アンドロギュヌス

オードリー・ヘプバーン5 『麗しのサブリナ』1(2ページ)

    作品名:麗しのサブリナ Sabrina (1954)
    監督:ビリー・ワイルダー
    衣装:イーディス・ヘッド/ユベール・ド・ジバンシィ
    出演者:オードリー・ヘプバーン/ハンフリー・ボガート/ウィリアム・ホールデン


    サブリナ。永遠のアンドロギュヌス

    ヘプバーンカット。1950年代半ばのオードリーのイメージは、ショートカットだった。

    オードリーほど、〝妖精〟という形容が相応しい人はいないです。

    QMm8TZS

    アンドロギュヌス性溢れる一枚。

    オードリー・ヘプバーンはハリウッド・デビュー作の『ローマの休日』(1953)でアカデミー主演女優賞(1954年)を受賞しました。その次の作品として『麗しのサブリナ』は製作されました。それは、オードリー自身がブロードウェイでマーガレット・サラヴァンとジョゼフ・コットン主演の『サブリナ・フェア』の舞台を観て、映画化を希望したのでした。

    この作品の撮影当時(1953年10月から11月の7週間)はまだ彼女はアカデミー賞を受賞した女優ではありませんでした。

    しかし、この作品に関わる他の3人は、文句なしに当時脂が乗っていました。1945年に『失われた週末』で、アカデミー監督賞とアカデミー脚色賞、1950年に『サンセット大通り』でアカデミー脚本賞を受賞している監督のビリー・ワイルダー(1906-2002)。1952年 に『アフリカの女王』でアカデミー主演男優賞を受賞しているハンフリー・ボガート(1899-1957)。1954年に『第十七捕虜収容所』(ビリー・ワイルダー監督)でアカデミー主演男優賞をオードリーと共に受賞することになるウィリアム・ホールデン(1918-1981)という凄いメンバーです。

    大富豪の運転手の娘が、2年間のパリ留学で、洗練されたレディになって帰国するというストーリーは、オードリーに再び変身を要求しました(アン王女からアーニャのように)。そして、ロングヘアーからショートカットになったオードリーは、アン王女のプリンセスのイメージから、ヴォーグから抜け出してきたかのようなファッション・モデルのイメージへと見事に転生を遂げました。

    パリから帰ってきた美女。この洗練された美しさは、明らかに今までのハリウッドスターには存在しない美しさでした。その大きな瞳に見つめられると、男性も女性もドキドキしてしまいそうな不思議な魅力を感じさせます。美しい少年がメイクをして、タイトなスーツを着ているような存在の背徳感。そうです彼女こそ、ハリウッドに誕生した始めての巴里のアメリカ人でした。



    彼女の出現は、膨らんだ胸の魅力を過去のものにしてしまうだろう。

    ビバリーヒルズの自宅アパートでのスチール撮影。1953. Photograph by Mark Shaw.

    tumblr_l269goZXvO1qbilh4o2_r1_1280

    これからの女性に求められること。それは、この〝天空感〟。

    あらゆる芸術は絶えず音楽の状態に憧れる     ガブリエーレ・ダヌンツィオ

    『麗しのサブリナ』は、ファッション史において、最も重要な映画の1つです。それはオードリー・ヘプバーンというファッションモデル体型の女性が、女性にとって憧れとなったからです。このことが、ファション業界と映画界の距離を縮め、ファッションモデルの多くが、映画界に進出するきっかけとなったのです。

    そして、オートクチュール中心だったファッションが、60年代の終わりからプレタポルテへとシフトチェンジし、、70年代から80年代にかけて世界的な規模でファッションの大衆化が発展していった流れと合致しています。オードリーは、そんなファッション文化の流れを15年以上も前に、ジバンシィのオートクチュールのドレスを着て、将来のファストファッションを予感させるイーディス・ヘッドのサブリナ・パンツ等のカジュアル・ファッションに身を包むギャップによって、示して見せたのです。

    映画とファッションが強く結びつき、そこにロマンティックなラ・ヴィ・アン・ローズ(ばら色の人生)が流れることによって、サブリナという名前の響きは、ハイセンスとカジュアル・ファッションの象徴となったのです。そして、オードリーは、女性は露骨なセックスアピールよりも、ファッション性溢れる方が良いでしょ?と全人類に今も問いかけ続けるのです。



    ページ:

    1

    2

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。