚する女性と、そうでない女性という風にたとえることも出来、どちらにとってもきわめて理想的な四つのパートナー像がここにはあるのです。

チャンス四姉妹(特にチャンスとチャンス オー タンドゥル)は、世界的に、全ブランドのフレグランスの中で、「ココ マドモアゼル」と並ぶトップ5の売り上げを上げています。それほどのベストセラー・フレグランスに成り得たのはこういった背景があるからなのです。

スポンサーリンク

クレイヨン ドゥ パルファム セット






2020年6月5日(金)に数量限定でクレヨンタイプの4種類(各1.2g×4本)の「チャンス」が発売され、即完売しました。恐るべきチャンスです。

スポンサーリンク

チャンス四姉妹+イチ

2019年


チャンス オー タンドゥル オードゥ パルファム(オリヴィエ・ポルジュ)
EDTのヒヤシンスとアイリスの代わりに「チャンス」で唯一ローズを投入した「大人のチャンス」。更なる万能性を高めた香りとなっています。

2015年


チャンス オー ヴィーヴ(オリヴィエ・ポルジュ)
柑橘系がもっとも暴れているチャンス。ある意味コロン・ド・チャンスとでも呼ぶべき香りです。

2010年


チャンス オー タンドゥル(ジャック・ポルジュ)
日本でもっとも売れているチャンス。フルーティ・フローラルの万人受けする香り。「ずっと笑顔の香り」。第一印象は良いが、あざとく感じられることが多々あり。

2007年


チャンス オー フレッシュ(ジャック・ポルジュ)
真夏のチャンス。ウォーターヒヤシンスのマリンノートがシトラス→ウッディに溶け込む香り。チャンス・フォー・メンとしても使用できます。

2002年


チャンス(ジャック・ポルジュ)
全てはパイナップルからはじまった。果肉にスパイスが溶け込み、ジャスミンとアイリスのパウダリーな甘さに包み込まれていきます。

タイトルとURLをコピーしました