究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

『戦争と平和』Vol.4|オードリー・ヘプバーンとリトルブラックドレス

オードリー・ヘプバーン
オードリー・ヘプバーン女を磨くアイコン映画女優
この記事は約7分で読めます。

オードリー・ヘプバーンと夫メル・ファーラー

わたしは13歳のときから自立して、多くの重要な問題を慎重に考えてきましたが、判断を誤ったことは少なかったと思います。自分で物事を考える能力があることをとても誇りに思っています。わたしの判断に逆らって、わたしに何かをさせることは、誰にも、たとえ愛する夫にさえできないのです。

オードリー・ヘプバーン

上のオードリーの発言は、本作公開時に、夫メル・ファーラー(1917-2008)が、彼女の仕事を完全にコントロールしており、まるで操り人形のように、大スターの妻を利用して、アンドレイ役を獲得したという風評に対してのものです。

そういった見解が全くの中傷だったことは、その後のオードリーの主演作が示しています(この後に二人が共演したのは、1957年のテレビ映画『マイヤーリング』のみ)。

本作の中の、オードリー・ヘプバーンとメル・ファーラー。

スポンサーリンク

ナターシャのファッション9

グリーンストライプ・ドレス
グリーンストライプのドレス、首元にはオーガンジー、スクエアカット、パフスリーブ

パフスリーブとロングスカートのバランスが絶妙です。

オードリーの美しい首筋がさらに際立つネックラインのオーガンジー。

正面から見たドレスのシルエット。

ヘアスタイルのテスト写真。

スポンサーリンク

ナターシャのファッション10

ダークブラウンドレス
  • ボールショルダーのダークブラウンドレス、チャイナボタン、スタンドカラー
  • ダークブラウンの手袋
  • ダークブラウンのピルボックスハット、ピンクのシフォンリボン

隠れた逸品ともいえるのが、このオールダークブラウンのドレスです。20代のオードリーの野性の小鹿のような魅力を引き出しています。アンドレイの父と妹の失礼な対応に対して、怒りを抑えるオードリーの表情がとても凛々しく、そして、気高く美しいのです。

本作の衣裳デザイナーであるマリア・デ・マッテイス(1898-1988)について、少し語らせて戴きます。イタリアの舞台及び映画の衣裳デザイナーである彼女は、本作においてアカデミー衣装デザイン賞カラー部門にノミネートされました。

『天地創造』(1966)などの歴史劇を得意とする彼女は、1970年に『ワーテルロー』にて再びナポレオンの衣裳を担当しました。




スポンサーリンク

ナターシャのファッション11

グレー・シュミーズドレス
  • グレーのシュミーズドレス、パフスリーブ、ハイウエスト
  • ネックレスとバングル
  • ヘッドアクセ
  • グレーのオーガンジーロンググローブ

黒とグレーの着こなしがとても上手なのがオードリー・スタイルの特徴です。そして、これらのファッションの時には、オードリーはほとんどアクセサリーをつけません。

しかし、社交界にデビューしたばかりの洗練されていないお嬢様という役柄上、このドレスにおいてのみ、オードリーはごてごてにアクセサリーをつけています。

センスの良い女性には、女たらしは近づいてきません。女たらしが、女性に対してまずすることは、その女性の隙を見つけることです。アナトーリーがナターシャを見る目はまさにそういう目つきでした。

役柄を反映した、本作中最も洗練されていないオードリーらしからぬファッション。

そして、そういった野暮ったい服装の美女を女たらしは逃しません。

たくさんのアクセサリーをつけると女性は野暮ったくなります。

デコルテの美しい女性にこのネックレスはいただけません。

女たらしとは、自信のない美女を見抜く才能のある人のことを言います。

自分でメイクを直すオードリー。

ボツになったヘアスタイル。

スポンサーリンク

ナターシャのファッション12(リトルブラックドレス)

リトルブラックドレス
  • 厳密にはリトル・ダークグリーン・ドレス、スクエア・カット、コットンベルベット
  • ティアラ

そして、黒を着るオードリー、アクセサリーはティアラ以外全くなし。これこそ、オードリースタイルの真骨頂です。その美しい首筋とデコルテ自体が最上級のアクセサリーであり、どんな宝石も不要なのです。

厳密に言うとダークグリーンのベルベットドレスです。

ネックラインとロングスリーブのバランスが映えるベルベット生地。

改めて見ると、すごいティアラです。

オードリーには、この美しいデコルテがあります。

ネックラインを丹念に縫い、最終調整を怠らない衣装係。

あらゆる女性の心を掴むオードリーの横からのシルエット。長い首と小さな顔。そして、素晴らしいドレス。

斜めからのシルエットも美しい。

ぱっつんがとても可愛いです。

オードリーのみが持つこのシルエット。

作品データ

作品名:戦争と平和 War and Peace (1956)
監督:キング・ヴィダー
衣装:マリア・デ・マッテイス
出演者:オードリー・ヘプバーン/アニタ・エクバーグ/ヘンリー・フォンダ/メル・ファーラー/ヴィットリオ・ガスマン/ハーバート・ロム/ジェレミー・ブレット

タイトルとURLをコピーしました