特報!2020年2月27日ルイ・ヴィトン新作フレグランス発売!

『麗しのサブリナ』Vol.4|オードリー・ヘプバーンとサブリナドレス

オードリー・ヘプバーン
オードリー・ヘプバーン ジバンシィ ファッション・ブランド 女を磨くアイコン 映画女優
この記事は約7分で読めます。

ジバンシィのパリジェンヌ・ルック。

1953年7月の終わりに、4回目のコレクションの準備中であり、多忙を極めていたユベール・ド・ジバンシィをはじめて訪れたオードリー・ヘプバーンは、色々行き違いがあり、作業中のジバンシィの協力が得られず、彼女自身で、ジバンシィのブティックに吊るされている前回コレクションの残りの服から衣裳を選ぶことになりました。

そんな1953年春夏のコレクションの中から、オードリー・ヘプバーンが、一番最初にジバンシィの目の前で選んだ服がこれでした。

オードリーはこのスーツを〝ジャジー・スーツ〟と呼びました。ショーでファッションモデルが着ていたものと同じものをジャストフィットでオードリーが着こなしたことにジバンシィは大変驚きました。

ジバンシィは回想します。「オードリーが、ターバンとスーツを着た瞬間に、朝訪ねてきた痩せっぽちな少女は消えうせていました。「私はこれを求めていたんです!」と嬉しそうに話すオードリーを見て思いました。〝私の服が生きている!〟と。その時、私ははじめて服は着る人によって表情を変えるということを知りました。それは何か魔法を見ているようでした」

スポンサーリンク

サブリナ スタイル4

パリジェンヌルック
  • デザイナー:ユベール・ド・ジバンシィ
  • オックスフォード・グレーのウールのジャージー・スーツ、ジバンシィ1953SS
  • 黒の手袋
  • 黒レザーのデルマンのローヒールパンプス
  • イヤリングはバーグドルフ・グッドマンで購入したAido
  • ブリーフケースはKoret
  • ターバンハット、パールグレイのシフォン・プリーツ、ジバンシィ1953SS

ジャージー・スーツは、絞りに絞ったウエストから広がるフェミニンなカーブが素晴らしいクラシカルなペプラムスーツです。衿なしのダブルで、スクープネックラインに、ストレートラインのスカートが特徴です。

初日に、彼女(オードリー)は準備を整えてセットへやってきた。台詞はすべて暗記していた。わたしが台詞を絞り出す必要はなかった。愛想がよくて美しい彼女に、5分後にはみんなが恋をしていた。わたしも含めて、全員がこの娘に恋をした。わたしには夜中に寝言をいう困った癖があった。寝返りを打ってぺらぺらしゃべりまくる・・・だが幸いなことに、わたしの妻のファーストネームもオードリーだった。

ビリー・ワイルダー

ウィリアム・ホールデンとオードリー。ジャージー・ドレスが最も魅力的な瞬間。

ビリー・ワイルダーの指導を受けるオードリー。

ジバンシィのファッションモデルが着ていたドレスをそのまま着こなしたオードリー。

ラゲージの上にのっかかるメンズライクなバッグもステキ。

ヘッドドレス

ジバンシィのヘッドドレス。

スポンサーリンク

サブリナ スタイル5

サブリナドレス
  • デザイナー:ユベール・ド・ジバンシィ
  • サブリナドレス、ジバンシィ1953SS
  • 長めの白グローブ
  • アクセサリーは、真珠のイヤリングのみ
  • 黒の低めのサテンのパンプス。レネ・マンシーニ1953SS

サブリナドレスは、≪イネス・デ・カストロ≫にインスパイアされたデザインです。ストラップレスで、ドレス全体に、18世紀の白ビーズが散りばめられています。そして、ペンシルスカートの周りに、同じ花柄のパネルが、後ろになびくパネル・スカートであり、生地は白シルクのオーガンジーです。バスト部分とパネルの裾に施された黒のシルクの糸による花柄の刺繍と、ヘムの黒色のラッフルが特徴です。

ジバンシィらしい見事な刺繍です。

この裾からすぅ~っと出る足の甲が、美の真骨頂を生み出す。

真の美とは、見せすぎないところからはじまる。

イブニングドレスの美女とプードルの写真という発想の斬新さ。

あまりにも有名なこの写真のドレスの刺繍の色は金色なのですが、実際のドレスの刺繍の色は黒色でした。

これが正確な色です。実際のドレスの色は純白に黒一色の刺繍だった。

まさに女神の光臨です。

奇跡の直角三角形シルエット!

24歳の女優が自分の足で見つけたサブリナドレス

オードリーは、御伽噺の中で存在できる稀有な女優でした。

『麗しのサブリナ』のアイコンドレスと言えば、ウエストから下に翼が生えているような印象を与えるこのカクテル・ガウンです。ジバンシィが古代ギリシア建築に見られる幾何学様式を自分の服にも応用したこのドレスは、装飾を取り払ったシンプルな装いにこそ、ファッションの真髄があると信じて疑わなかったオードリーにとって、理想のドレスでした。シンプルなように見えて実に手の込んでいるドレスです。

オードリーは、ジバンシィの前で、このドレスを選び、軽く踊りました。そして、それを見たジバンシィは、このドレスのことを〝スノードリフト・ドレス〟と形容するようになりました。吹雪の中、波打つ雪原のように優雅にドレスが波打つからです。

オートクチュールのデザイナーに直接会って、衣装を選んだ24才のハリウッド女優。現在のあらゆる国の女優と彼女は何が違うのでしょうか?間違いなく美容整形も、コスメも、ファッションの質量も、進化しているはずなのに、何かが今の女優には足りません。

それは情熱でしょう。自分の行動力で、そのファッションを芸術に昇華させようという意気込みがないということです。

ただ、新しいものからおしゃれなものを見つけるサイクルを繰り返すだけ。ファッションはそれだけでは意味を成しません。情熱的なエッセンスを加えなければ、ファッションはただの資源の無駄使いで終わります。オードリー・ヘプバーンとユベール・ド・ジバンシィにあって、今の私たちにないものを真剣に考える時期になった気がします。そんな自戒の気持ちも込めて、「カイエ デ モード」は創造されています。

作品データ

作品名:麗しのサブリナ Sabrina (1954)
監督:ビリー・ワイルダー
衣装:イーディス・ヘッド/ユベール・ド・ジバンシィ
出演者:オードリー・ヘプバーン/ハンフリー・ボガート/ウィリアム・ホールデン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました