オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーンのすべて【1955】第四編(3ページ)

    オードリー・ヘプバーンのすべて【1955】第四編(全五編)

    All About Audrey Hepburn

    オードリー・ヘプバーン出演作一覧

    オードリー・ヘプバーン出演作一覧の続き



    『戦争と平和』の続き



    オードリー・ルック<1955年>25 ペタルカラー
    • 映画『戦争と平和』
    • デザイナー・マリア・デ・マッテイス
    • チャコールグレーのノーカラーロングワンピース、フロントがダブル
    • 白のペタルカラーのブラウス

    オードリー・ヘプバーンにメイクをしている男性こそ、オードリーが最も信用したメイクアップ・アーティスト・アルベルト・デ・ロッシです。



    ボンネット帽子の時代



    オードリー・ルック<1955年>26 オールミント
    • 映画『戦争と平和』
    • デザイナー・マリア・デ・マッテイス
    • オールミントのデイドレス、広いラペルにレース、ハイウエスト
    • 同色のボンネット
    • 白のオーガンジーグローブ
    • シルバーのローヒールパンプス



    オードリーのバレリーナ時代を彷彿させるヘアスタイル


    オードリー・ルック<1955年>27 修道女のようなドレス
    • 映画『戦争と平和』
    • デザイナー・マリア・デ・マッテイス
    • ダークグレーのロングドレス、Vネック、白のレース

    バレリーナとしてのオードリー・ヘプバーンを連想させる美しいシニヨンで登場します。この写真を見ていると、美とはコンプレックスの裏返しであることが良く分かります。



    そして、最後に赤を着る!






    オードリー・ルック<1955年>28 レッドドレス
    • 映画『戦争と平和』
    • デザイナー・マリア・デ・マッテイス
    • レッドドレス
    • 白のショートグローブ
    • シルバーのローヒールパンプス
    • ベージュ色のボンネット

    最後のオードリーの衣裳は、彼女が最も嫌いだった赤色を着て現れます。廃墟の中の赤が、映像にパワーを生み出しています。そして、何よりも、この着こなすのが難しい赤のドレスを見事に着こなしているオードリーはさすがとしか言いようがありません。このドレス・カラーがあればこそ、ピエールとの再会。そして、本当の愛で完結する物語にも説得力が生まれるのです。

    クリスチャン・ルブタンの靴も、日本の着物もそうなのですが、赤という色は、静謐なるイメージとは真反対のどこか妖しい雰囲気を漂わせる色なのですが、廃墟の中でオードリーが着ていると、それは未来に向けての再生を意味する=笑顔を取り戻したロシア人の赤に見えてくるのです。ファッションにおけるカラーの重要性として、いかに立ち振る舞いが重要であるかをオードリーほど教えてくれる女優はいません。



    ページ:

    1

    2 3

    カテゴリー一覧

    女を磨くファッション・アイコン一覧

    2018/19おすすめラグジュアリーバッグ

    売れるブランド販売員の特徴

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。