その他

ハート・オブ・グラス / ブロンディ

スポンサーリンク

ハート・オブ・グラス Heart of Glass

ブロンディ
1979年 全英米No.1ヒット


ブロンディと言えば、その代表曲は、1979年の「ハート・オブ・グラス(Heart of Glass)」と1980年の「コール・ミー(Call Me)」でしょう。「ハート・オブ・グラス」(全英米No.1ヒット)は、元々、ニューヨークのパンク・バンドだったブロンディ=デボラ・ハリーが、この男と関われば、曲は売れるが、悪魔に魂を売るようなものとまで言われた、独裁的な音楽プロデューサーのマイク・チャップマンによって、ディスコ・バンドかのように仕立て上げられ生み出されたものでした。

CommanderChapman-476x601

独裁的な第二次世界大戦中のパットン将軍のコスプレを披露したマイク・チャップマン。濃い!

マイクは、ブロンディに対して常に高圧的で、スーパーヒットを生み出すためには大衆に媚を売ってナンボの姿勢を貫けと命じました。

「どうせディスコテイストな曲なんだから、完全にディスコにしろ!」という、彼女たちの音楽性を無視した要求に、デボラは、「独裁者め!」と反発しながらも、歯を食いしばりながら生みだしたのがこの曲でした。

それは、1974年ニューヨークで生まれたパンクバンド(ブロンディの名前の由来は、デボラが、トラックの運転手に呼ばれた一言「よぉ!ブロンディ!一発いくらだ?」)が、スタジオ54と思われるディスコで演奏しているその違和感を、シャイニーなアイシャドーが強調されたアツアツメイクのデボラ・ハリーが、半ば人を小バカにしかたのような歌唱スタイル=小悪魔スタイルで吹き飛ばしたのでした。

彼女こそが、70年代のマリリン・モンローであり、ここに1980年代のマドンナとプレイメイト達の原型は誕生したのです。

スポンサーリンク

スティーブン・スプラウスのワンショルダードレス

デボラ・ハリーと言えばこのムードでしょう!レコード盤に舌を突き出し愛撫する姫!

「ハート・オブ・グラス」のPVの中で着ているこのドレスは、スティーブン・スプラウス(1953-2004)によりデザインされました。マーク・ジェイコブスのオファーにより、ルイ・ヴィトン2001年春夏コレクションでコラボした「モノグラム・グラフィティ」は今では伝説です。

デボラ・ハリーとスティーブンがはじめて知り合ったのは、1975年のことでした。後に二人は、イーストヴィレッジの酒屋のロフト・シェアするようになります。以後、デボラ・ハリーの衣装は、彼によって作られます。そして、このシフォン・ドレスにより彼自身も多くのミュージシャンから衣装作成を依頼されるようになったのでした。

スティーブン・スプラウス

UNITED STATES - JANUARY 01: Photo of Debbie HARRY and BLONDIE; Debbie Harry - 'Heart Of Glass' video shoot (Photo by Roberta Bayley/Redferns)

「ハート・オブ・グラス」のPV製作中のフォト。1979年。

ab11d1125fe915454612ac0250be6b7a

ワンショルダードレスにストール。

ブロンディ・ルックの秘密は、70年代初めのファッションモデルのメイクアップのリバイバルにあります。

白人女性にとって彼女が永遠の憧れな理由は、この笑顔の可愛さにあります。

『スカーフェイス』のミシェル・ファイファーのような・・・

動画ではこのように無地に見えるが、実際にはピンストライプのワンショルダードレスです。

もしデボラ・ハリーがナイスボディだったら彼女はファッション・アイコンには成り得なかっただろう。

この衣装の繊細な生地感がよく伝わる写真です。

デボラ・ハリーと言えばこのポーズ!

スポンサーリンク

その他の『ハート・オブ・グラス』










デボラ・ハリーの存在感は、そのスタイルの悪さにあります。160cmはないであろうその身長と幼児体形な肉体に、アンバランスな綺麗なブロンド姉ちゃんルックがのっかかっているのです。

ジゼル・ブンチェンが世界に恥を晒した瞬間。

デボラ・ハリーと、クラブ・カルチャーとは無縁のような4人の文系青年たちのギャップが生み出すブロンディというバンドの奇妙な空気感は、2014年にジゼル・ブンチェンがカバーしたヴァージョン(H&Mのチャリティ・シングル)には、全く存在しませんでした。

ライブハウスで歌ってきた女性のオーラと、スーパーモデルがいきなり格好良く歌を歌うのとでは、その性質が全く違うのです。ただ形だけ格好良く見せるのは、結局は究極のダサさ=「中身のカラッポさ」につながるという実例を示したのでした。

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2019年8月
« 7月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP