究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【フレデリック マル】ル パルファム ドゥ テレーズ(エドモンド・ルドニツカ)

エドモンド・ルドニツカ
エドモンド・ルドニツカ フレデリック・マル ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約5分で読めます。

ル パルファム ドゥ テレーズ

原名:Le Parfum de Therese
種類:オード・パルファム
ブランド:フレデリック・マル
調香師:エドモンド・ルドニツカ
発表年:2000年
対象性別:ユニセックス
価格:10ml/7,920円、30ml/21,780円、50ml/27,720円、100ml/39,600円
公式ホームページ:高島屋オンラインストア

フレデリック マル ル パルファム ドゥ テレーズ 50ml FREDERIC MALLE LE PARFUM DE THERESE [3064]

価格:26,668円
(2020/4/8 08:50時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

妻テレーズのための香りではなかった。


エドモンド・ルドニツカ(1905-1996)という人を皆様はご存知でしょうか?分かりやすくたとえてみるならば、ハリウッド女優で言えば、オードリー・ヘプバーン、フランス人女優で言えば、ブリジット・バルドー、日本の映画監督で言えば、黒澤明、日本のプロレスラーで言えば、アントニオ猪木。つまりは、彼こそが、調香師におけるそういった存在なのです。つまりはスターなのです。

そんな彼が、1956年から調香を開始し、1961年に完成したというこの香りは、元々は、ディオール、ギ・ラロッシュによって商品化される寸前までいった香りでした。

そして、フレデリック・マルがこの香りを知ったのも、60年代にパルファン・ディオールで働いていた母親がそのサンプルを家に持って帰ってきたことからでした。結局この香りが発売されなかった理由は、当時としてはフルーティーすぎて、斬新過ぎるという理由からでした。

この時代の先を行きすぎた香りは、その後も調香師たちが集まるたびに話題になる幻の香りでした。そして、その名を「プラム」と呼ばれていました。

ルドニツカは、商品化されることのなかったこの香りを最愛の妻テレーズ用に再調香し(この時に、自分自身の名香である「ディオレラ」や「ロシャス ファム」の香りも織り交ぜました)、彼女だけが纏うことを許される秘密の香りとして封印したのでした。

1999年に、フレデリック・マルは、ニッチ・フレグランスを創業するにあたり、テレーズ・ルドニツカとその息子ミシェルに会いに行きました。そして、この香りに対する深い思い入れを伝え、自分の新ブランドで是非発売したいと直訴したのでした。

最後のルドニツカの香り


こうして世に出た香りの名は、「テレーズのパルファム」とされました。それは、どういう経緯で生まれた香りと言えども、最愛の妻テレーズのための香りであることには間違いないからです。

陽だまりのマンダリンオレンジと熟したメロン(分子蒸留出来ない)の弾ける様な炭酸様トップノートからはじまり、ペッパーにより甘さは段々と優しくなり、ローズとヴァイオレット、さらにはアニマリックなジャスミンとジューシーなプラムが絡み合いフローラルシンフォニーが奏でられます。シダー、ベチバー、レザーが、香りを大人の優雅さへと導いてくれます。

この香りの素晴らしいところは、フレデリック・マルという人が、香りとは物語であるということをよく理解しているところにあります。この香りの最も重要な香料は、メロンでもプラムでもなく、ミステリーなのです。

それは、本当に、ルドニツカがこの香りを調香したのか?というミステリーと、ルドニツカは妻に対して、妻だけにしか理解できない香りを作ろうとしたのか?それとも一般的な、最愛の女性に捧げる香りを作ろうとしたのか?というミステリーが相身互いになることから生まれているのです。

ちなみに、マルがイメージするこの香りを身に纏う女性像は、叔父のルイ・マルが監督した『死刑台のエレベーター』(1958年)でジャンヌ・モローが演じた笑わないヒロインらしい。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「ル パルファム ドゥ テレーズ」を「フルーティ・ジャスミン」と呼び、「エドモンド・ルドニツカの手により、妻テレーズ(彼女自身も並々ならぬ調香師)への贈り物として制作された。」

「ルドニツカの最高傑作で、並はずれて複雑にもかかわらず、完璧に釣り合いのとれた読み取りやすい構成なのだ。この作品と同種の「ディオレラ」「オー ソバージュ」、やや劣る「クリスタル」などは、すべて彼がかかわった作品だ。」「さらに、このフレグランスはルドニツカの最高作品にくらべると、わずかに荒削りなところがあり残念で、あともう一息と思ってしまう。」と4つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ル パルファム ドゥ テレーズ
原名:Le Parfum de Therese
種類:オード・パルファム
ブランド:フレデリック・マル
調香師:エドモンド・ルドニツカ
発表年:2000年
対象性別:ユニセックス
価格:10ml/7,920円、30ml/21,780円、50ml/27,720円、100ml/39,600円
公式ホームページ:高島屋オンラインストア


トップノート:マンダリンオレンジ、メロン
ミドルノート:ローズ、プラム、ジャスミン、ヴァイオレット
ラストノート:シダー、ベチバー、レザー

フレデリック マル ル パルファム ドゥ テレーズ 50ml FREDERIC MALLE LE PARFUM DE THERESE [3064]

価格:26,668円
(2020/4/8 08:50時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました