究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

『007 美しき獲物たち』Vol.10|アリソン・ドゥーディと取貝麻也子

ボンド・ガール
ボンド・ガール 女を磨くアイコン 映画女優
この記事は約9分で読めます。

第三のボンドガール 弱冠18歳のアリソン・ドゥーディ

ボンド・ムービー最年少のボンドガールを演じたアリソン・ドゥーディ(1966-)は、撮影当時まだ18歳でした。

後にグレース・ケリーの再来とまで呼ばれるようになる彼女は、本作においてまるでタカラヅカから抜け出てきたかのようなショートカットと乗馬ルックで、ほとんどピントが合っていないカメラフレームの中でさえも類稀なる存在感を示していました。

そして、僅か4年後に『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(1989)に出演し、間違いなく世紀末のクールビューティーを代表する女優になるだろうと誰もが確信していました。

しかし、裕福なアイルランド人である彼女は、女優の仕事にそれほど欲はなく、1994年にアイルランドのメディア王の御曹司と結婚し、引退するのでした。こうして、世紀末のクールビューティーの座は、彼女が出演依頼を断った作品に出演したシャロン・ストーンニコール・キッドマンが座ることになるのでした。

本作出演当時のスチール写真。

『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』当時の写真。

スポンサーリンク

氷山型潜水艦を操縦する美女

トップバッターのボンドガールはとても重要です。

健康な子供を生んでくれそうな素晴らしい笑顔。

ストリチナヤのウォッカとベルーガのキャビアを堪能する二人。

潜水艦の二人と、蝶使いを演じたキャロル・アシュビー。

主題歌の前に登場するボンドガールは、毎回極めつけの美女が登場する傾向があります。今回登場する氷山型潜水艦の美人操縦士キンバリー・ジョーンズを演じるメアリー・スタビン(1957-)は、1977年にミス・ワールドに輝いたスウェーデン出身の女優です。

ちなみに前作の『007 オクトパシー』にも彼女は出演していました。ボンドのオールホワイトルックに対して少し黄色味がかったナイロン製のスキーウェアの下には何も着てません。フロントジップがかなりセクシーです。

蝶使いの女=キャロル・アシュビー

ヴェールドレスがとても幻想的で素晴らしい。

巨大なパピヨンが印象的です。

蝶使いに扮したキャロル・アシュビー(1955-)も、『007 オクトパシー』に出演していました。

スポンサーリンク

ジェニー・フレックス スタイル1

乗馬ルック
  • ブラックジャケット、3つボタン
  • 白のボウタイブラウス
  • 白の乗馬パンツ
  • 黒のロングブーツ

お世辞にも魅力的とは言えないアジア人女性とパートナーを組んで登場するアリソン・ドゥーディ。

70年代のイヴ・サンローランが似合いそうなアンドロギュヌス・ビューティーです。

姉御グレイス・ジョーンズと共に。

世界中の男たちが、馬になりたいと望んだ有名な乗馬ルック。

どこまでもクール・ビューティー。

スポンサーリンク

ジェニー・フレックス スタイル2

ブルードレス
  • ブルーストラップレスドレス

ガーデンパーティーのシーンで、アリソンは魅力的なブルードレスを着ています。よく見ていないと見逃すほどちらっとしか映りません。

スポンサーリンク

キミは取貝麻也子を知っているか?

ボンドガールではなく世界各地のコンテストに勝ちエキストラの権利を勝ち取ったガール達。

その一人に日本人女性がいた(背中はJB)。

その人の名を取貝麻也子と言う。

『007 オクトパシー』が日本公開される3日前の1983年6月29日にテレビ朝日系で放送された「水曜スペシャル/007危機100発! 娯楽巨編一挙大公開!!」の中で公募された日本ミス・ボンドガールコンテストは、来日していたロジャー・ムーアを審査員長にして開催されました。

そして、選ばれた人が、取貝麻也子という京都出身の神戸山手女子短期大学を出た、昭和57年にミス日本に選ばれたという女性でした(どうやらこのミス日本は、この年に優勝したわけではないらしい)。フランスのシャンティイ城で行われた撮影に2日間参加し、30万円のギャランティを手にした彼女のインタビューは、とても低次元なものでした。

ここにその一部を引用してみよう。「セリフも4つくらいあった」(実際はひとつもない)「ロジャー・ムーアってNGが多くて疲れたわ。ワンカット撮影するのに最低12回は出すの。あんな老人にジェームズ・ボンドなんて無理なのよ」そんな彼女がデュラン・デュランのカバー曲を出しました。

007 view to a kill japanese cover 取貝麻也子「美しき獲物たち」



ちなみに、この御方は21世紀に入り、結婚詐欺で捕まりました。この作品でチャンスを掴んだ彼女は、芸能界では成功できなかったようです。

ボンドムービーに出演した端役の女性たちのその後の人生を追跡してみると、ジェームズ・ボンド以上に激動の人生を歩んでいる人が多いのかもしれません。兎にも角にも、取貝麻也子という日本人女性は、ボンドガールではないけれど、ボンドムービーに出演した数少ない日本人女性だったことだけは事実なのです。

スポンサーリンク

バーバラ・バックが出演したかもしれないKGB役

サンフランシスコの日本スパという設定が良い!

着物姿で太ももを剥き出しに走るポーラ。

80年代半ば、それはショートカット全盛期でした。

Alice In Wonderland 1972— Full Version

1972年に『不思議の国のアリス』でアリスを演じたフィオナ・フラートン(1956-)が、今までと全く違った役柄で出演しています。

ちなみにこのKGBの工作員ポーラ・イワノヴァの役柄は当初、『007 私を愛したスパイ』のバーバラ・バックに出演依頼されていました。しかし、断られ、オーディションが行われました。その中には、次回作『007 リビング・デイライツ』のボンドガールになるマリアム・ダボもいました。

スポンサーリンク

ジェニー・フレックス スタイル3

パンツルック
  • ブルーブラウス、ワイドスリーブ
  • ブラックパンツ
  • ブーティ

彼女のスタイリングは素晴らしいのですが、はっきりと写っているシーンはほとんどありません。

70年代のイヴ・サンローラン・テイスト。

スポンサーリンク

ジェニー・フレックス スタイル4

カバーオール
  • ブルーカバーオール



作品データ

作品名:007 美しき獲物たち A View to a Kill (1985)
監督:ジョン・グレン
衣装:エマ・ ポーテウス
出演者:ロジャー・ムーア/クリストファー・ウォーケン/グレイス・ジョーンズ/タニア・ロバーツ/アリソン・ドゥーディ

タイトルとURLをコピーしました