ファッションコラム

2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART1<プラダ>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エディター・プロフィール:圭子・スカイウォーカー

生年月日不明。性別不明。国籍日本。見た目は30代前半、身長170cmくらい。藤圭子にすごく似ている。ラグジュアリー・ファッションに対する情報の幅の広さから、恐らく現役の関係者と推測される。本人とのやり取りはメールと電話と二度っきりの会見のみ。口癖「ファッション誌はあてにならないので読まないわ」。大好きなものは「ダイアン・アーバスの写真とニーナ・シモン」、最も嫌いなものは、「SNSに夢中な女子と、プチプラ自慢する人たち」とのこと。(長谷紅記)

2018年春夏おすすめラグジュアリー・バッグ・ブランド22

0.最初に
1.プラダ
2.グッチ
3.ヴァレンティノ
4.クロエ
5.ルイ・ヴィトン
6.シャネル
7.エルメス
8.フェンディ
9.デルヴォー
10.ディオール
11.ステラ・マッカートニー
12.セリーヌ
13.ロエベ
14.サンローラン
15.マルニ
16.トム・ブラウン
17.プロエンザ・スクーラー
18.バレンシアガ
19.3.1 フィリップ・リム
20.マルベリー
21.モスキーノ
22.アニヤ・ハインドマーチ




1.プラダ

2018年春夏の本命!!プラダを持つ悪魔になろう!

プラダのバッグを選ぶときに、絶対に避けるべきこと。それはのっぺりとした定番のバッグ(つまり百貨店のプラダのバッグコーナーの一番目立つところにおいてあるプラダ・バッグ)には目もくれないこと。基本的にどのブランドにおいてもそうだけど、その客層にあわせて各々の店舗の商品展開をしているので、本当にファッション感度の高いそのブランドのバッグは、野暮ったい客層が多い店舗には陳列されないものなの(野暮ったい客層が多い店舗かどうかのバロメーターは実に単純にわかるのよ。それはその店舗の広さに反比例しているから。広いほどファッション感度の高いお客様が集まるの)。

特にプラダのバッグは大型店(東は青山か新宿伊勢丹、西は心斎橋か神戸)で購入するべきよ。このブランドは、小型店で置いてないものにこそ、魅力があると言えるから。よく言えば、平凡なラグジュアリー・バッグと、ファッション感度の高いモードバッグのふり幅が広いブランドなの。

ライトフレームバッグ 252,720円 ★★★★☆


カリブ海や地中海を連想させるターコイズブルーのサフィアーノ・レザーに、金のメタリッグロゴと金具がとても美しいの!見ているだけでテンションがあがるバッグ!ありそうでなかなかないエレガントなボックスシルエットのがま口が魅力的。がま口でセンスのいいバッグを持ってる女性は、常に羨望の的になる運命よね。

1958年、創業者マリオ・プラダが他界して、その娘ルイーザがプラダを引き継いだの。しかし、60年代~70年代の急激なファッションの変化についていけず、倒産寸前の状態になっていくの。そんな時、プラダに救世主として現れたのが、ルイーザの娘マリア・ビアンキなの。

ミラノ大学で政治学科の博士号を持つ彼女は1978年、プラダを引き継ぎ、夫のパトリッツィオ・ベルテッリ(彼こそがプラダの影の総帥)と共に、今までのブランド・イメージだったレザーに力を入れるのではなく、なんと工業用ナイロン製防水生地「ポコノ」を用いてバックパックを製作したの。

このバックパックは1985年に発表され、1980年代に一大センセーションを巻き起こすことになり、その頃から使用されるようになった三角プレートのシンボルロゴと共に、プラダ復興の象徴となったの。そう!マリア・ビアンキこそ、後に改名したミウッチャ・プラダその人なのよ!

今季のプラダは、それまでずっとプラダでピックアップされてきたナイロンバッグの印象がとても薄くなったの。まさに〝ナイロン・バッグへの裏切り〟とも言えるほどに、そういったプラダ・バッグを買ってきた人たちのバッグが今では、間違った選択肢だったという烙印が押されたかのような印象を与えるほどよね。それはお店の片隅にあるナイロンにスタッズ使用のバックパックなどから痛々しい悲鳴さえも感じるほど(たとえキャンペーン・イメージであのメタルスタッズ・バックパックがピックアップされていようとも)、今季のプラダのレザーバッグはどれも素晴らしいのよ!

サフィアーノ・レザーとは、1913年、プラダ創業者マリオ・プラダによって開発されたプラダを代表するレザーよ。70度に加熱されたプレスでカーフ(子牛)レザーを処理し、すぐにワックス仕上げをして、最後にクロスハッチの模様を型押しして作るの。細かい筋模様が気品のある美しさと、傷や汚れが付きにくい耐久力と撥水性、更に軽量性という相反する効果を兼ね備えた〝奇跡のレザー〟なの。




エティケットバッグ  299,160円 ★★★★★


サフィアーノ・レザーは使用されていないんだけど、カーフレザーとスエードが生み出す上品なロックテイストが、いまどきでとてもいいの。挿し色としてのブルーカラーのラベルのコントラストの配色の妙。これをお洒落に身に着けている女性にプラダの旗艦店で出会ったの。彼女は全身サンローランで身を固め、そのタイトなブラックジーンズとこのバッグが見事にマッチしており、戦慄的とまで言っていいほどのカッコ良さに満ち溢れていたわ。腰よりもお尻の後ろに貼り付けるように持つと、カッコいい〝ニューロックンロール・バッグ〟!

プラダのスタッズがついてるナイロンバッグは一見するとキャッチーなんだけど、(レザーにスタッズの相性は良いんだけど)ナイロンにスタッズをつけるとチープさが浮き立つの。それにヴァレンティノやルブタンのようなスタッズがアイコニックなアイテムでない限り、スタッズ・バッグは注意して選ばないと、1年後にはミーハー・アイテムの仲間入りをすること間違いないので、要注意。

エティケットバッグとは、2017年夏にプラダから初めて発売されたシリーズよ。「エティケット」とはエチケット(マナー)の意味ではなく、フランス語でラベルを意味するの、つまりブルーのラベルの意味ね。

ブラック・カイエ 409,320円 ★★★★☆


サフィアーノカーフにアンティーク調のブロンズストーンのメタル金具を使用し、アンティーク・ブックのような外観とプラダ・ロゴが見事にマッチングしているスタイリングの万能薬のようなバッグ。つまりは、かわいくも、クールにも、聖女にも、悪女にも、スタイリング次第で安々と変化を遂げていく〝カメレオン・バッグ〟。

このバッグが陳列している周辺には独特の空気が漂っているの。多くの販売員さんが、その空気に負けてたわ。さて、プラダの問題点は、ただひとつ。女性販売員の販売スタンスが、メンズ館なんかにいる女性販売員とは違い、待ちの姿勢(格式のある待ちの姿勢ではなく、頼りない待ちの姿勢)で、プラダの控えめな制服との負の相乗効果を生み出し、かなり頼りない印象を与える所にあるの。もし私の言っている意味が分からないようだったら、梅田のメンズ館か新宿伊勢丹のメンズ館に行ってみてね。そして、その後に、心斎橋の路面店か青山の旗艦店に行ってみて!その意味が分かるはずだから。

2016年AWにて初登場したカイエ・シリーズ。カイエとは、フランス語でノートを意味するの。プラダ・バッグの魅力のひとつはその豊富なカラーバリエーションにもあるのよね。

ライオンキング・カイエ 345,600円 ★★★★★


こちらはカーフレザーにサフィアーノカーフがトリムしてあるので、通常のカイエより安いんだけど、ファッション感度がかなり高いデザインよ。本来は、ヴェルサーチがメドゥーサで作るべきだったデザイン。どうしてもポイントがずれている今のヴェルサーチのデザインは、プラダのデザインセンスを見て、学ぶべき。このバッグは男に牙を剥かせるか、もしくは男の牙を抜くバッグよね。



エスプラナードバッグ(クチビルバッグ) 203,040円 ★★★★★


カーフレザーとサフィアーノ・レザーのコンビネーションによって作られた贅沢な〝デートバッグ〟。初めて見た時は、クチビルが並ぶこのバッグが、媚びる女の子の象徴のように見えて、まさか冗談でしょ?と考えたの?こういうのは、ケイト・スペードあたりにさせておけばいいのよとね。

でも実際に身に付けて見ると、すごくスタイリッシュで、スタイリングの邪魔をしないどころか、引き立てる役割を果たしてくれて、ケイト・スペードとは、別格の〝女子力の覇権〟を感じたの。これを大学生が持ってたら、かなりかっこいいんだけど、30以上の女を捨てていないクールな女性にもかなり武器になるバッグだわ。

想像してみて、ロングスカートに、このバッグを持った大人の女性を見たら、男性は口笛を吹いて振り返りたくなるはず。男性の恋心もわくわくさせるバッグね。

2016-17年秋冬コレクションで初登場したエスプラナード。フランス語で「遊歩道」の意味よ。本当に良いバッグって、男性から「カッコいい!」という言葉を自然に引き出せるものなの。

バケットバッグ 307,800円 ★★★★☆


ジェイ& エムデヴィッドソンの『カーニバル』を易々と超えるモード感。あのバッグのイソギンチャクのようなフリンジは、あまりにも印象に残りすぎて、2018年には、もはや古めかしいものに感じられるの。かつて、デヴィッドソンが青山の本店か数少ないセレクトショップでしか扱われていなかった時代には、間違いなく買いのバッグだったけど、香水で言うとディプティック並みに、ここまで拡散してしまうと、もういらないバッグの代表格。

「もっとモードな巾着バッグを!」という巾着難民におすすめのバッグが、このバケットバッグよ!プラダであることを忘れさせるほどに、程よいヒッピーテイストが、あらゆるスタイリングに絶妙な纏まりを見せてくれるはず。そして、どこか先住民の戦闘的なムードを感じさせるのも最高にクールなの!

アイドルバッグ 346,680円 ★★★★★


サフィアーノカーフとカーフ、フリンジとメタルスタッズが奏でる交響曲。「ブルータスお前もか!」と唸りたくなるほどのちんけなスタッズバッグと思いきや、パコ・ラバンヌの60年代スタイルを引用した甲冑バッグ・テイストなデザインが、ロックテイストやミリタリーテイストに相当相性が良いはず。

昭和のミニピアノを彷彿とさせる日本人には親しみやすいデザインでもあり、キメすぎてる感じにもならないのが、何よりなの。スタッズの付いたバッグって注意しないと、「あんた決めすぎよ」っていう感じになりがちだから。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. オードリー・ヘプバーン23 『おしゃれ泥棒』2(2ページ)
  2. ジバンシィ最初の3年 第2章 1953年(3ページ)
  3. ジャンヌ・モロー2 『エヴァの匂い』2(3ページ)
  4. 2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART20<マルベリ…
  5. 2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART4<クロエ>
  6. ダニエル・クレイグ4 『007 スカイフォール』1(2ページ)
  7. カトリーヌ・ドヌーヴ1 『昼顔』1(3ページ)
  8. オードリー・ヘプバーン18 『パリの恋人』1(4ページ)

女性目線の男磨き

PAGE TOP