究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ラルチザン】ヴォルール ド ローズ(バラ泥棒)(ミシェル・アルメラック)

その他
@L'Artisan Parfumeur
その他ブランドラルチザン調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ヴォルール ド ローズ(バラ泥棒)

原名:Voleur de Roses
種類:オード・トワレ
ブランド:ラルチザン
調香師:ミシェル・アルメラック
発表年:1993年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/16,000円
販売代理店ホームページ:ベルコスメ

\ポイント7倍/ラルチザン パフューム ヴォルール ド ローズ オードトワレ 100ml L’ARTISAN PARFUMEUR VOLEUR DE ROSES EDT [0762]

価格:19,759円
(2021/12/4 10:14時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

バラに対する愛の深さが試される香り


なぜ今のラルチザンにはこの時代のネーミング・センスが失われたのでしょうか?「ヴォルール ド ローズ」とは、フランス語で「バラ泥棒」という意味です。嵐が過ぎ去った後のバラ園をイメージしたオリエンタル・ウッディの香りは、1993年にミシェル・アルメラックにより調香されました。

そのバラを盗んだのは誰なのでしょうか?その犯人は間違いなくパチョリでしょう。この盗まれたバラを探し当てられるのは誰?というテーマで生み出されたこの香りは、パチョリに奪われたローズ王子(姫)を取り戻すための私たちの冒険の香りなのです。

バラは、パチョリに誘拐され4つの典型的な魅力を封印されてしまいました。それはロマンティック、フェミニン、エレガンス、ソフトの4つです。さぁ、5つ目のバラの魅力を見つけ出しましょう。バラへの愛は困難な状況下の中でこそ再発見できるものなのです。

どういった条件で、どこにつけるかによって、パチョリが勝利し、あなたはバラを取り戻すことが出来ない香りなのです。だからこそ、この香りは、フランスではこう呼ばれているのです。「バラに対する愛の深さが試される香り」だと。

だからこそ、男性にはとてもマッチするバラの香りなのです。それはまるでバラの花束を女性に渡した後の残り香のような香りなのです。つまりはバラに対する特別な思い入れのない男性にとって、バラは常に奪い去られる対象でしかないわけなのです。

ミシェル・アルメラックが、他の調香師と一線を画する部分が、この香りにおいて見事に現れています。それは、ミシェルは、香りの原材料をそのイメージに合わせて調香していくのではなく、その原材料の本来の魅力によって香りを調香するスタイルだからなのです。そういう意味においては、ミシェル・アルメラックこそが「バラ泥棒」の主犯なのです。

タニア・サンチェスは『世界香水ガイド』で、「ヴォルール ド ローズ」を「ローズ・パチョリ」と呼び、「以前より私は、ローズの香りを身につけている男性に弱い。イギリス人男性のダンディで優雅なお洒落だ。」「主に濃厚で青々としたパチョリと、ワインのような香りの、これまたワインのような濃いフルーティローズの色をした香水だ。残念なことに、楽しいお酒の香りの導入部分が終わると、カンファーの香りがして、パチョリの薄い香りになってしまう。」と2つ星(5段階評価)の評価をつけています。

香水データ

香水名:ヴォルール ド ローズ(バラ泥棒)
原名:Voleur de Roses
種類:オード・トワレ
ブランド:ラルチザン
調香師:ミシェル・アルメラック
発表年:1993年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/16,000円
販売代理店ホームページ:ベルコスメ


トップノート:プラム、アップル、ベルガモット
ミドルノート:ローズ、パチョリ、サンダルウッド
ラストノート:ベンゾイン、アンバー、ムスク

\ポイント7倍/ラルチザン パフューム ヴォルール ド ローズ オードトワレ 100ml L’ARTISAN PARFUMEUR VOLEUR DE ROSES EDT [0762]

価格:19,759円
(2021/12/4 10:14時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました