究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ジバンシィ】ジェントルマン オーデトワレ(オリヴィエ・クレスプ/ナタリー・ローソン)

オリヴィエ・クレスプ
©Givenchy Beauty
オリヴィエ・クレスプジバンシィブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

香水データ

香水名:ジェントルマン オーデトワレ Gentleman オード・トワレ
ブランド:ジバンシィ
調香師:オリヴィエ・クレスプ、ナタリー・ローソン
発表年:2017年
対象性別:男性
価格:50ml/8,800円、100ml/12,650円
販売代理店ホームページ:ベルコスメ


トップノート:洋ナシ、カルダモン、パイナップル
ミドルノート:ラベンダー、アイリス、ゼラニウム
ラストノート:パチョリ、レザー、ブラック・バニラ

\ポイント7倍/ジバンシィ ジェントルマン ジバンシィ オードトワレ 1ml GIVENCHY GENTLEMEN EDT (トライアル香水)

価格:500円
(2021/12/7 17:47時点)
感想(0件)

【ミニサイズ】 ジバンシイ GIVENCHY ジェントルマン EDT 6ml [347403]

価格:1,100円
(2021/12/7 17:48時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

香水広告フォト&動画

©Givenchy Beauty

©Givenchy Beauty

スポンサーリンク

香水についての解説

ユベール・ド・ジバンシィが、1969年にメンズのプレタポルテ・ライン「ジバンシィ ジェントルマン」を始めたことから、ジバンシィのメンズ・ファッションの歴史は始まります。そして、1975年に「ジバンシイ ジェントルマン オーデトワレ」が発売されました。

その「ジェントルマン」が2017年に新しく生まれ変わりました。男性の持つ〝力強さと甘さ〟を体現したウッディ・フローラル・フゼアの香りはオリヴィエ・クレスプナタリー・ローソンによって調香されました。

甘美でフレッシュな洋ナシから始まるトップに、ラベンダーとアイリスが絡み合い、柔らかな香り立ちに包まれます。そして、ラストにアイリスのパウダリー感に、パチョリとレザーが重なり合いオリジナルの「ジェントルマン」を連想させる香りへと導かれていきます。

ブラックのキャップと、ボトルを包み込むブラックバンドが、重厚感あるガラスボトルによるタキシードを着崩したようなシルエットにマッチしています。

キャンペーン・モデルとして『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』(2009)や『キック・アス』(2010)で主役を演じた英国の俳優アーロン・テイラー=ジョンソン(1990-)が選ばれました。キャンペーンフィルムの監督は、彼の妻であり『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』を監督した映画監督サム・テイラー=ジョンソン(1967-)によるものです。『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977)に対するオマージュが散りばめられた内容です。

ジバンシイ GIVENCHY ジェントルマン EDT 50ml [347281]

価格:7,480円
(2022/1/30 19:03時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました