オードリー・ヘプバーン

【麗しのサブリナ】オードリー・ヘプバーンとユベール・ド・ジバンシィ

【麗しのサブリナ】

Sabrina オードリー・ヘプバーンユベール・ド・ジバンシィとはじめてタッグを組んだ、ファッション史において歴史的な映画であり、この作品により、物語の世界そのままに、オードリーはパリ・モードを体現する女優として世界中の人々にイメージされるようになりました。

当時、ロマンティック・コメディを撮らせると右に出るものがいないったビリー・ワイルダーの演出と、ハンフリー・ボガートウィリアム・ホールデンという大スターにエスコートされ、オードリーは、サブリナが着る、ジャンパースカート、ジャージー・スーツ、イブニングドレス、リトルブラックドレス、サブリナパンツといったアイテムに永遠の命を吹き込みました。


アメリカで大富豪が集まるロングアイランドを舞台に、大富豪ララビー家の運転手の娘サブリナが、パリから2年の留学を終え、見違えるような美女となって帰国します。そして、彼女が片想いしていたララビー家の次男デイヴィッドを夢中にさせます。

折角まとまりかけていたデイヴィッドの政略結婚がご破綻になるのを防ぐために、恋愛とは無縁のライナス財閥の総裁であり、デヴィッドの兄である堅物ライナスが、色々な理由をつけて、デイヴィッドの代わりにサブリナとデートし、彼女をパリに追い返そうと目論むうちに二人は本当に愛し合ってしまうのです。

まだパリに留学に出る前のサブリナのファッションも美少女ムードたっぷりでひとつの見所です。

そして、パリから帰国したサブリナが着る、ユベール・ド・ジバンシィさえも呆気にとられたという絶世の美女っぷりは、今の時代のあらゆる女優も真似することの出来ない圧倒的なパリ・モードのエレガンスに包まれています。

念願が叶いサブリナはイブニングドレスを着て、ララビー家のパーティに出席することになります。輝くばかりの美貌とスタイルによりパーティー会場で注目の的となるサブリナは、ついにララビー家のデイヴィッドを夢中にさせたのでした。そんな二人の姿を苦々しく見つめるデイヴィッドの兄ライナスは、弟の政略結婚を成功させるために、サブリナをデイヴィッドから引き離そうと画策するのでした。


1954年に公開された『麗しのサブリナ』は、オードリー・ヘプバーンがユベール・ド・ジバンシィのデザインした衣装を着たはじめての作品でした。もうそれだけで、この作品がファッション史に与えた影響が絶大であることが理解できるのですが、念のためにこの作品がファッション業界に影響を与えたすべての要素を羅列していきましょう。以下の7点によるものです。

  1. 衝撃的とも言える洗練されたシルエットのジャージ・スーツ
  2. ウエディングドレスの新しいトレンドを生み出したサブリナドレス
  3. リトルブラックドレスの復権
  4. サブリナカット
  5. カシュクール・スタイル
  6. サブリナパンツ
  7. サブリナシューズ

この作品により、イーディス・ヘッドだけがアカデミー衣裳デザイン賞 (白黒部門)を受賞することになりました。しかし、この理不尽な事実が、オードリーとジバンシィの絆を生涯の結びつきへと導いていったのでした。

作品データ

作品名:麗しのサブリナ Sabrina (1954)
監督:ビリー・ワイルダー
衣装:イーディス・ヘッド/ユベール・ド・ジバンシィ
出演者:オードリー・ヘプバーン/ハンフリー・ボガート/ウィリアム・ホールデン

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2020年1月
« 12月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。