マリリン・モンロー

マリリン・モンロー7 『紳士は金髪がお好き』1 (3ページ)

    作品名:紳士は金髪がお好き Gentlemen Prefer Blondes (1953)
    監督:ハワード・ホークス
    衣装:ウィリアム・トラヴィーラ
    出演者:マリリン・モンロー/ジェーン・ラッセル/チャールズ・コバーン/トミー・ヌーナン



    紳士はブロンドがお好き。淑女はダイヤモンドがお好き。

    1954年フランス初公開時のポスター。

    1953年日本初公開時のポスター。マリリン・モンローではなくマリリン・モンロウなのがとても良い。

    真ん中の紳士は、片眼鏡が印象的なピギー役のチャールズ・コバーン。

    最も有名なマリリンの写真のひとつ。

    マリリン・モンロー(1926-1962)が、ハリウッド・スターの頂点に登り詰めたのは1953年7月から8月にかけて全米で封切された『紳士は金髪がお好き』によってでした。

    この作品によってマリリンは、アメリカのセックス・シンボルになり、あっという間に世界のセックス・シンボルになったのでした。まず最初に、世界中の男性の熱い胸と股間を刺激したマリリンは、その死後、世界中の女性が憧れる存在へと昇華し、21世紀に至り、全人類に対して、〝ダイヤモンドのような永遠の輝きに満ちた女神〟のような存在へと転生するに至ったのです。

    スターという存在が、SNSの存在により軽くなってしまった今(自己発信はスターには不要)、ファッション感度の高い女性にとって、スタイル・アイコンとなる女性の5人としてあげられるのが、オードリー・ヘプバーン、グレース・ケリー、ブリジット・バルドー。カトリーヌ・ドヌーヴ、そして、マリリン・モンローです。

    本作には、マリリンのスタイル・アイコンとしての魅力を決定づける3つのアイコンが登場します。

    1. (歌劇団の)レビュー・スタイル
    2. レッド・スパンコールドレス
    3. そして、ショッキングピンクドレス

    特にショッキングピンクドレスが、マリリン・モンローのイメージに与えた影響は、計り知れません。



    マリリン・モンローのオープニング・ドレス

    赤を着ても、ピンク、緑、青を着ても、どんな色でも似合う人でした。

    スタイル抜群のジェーン・ラッセルに引けをとらない存在感。

    マリリンの魅力。それは女性から見ても感じる可愛らしさ。

    映画公開寸前の1953年5月にLIFE誌の表紙になる。

    休憩中の二人。しかし、ジェーン・ラッセルの脚が長い!

    有名なコカコーラを飲むマリリン・モンロー。

    ブルガリ風のネックレスとバングル。

    マリリンは、必ず私よりも先に撮影所入りして、リハーサルも済ませているのよ。そう、すべてすっかり用意ができているのに、いざ撮影開始となると、怖くなってセットに出られないの。アラン・スナイダー(『モンキービジネス』(1952)以降全てのマリリンのメイクアップを担当し、プライベートにおいても。そして、彼女の葬儀で棺をかついだ)と相談して、ぎりぎりになったら私が迎えに行っていっしょにセット入りすることにしたの。

    ジェーン・ラッセル

    マリリン・モンローは、ついに勝ち取ったスターの座を決定づけるこの作品の撮影において、初めての主役であり、初めてのミュージカル出演ということもあり、極度の緊張の中で撮影に臨んでいました。そんな彼女の状況を知った上でこの作品を見ると、どこかぎこちなく、ビクビクしているマリリンがそこにいることが分かります。そして、そんな彼女が、ある瞬間に、一瞬にして、すさまじい魅惑の雰囲気を醸し出すのです。この豹変の不思議さこそが、マリリン・モンローだけが持っている魅力なのです。



    どこか危なっかしく踊るマリリンが魅力的!

    今では全てのショーガールの憧れの衣裳に・・・

    ドレスの裾に近づくにつれてスパンコールが大きくなる手の込んだデザイン。

    グウェン・ヴァードンが2人の振付けを担当しています。彼女は後のボブ・フォッシーの妻です。

    そして、1956年『くたばれ!ヤンキース』でトニー賞のミュージカル主演女優賞を獲得します。

    ワードローブ・テスト。

    マリリン・モンロー・ルック1  レッド・スパンコールドレス
    • レッド・スパンコールのロングスリーブ・ロングシルクドレス、フロントスリット、腰にダイヤモンドジュエリー、深いⅤ字型のネックライン
    • ダイヤモンド・ネックレス&イヤリング
    • 左手首に蛇タイプのダイヤモンドバングル
    • 白と赤のフェザー&スパンコールヘッドドレス
    • 黒ドットのレッド・オープントゥセパレーテッドパンプス

    赤のスパンコールドレスを着た2人の女優だけが登場するオープニングを見るだけで、50年代のハリウッドの凄さがよく理解できます。衣裳も、音楽も、セットデザインも、そして、振付けまでもが超一流の人々の仕事による空間がそこにはあります。

    そして、これほど派手なドレスを着て踊る女優2人が、女優とファッション・モデルの違いを明確に教えてくれます。非日常的なショーダンサーを女優が演じることによって示すファッションの非日常的な要素は、ファッションショーのランウェイで、非日常的なファッションに身を包み、澄ました表情で歩き去っていく感覚とは全く違うものです。女優だけが、ストーリーの中で非日常的なファッションに真実味を生み出すことが出来るのです。



    ページ:

    1

    2 3

    関連記事

    1. ジェーン・フォンダ3 『バーバレラ』3(2ページ)
    2. オードリー・ヘプバーン23 『おしゃれ泥棒』2(2ページ)
    3. エリザベス・テイラー4 『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』…
    4. モニカ・ヴィッティ1 『太陽はひとりぼっち』1(2ページ)
    5. ローレン・ハットン2 『アメリカン・ジゴロ』6(2ページ)
    6. シルヴァーナ・マンガーノ1 『ベニスに死す』4(4ページ)
    7. エリザベス・テイラー1 『陽のあたる場所』1(2ページ)
    8. グレタ・ガルボ2 『グランド・ホテル』3(2ページ)

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP