オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーンのすべて【1954】中編(2ページ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
オードリー・ヘプバーンのすべて【1954】中編

All About Audrey Hepburn

オードリー・ヘプバーン出演作一覧

オードリー・ヘプバーン出演作一覧の続き

 

オードリーと言えば、ジバンシィと、フェラガモ



the italian shoemaker Salvatore Ferragamo with Audrey Hepburn

オードリー・ルック<1954年>5 シャンタン・ワンピース
  • ソレール・フォンタナのグリーンのシャンタン・ワンピース。ネックラインのカッティングも、ポケットの位置もすごく可愛い、ストライプは黒色
  • イタリアで特注したストローバスケット

『オンディーヌ』のブロードウェイ公演が6月26日に終わり、オードリーは長期休暇に入りました。そして、『ジジ』の脚本家のアニタ・ルース(『紳士は金髪がお好き』の脚本も担当した)の紹介により、1954年8月21日に、イタリア・フィレンツェのスピーニ・フェローニ宮にて、念願のサルヴァトーレ・フェラガモのシューズを作ることになります。

それにしても、このショートカットのヘアスタイルと、ナチュラルメイクに、ワンピースのオードリー・スタイルは、今後二度と再現しない『1954年の奇跡』です。フェラガモと対面した時のオードリーの表情は実に緊張した面持ちで、精悍であり、美女という言葉よりも、美少女という言葉が相応しい不思議な魅力に包まれています。

バカンスはエミリオ・プッチと共に。





オードリー・ルック<1954年>6 バカンスルック
  • 白のニット
  • エミリオ・プッチのショートパンツ、黒と白の格子じまと二つのフェイクポケット、1954年SS

1954年スイスのビュルゲンシュトックにて。オードリーが頭にかぶるそれぞれのアイテムが、珍しく悪趣味です。



ページ:

1

2

カテゴリー一覧

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP