クリスチャン・ディオール

2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART10<ディオール>

エディター・プロフィール:圭子・スカイウォーカー

生年月日不明。性別不明。国籍日本。見た目は30代前半、身長170cmくらい。藤圭子にすごく似ている。ラグジュアリー・ファッションに対する情報の幅の広さから、恐らく現役の関係者と推測される。本人とのやり取りはメールと電話と二度っきりの会見のみ。口癖「ファッション誌はあてにならないので読まないわ」。大好きなものは「ダイアン・アーバスの写真とニーナ・シモン」、最も嫌いなものは、「SNSに夢中な女子と、プチプラ自慢する人たち」とのこと。(長谷紅記)

2018年春夏おすすめラグジュアリー・バッグ・ブランド22

0.最初に
1.プラダ
2.グッチ
3.ヴァレンティノ
4.クロエ
5.ルイ・ヴィトン
6.シャネル
7.エルメス
8.フェンディ
9.デルヴォー
10.ディオール
11.ステラ・マッカートニー
12.セリーヌ
13.ロエベ
14.サンローラン
15.マルニ
16.トム・ブラウン
17.プロエンザ・スクーラー
18.バレンシアガ
19.3.1 フィリップ・リム
20.マルベリー
21.モスキーノ
22.アニヤ・ハインドマーチ

10.ディオール

プリンセス・ダイアナが永遠であるように。レディ・ディオールは永遠の輝きを放ち続けるのよ!

J’ADIOR(ジャディオール)

2017年春夏にマリア・グラツィア・キウリが生み出した新作バッグ「J’ADIOR(ジャディオール)」は、完全な期待はずれに終わってしまったの。しかし、フェンディのバゲットとヴァレンティノのロックスタッズを生み出したマリアが、生み出すであろう、次世代のディオール・バッグは、ラグジュアリー・バッグの歴史を塗り替えるかもしれないわね。

そういう未来のことはともかくとして、ディオールと言えば、圧倒的に魅力的なバッグが、レディ・ディオールなの。旧名プランセス=王女の名を持つこのバッグは、2018年の今も魅力が焦ることのない〝永遠の女性の憧れ〟のバッグなの。

レディ・ディオール 450,000円 ★★★★★




チェリーレッド、ブラック、どちらでもお好みでどうぞ、と言うほどにどちらも素晴らしいカラーリング。しかし、このバッグに関してはエナメルカーフレザーのこの二色だけでもう十分なほど完結しているバッグよ。まずはこのバッグのネーミングの成り立ちから書かせてね。

1995年、ファッション・アイコンとしてプリンセス・ダイアナ(1961-1997)が絶世の美を誇っていた時代のお話。時のフランスのシラク大統領夫人が、「セザンヌ回顧展」の前夜祭に、ダイアナをご招待したの(この前夜祭は、慈善事業の基金を集める目的で開かれ、ダイアナはその点に共鳴し、出席を快諾したの)。そして、エリゼ宮殿のお茶会の場で、シラク夫人からダイアナに贈られたのが、ディオールの公開前の新作バッグ「シュシュ」だったの(後に「プランセス」と改名され発売)。

エナメルで覆われた、カナージュステッチがあしらわれた、黒いレザーボックス型のデザインで、ゴールドに輝くDiorの切り文字がとても斬新で、エレガンスと実用性があるモダンなデザインだったの。シラク大統領夫人がこのバッグを知ったのは、ダイアナへのプレゼントを探していたときに、(1985年にディオールの社長になっていた)ベルナール・アルノーに相談したのがきっかけだったのよ。

ダイアナは、とてもこのバッグが気に入り、あわせて5種類持つようになったわけ。以後、公式行事にお供するバッグとなり、1996年から販売されたの。後にディオールはこのバッグの名を、「プランセス」から「レディ・ディオール」に変え今に至るのよ。僅か2年間で20万個のレディ・ディオールが完売したの。








そして、もう一人のレディ・ディオールのアイコンがフランスの女優マリオン・コティヤールよ。2008年にジョン・ガリアーノによってレディ・ディオールのミューズに選ばれた彼女の数々のキャンペーン・フィルムとフォトがレディ・ディオールに新たなる神通力を与えたのよ。

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP