ファッションコラム

2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART20<マルベリー>

エディター・プロフィール:圭子・スカイウォーカー

生年月日不明。性別不明。国籍日本。見た目は30代前半、身長170cmくらい。藤圭子にすごく似ている。ラグジュアリー・ファッションに対する情報の幅の広さから、恐らく現役の関係者と推測される。本人とのやり取りはメールと電話と二度っきりの会見のみ。口癖「ファッション誌はあてにならないので読まないわ」。大好きなものは「ダイアン・アーバスの写真とニーナ・シモン」、最も嫌いなものは、「SNSに夢中な女子と、プチプラ自慢する人たち」とのこと。(長谷紅記)

2018年春夏おすすめラグジュアリー・バッグ・ブランド22

0.最初に
1.プラダ
2.グッチ
3.ヴァレンティノ
4.クロエ
5.ルイ・ヴィトン
6.シャネル
7.エルメス
8.フェンディ
9.デルヴォー
10.ディオール
11.ステラ・マッカートニー
12.セリーヌ
13.ロエベ
14.サンローラン
15.マルニ
16.トム・ブラウン
17.プロエンザ・スクーラー
18.バレンシアガ
19.3.1 フィリップ・リム
20.マルベリー
21.モスキーノ
22.アニヤ・ハインドマーチ

20.マルベリー

これからの大本命。日本人女性の欲望を全て満たす「欲望と言う名のバッグ・ブランド」

私はマルベリーほど、日本人女性の好きな配色とデザイン、更にバッグ作りに対するこだわりが見事にマッチしたブランドは少ないと思っているの。例えば、これは一人の女性を洗練させる社会的な実験として、サマンサ姉妹のバッグを持つ25歳越えの女性を、このブランドのブティックに連れて行き、同じ価格帯で販売したならば、ほぼ100人中100人が、シスターバッグを捨てて、こっちに乗り換えるはず。

でも、現実はこのブランドのバッグは、10倍くらいはするからそうはならないわけ。つまりは女性にとっての洗練とは、バッグとの出会いから始まるわけなの。そして、女性が美の成長を終える時、それは必ず、いつまでたっても派手なファッションから抜け切れなくなったり、中年になってから突然セシル・マクビーなんかを買ったり、シスターバッグを、まさに中年男性が若い娘と援助交際するかのように購入するところにあるの。その根底にある観念は全く同じ。つまりは、若さの象徴と言われるものに喰らいついて、老いを忘れたい感覚なの。

でも、決して忘れてはならないことが一つあるの。それは30歳を越えて、シスターバッグを持つということは、恐ろしく洗練されていないことなの。そういったことはインスタでは教えてくれないかもしれないんだけどね。

さて、マルベリーとは、1971年にロジャー・ソールがイギリスで設立した高級レザーグッズのブランドよ。2007年にスチュアート・ヴィヴァースに変わり、エマ・ヒルがクリエイティヴ・ディレクターに就任。機能性の高い「ベイズウォーター」やアレクサ・チャンとのコラボレーションで誕生した「アレクサ」などのバッグが有名よ。

そして、2015年からセリーヌでレザーグッズやシューズなどのヘッドデザイン・ディレクターを務めていたジョニー・コカがクリエイティブ・ディレクターとして就任して、今に至るの。



スチュアート・ヴィヴァース時代の2002年に、2003年SSのランウェイでジゼル・ブンチェンが持って歩いていたこのバッグは、その独特なハーネス・ストラップとハートチャームによって、話題を呼び、「ジゼル」と呼ばれ人気バッグになったのよ。


さらに、2009年エマ・ヒルが、雑誌でアレクサ・チャンが、マルベリーのメンズのブリーフケースを持つ姿を見てインスパイアーされ生み出されたサッチェルバッグの傑作「アレクサ」。このバッグは今ではプレミア・ヴィンテージ・バッグとして名高いわ。

マーローズ・ホーボー 1425ドル ★★★★☆


インディゴとブラウンのバイカラーのスムーズ・カーフがとても美しいの。マルベリーの伝統的なポストマン・ロックを進化させ、新たにデザインされたライダーズ・ロック(リング・ロック)がとても魅力的なホーボーバッグよ。

アンバリー・サッチェル 161,805円 ★★★★★


サッチェル・バッグとしてとても洗練されたデザインの「アンバリー」。ライダーズ・ロック(リング・ロック)がとても印象的で、どんなスタイルをも格上げしてくれるまさに〝女性を育てるバッグ〟よ。丁度10万円のプリムローズ・ピンクのスモール・アンバリーも絶品よ。

ベイズウォーター・バックパック 1,295ドル ★★★★★


2003年に発表されマルベリーのアイコンバッグとなった「ベイズウォーター」。アイコニックなポストマン・ロックだけが生真面目に存在するバックパックがとてもクールよ。こういうバッグをオンオフで上手く使える女性こそ、洗練された女性と呼ぶに値するの。いかにも女っぷりを発散させるバッグも必要だけど、こういった女性の〝静〟の魅力を研ぎ澄ませていくバッグも絶対に必要よ。

カッコいい女性の条件。それはカメレオンのように変身できることであり、変幻自在という言葉は、実は洗練と同じ意味でもあるのよ。

ミニ・シートン 1,225ドル ★★★★★


キャサリン妃が愛用していることで、特に英国で大人気なのがハンドバッグ「ミニ・シートン」よ。ライダーズ・ロックがかなり格好良くもカワイくて、英国式おしゃれを体現するようなエレガンスも兼ね備えているハンドバッグの傑作よ。

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP