アンドロギュヌス

オードリー・ヘプバーン1 『ローマの休日』1(2ページ)

    作品名:ローマの休日 Roman Holiday (1953)
    監督:ウィリアム・ワイラー
    衣装:イーディス・ヘッド
    出演者:オードリー・ヘプバーン/グレゴリー・ペック/エディ・アルバート



    始まりは「私はドレスじゃなくて、パジャマが着たいの!」でした

    1953年に『ローマの休日』を見たマリア・カラスは、翌日、ルキノ・ヴィスコンティが楽屋に訪れた時に、「ルキノ、私もオードリー・ヘプバーンのような体つきになったら、美しくなれるかしら?」と尋ねました。そして、その日から、パスタを抜き、パンも抜き、アルコールも飲まず、猛烈なスケジュールでも正午に一食とるだけにして、11ヵ月間で31キロも体重を落としました。

    マリアは生まれて初めて、鏡を覗き込んで、自分の好きな女性を目にしたのでした。そして、ディオール、バルマン、ジバンシィが、公の場で身につけてもらいたいと、ドレスや装飾品を提供してきたのでした。

    人類史上この作品ほどファッションの本質を捉えた映画はないのではないでしょうか?若く美しいプリンセスが、一日限りの旅行者の生活を楽しむその姿は、21世紀の私たちが見ても、たとえ物語の流れが分かっていても、なぜかワクワクさせられます。そして、この作品を包み込む空気自体が大好きになってしまうのです。オードリー・ヘプバーン(1929-1993)だけではなく、グレゴリー・ペック(1916-2003)も、今時にお洒落な風貌のカメラマンを演じるエディ・アルバート(1906-2005)も、あの美容師でさえもまた再会したいと願ってしまうのです。

    ファッションの本質とは何でしょうか?それはもうただひたすらに気持ちよくなれる空間が存在するかどうかに尽きます。『ローマの休日』には始まりから終わりまでオードリーの色々な魅力がぎっしりと詰まっています。もうそれを見ているだけで幸せなのです。非常に感情移入しやすい神話なのです。

    白黒の映画であるにもかかわらず、私にとって極めて色彩豊かに感じさせるのはなぜでしょうか?『ローマの休日』を見ると、何か言葉にしがたい活力が得られます。私たちの潜在能力を呼び覚ますこの作品の魅力の一つは、白黒の世界に存在するオードリーの若さと初々しさと気品の絶妙なバランスにあります。この作品は、その素晴らしい香りを永遠に閉じ込めることが出来た芳しい香水のような作品なのです。それはウィリアム・ワイラー監督が、ローマの素晴らしい風景が、ストーリーや登場人物より目立たないようにカラーフィルムではなく白黒フィルムでの撮影を決断したことにより生まれたものでした。

    あなたは夢をカラーで見ますか?想い出はカラーで脳内上映されますか?重要な思い出の色彩は単純化されていきますか?ああ・・・私は色々な色に疲れているのでしょうか?


    着ることが許されない服を着る願望。ファッションの本質





    Audrey Hepburn on the set of Roman Holiday, 1953.

    プリンセス・アン・ルック1 ネグリジェ
    • バラの蕾の刺繍が入ったシルクのネグリジェ。

    私は本当に単細胞な生き物なのだとうんざりさせられます。豪華なドレスを着ているのが、囚人服を着せられているかのような生活を課せられているアン王女。自分の意志で生きることは許されず。全ては、周りの年長者に実質支配され生きる屍とされていくその姿の哀しさは、今は亡きグレース王妃やダイアナ妃の写真の端々から垣間見れる孤独な表情にも共通します。

    人間本来の幸せを放棄することを課せられた人々。それがロイヤルファミリーなのです。それを豪華なドレスや宝石に身を包むことが出来て幸せだなと感じるのは、私の感受性の欠落かもしれません。この作品の脚本家はダルトン・トランボであり、彼は当時赤狩りで共産主義者として投獄され、ハリウッドを追放されていました。そんな彼だからこそ、ロイヤルファミリーを別の視点で捉えたアン王女の物語が書けたのかもしれません。

    しかし、やはり私はうんざりするほどの単細胞な人間なのです。アン王女のローブデコルテのドレスを見てしまうと、そんな難しいことは一瞬で消し飛んでしまうのです。ファッションの怖さです。ナチスの軍服もそうなのですが、素晴らしいデザインに触れてしまうと人間の思考回路は完全に麻痺してしまいます。でもこれもまたファッションの本質なのです。



    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. オードリー・ヘプバーン5 『麗しのサブリナ』1(2ページ)
    2. カトリーヌ・ドヌーヴ7/リュディヴィーヌ・サニエ 『8人の女たち…
    3. グレース・ケリー10 『真昼の決闘』(3ページ)
    4. ナタリー・ポートマン2 『レオン』2(2ページ)
    5. グレース・ケリー4 『裏窓』1(2ページ)
    6. オードリー・ヘプバーン41 『華麗なる相続人』1(3ページ)
    7. ロッサナ・ポデスタ2 『黄金の七人』2(2ページ)
    8. オードリー・ヘプバーン26 『いつも2人で』2(2ページ)

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP