究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ディオール】ミス ディオール シリーズの全て

クリスチャン・ディオール
クリスチャン・ディオール フランソワ・ドゥマシー ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約6分で読めます。

ミス ディオール シリーズ

Miss Dior クリスチャン・ディオールにとって最も重要なフレグランスは、「ミス ディオール」です。クリスチャン・ディオール(1905-1957)が存命中の1947年に生まれたこのフレグランスは、ディオール自身がこだわりを持って調香させた香りです。

そして、時は過ぎ、ディオールが、20代から30代にアピールする香りとして2005年に生み出されたのが、クリスティーヌ・ナジェルによって調香された「ミス ディオール シェリー」だったのです。

この作品こそが、現在の「ミス ディオール」シリーズの元祖なのです。翌年、パルファン・クリスチャン・ディオール社は、シャネルで29年間ジャック・ポルジュの右腕として働いていたフランソワ・ドゥマシーをディオールの専属調香師として招聘したのでした。

スポンサーリンク

最後の一本から、最初の一本としての「ミス ディオール」



クリスチャン・ディオールにとって最も重要なフレグランスは、「ミス ディオール」です。

クリスチャン・ディオール(1905-1957)が存命中の1947年に生まれたこのフレグランスは、ディオール自身がこだわりを持って調香させた香りです。

1947年という年は、クリスチャン・ディオールが初めてコレクションを発表し、その「コロール(花冠)」ラインと「En 8(アン ユイット)」ラインのドレスが「ニュールック」としてセンセーションを巻き起こした年でした。

そして、すぐにディオールは、第二次世界大戦後のフレンチ・モードの代名詞と呼ばれるようになりました。創立から5年間のディオール社の総売上高の50~60%はアメリカ市場の収益が占めました。つまり1947年10月に発売されたこの香水も、その名により明らかなようにアメリカ市場を意識して創られたものだったのです。

「ミス ディオール」発売後の1948年に、ディオールは、ニューヨークにパルファン・クリスチャン・ディオール社を設立しました。それは衣服と香水の販売の相乗効果により、あらゆる階層に対してブランディングを高める戦略でした。

女性の頭の先から足の先までディオール・ファッションで飾って頂き、その締めくくりとして香水を振りかけることによって完成するという、ディオールを愛する女性のための香りとしての位置づけでした。

このディオールの香水ブランディングの戦略は、結果的には、最後の一本から、最初の一本(ディオール・ブランドに憧れる人々が所有するはじめの一歩)へと変わっていくようになります。そして、最終的には、唯一の一本(ディオールに対する憧れをこの一本の所有で完結させる)としてのラグジュアリー・ブランドのフレグランスという役割が定着し、今に至るわけなのです。

かくして「ミス・ディオール」は、21世紀に復活を遂げた。



やがて、「ディオリッシモ」(1956)「オー ソバージュ」(1966)「プワゾン」(1985)「ファーレンハイト」(1988)といった名香が発表され、21世紀を迎えようとする1999年に「ジャドール」が発売されました。そして、21世紀に入り、シャネルが2001年に「ココ・マドモアゼル」を発表し、香水界に激震が巻き起こるのでした。

この時、ディオールは、切実に、当時の20代から30代にアピールする香りを作らなければならないと考えたのでした。そして、2005年にクリスティーヌ・ナジェルにより生み出されたのが、「ミス ディオール シェリー」でした。この作品こそが、現在の「ミス ディオール」シリーズの元祖なのです。翌年、パルファン・クリスチャン・ディオール社は、シャネルで29年間ジャック・ポルジュの右腕として働いていたフランソワ・ドゥマシーをディオールの専属調香師として招聘しました。

そして、2010年に入り、ディオールは、パンドラの箱を開けるが如く、ナタリー・ポートマンシャーリーズ・セロンという二人のハリウッド女優をディオール・アイコンへと昇華させ、そのイメージを駆使して、フレグランスの内容よりも、イメージを重視することにより、フレグランス部門の覇者になろうとしたのでした。

「ミス ディオール」は、現在のディオール・フレグランスを最も象徴しています。

  1. ボトルの概観のかわいらしさでフレグランスを選び
  2. 当たり障りのない香りが、男性に褒められやすいことを知らずに、喜ぶ無邪気さを兼ね備え
  3. 誇らしげに、ディオール・コスメのショッパーを持ち歩くほどに、ディオールというブランド力にとても弱く
  4. 細かいことには気にせず、一日の大半をSNSにかぶりついている

20代から30代の女性をターゲットにしたフレグランスなのです。そのための販売促進戦略は、

  1. 販売員(BA)でさえも把握しきれないリネームとリニューアルを繰り返し、ブラック新作リリースを繰り返し
  2. ナタリー・ポートマンのブランドイメージをフルに活用し
  3. 本格的なフレグランスの説明はせず、暗に、こだわってフレグランスを購入する層を突き放す

といった方法に終始しています。しかし、「ミス ディオール」シリーズには、だからといってダメだと言い切れないフレグランスを愛する者にとって突き放せない何かが存在するのです。

スポンサーリンク

現在販売中のミス ディオール6作品


ミス ディオール ブルーミング ブーケ
2014年に発売され、最も売れているミス ディオール。柑橘系とフローラルのバランスが絶妙。優しい香り立ちなので、誰からも好かれる香り。

ミス ディオール アブソリュートリー ブルーミング
2016年に発売されたミス ディオール。ジューシーな甘酸っぱさと濃厚なフローラルが特徴。最も官能的なミス ディオール。

ミス ディオール ローズ&ローズ
2020年に発売されたミス ディオールの最新作。最もムスキーローズな香り。「ブルーミング ブーケ」路線を狙ったかのような香りだが、何かが物足りない。

ミス ディオール オードゥ パルファン
2017年に発売された1947年の後継香水という位置づけだが、その面影はほとんど存在しない。フローラル・シプレー(つまりパチョリが使用されている)なので、最もエレガントな香りがする。

ミス ディオール オードゥ トワレ<2019>
2019年に発売されたミス ディオールのEDT。フローラル・シプレーだが、ネロリが抜かれ、スズランが投入され、若い女性にとってラグジュアリー感を演出できる香り。

ミス ディオール エクストレ ドゥ パルファン
2014年に発売されたミス ディオール唯一のパルファム。

現在販売中のオリジナル2作品


ミス ディオール オリジナル オードゥ トワレ

ミス ディオール オリジナル エクストレ ドゥ パルファン

スポンサーリンク

過去のミス・ディオール8作品


ミス ディオール

ミス ディオール オードゥ パルファン(2012)

ミス ディオール オードゥ トワレ

ミス ディオール シェリー

ミス ディオール シェリー(2011年)

ミス ディオール シェリー オー

ミス ディオール シェリー オードゥ トワレ

ミス ディオール ル パルファン

タイトルとURLをコピーしました