オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーンのすべて【1955】第五編(3ページ)

    オードリー・ヘプバーンのすべて【1955】第五編(全五編)

    All About Audrey Hepburn

    オードリー・ヘプバーン出演作一覧

    オードリー・ヘプバーン出演作一覧の続き

     

    オードリー・ヘプバーン史上最高のファッション・フォトのひとつ



    オードリー・ルック<1955年>33 サマードレス
    • ホワイトコットンドレス、ジバンシィ
    • ローマ風サンダル

    戦争と平和』撮影時に滞在していたイタリア・ローマ郊外のアルバーノの農家において、ミルトン・H・グリーンによるアメリカの『Look』誌のための撮影が8月8日に行われました。その時の洗いざらしのコットンドレス姿のオードリーが、とても魅力的です。

    ネックラインの緩やかなVラインと絞られたウエストラインにバルーンシルエットのスカートの絶妙なバランスが、オードリーにリラックス感を生み出しています。

    ジバンシィのイエロードレス


    オードリー・ルック<1955年>34 イエロードレス
    • イエローサテンのロングイブニングドレス、パネルスカート、ジバンシィ
    • イエローサテンのローヒールパンプス
    • 白のロンググローブ

    女学生のようなオードリー・ヘプバーン









    オードリー・ルック<1955年>35 タータンチェックシャツ
    • 赤のタータンチェックコットンシャツ、イーディス・ヘッド
    • グレーのサーキュラースカートとパニエ
    • 赤のタイツ
    • 黒のバレエシューズ

    麗しのサブリナ』(1954)の中で着ていたカシュクール・シャツを、オードリーのリクエストに応えてイーディス・ヘッドはいくつか色と柄違いのバージョンを製作しました。そのうちのひとつがこの赤色のタータンチェックシャツです。

    『戦争と平和』の撮影中の1955年10月に撮影されたこの写真のオードリーは、ポニーテール姿が女学生のように若々しく、まさに、次の作品『昼下りの情事』のアリアーヌを予感させるムードに包まれています。



    ページ:

    1

    2 3

    カテゴリー一覧

    ファッションアイコン(女優編)

    PAGE TOP