ファッションコラム

2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART21<モスキーノ>

    エディター・プロフィール:圭子・スカイウォーカー

    生年月日不明。性別不明。国籍日本。見た目は30代前半、身長170cmくらい。藤圭子にすごく似ている。ラグジュアリー・ファッションに対する情報の幅の広さから、恐らく現役の関係者と推測される。本人とのやり取りはメールと電話と二度っきりの会見のみ。口癖「ファッション誌はあてにならないので読まないわ」。大好きなものは「ダイアン・アーバスの写真とニーナ・シモン」、最も嫌いなものは、「SNSに夢中な女子と、プチプラ自慢する人たち」とのこと。(長谷紅記)

    2018年春夏おすすめラグジュアリー・バッグ・ブランド22

    0.最初に
    1.プラダ
    2.グッチ
    3.ヴァレンティノ
    4.クロエ
    5.ルイ・ヴィトン
    6.シャネル
    7.エルメス
    8.フェンディ
    9.デルヴォー
    10.ディオール
    11.ステラ・マッカートニー
    12.セリーヌ
    13.ロエベ
    14.サンローラン
    15.マルニ
    16.トム・ブラウン
    17.プロエンザ・スクーラー
    18.バレンシアガ
    19.3.1 フィリップ・リム
    20.マルベリー
    21.モスキーノ
    22.アニヤ・ハインドマーチ




    21.モスキーノ

    15才から60才の女性のために、ジェレミー・スコット=モスキーノ・バッグを一つは持ちましょうという法律を作るべき。

    モスキーノのバッグって、とてもいいの。それは四の五の言わずに、下に示す数々のモスキーノ・バッグを見てもらうと分かるはずよ。








    ハッピーにするバッグと言えばよいのかしら?

    モスキーノというブランドは、1983年にフランシスコ・モスキーノによりスタートしたの(ジャンニ・ヴェルサーチの下で6年間働き経験を積む)。そして、2013年からはクリエイティヴ・ディレクターにジェレミー・スコットが就任し、モードにユーモアを取り込んだ我が道を行くパロディー風なデザインで、ファッションを通して、人々の遊び心をくすぐり続けているの。

    特に2015年の秋冬コレクションから登場したテディベアは、その後のコレクションでもモスキーノのアイコンとなっていて背負い心地抜群よ。

    泣く女バッグ 135,000円 ★★★★★



    涙を流しながら、唇に指先を入れようとしているアニメ調美女。それが快楽の涙なのか、感動の涙なのか、悲しみの涙なのかは、知るすべもない。しかし、一つだけいえる事は、これはかなり使えるショルダーバッグだということ。



    関連記事

    1. 2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグ<最初に>
    2. 2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART6<シャネル>…
    3. 2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART15<マルニ>…
    4. 2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART17<プロエン…
    5. 2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART14<サンロー…
    6. 2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART22<アニヤ・…
    7. 2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART16<トム・ブ…
    8. 2016年AWファッション・ルート京都編<レディース>4(2ペー…

    このページに関連した記事一覧

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP