オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーン45 『戦争と平和』3(2ページ)

    作品名:戦争と平和 War and Peace (1956)
    監督:キング・ヴィダー
    衣装:マリア・デ・マッテイス
    出演者:オードリー・ヘプバーン/アニタ・エクバーグ/ヘンリー・フォンダ/メル・ファーラー/ヴィットリオ・ガスマン/ハーバート・ロム/ジェレミー・ブレット



    シノワズリなイエローナイトガウン

    実にオードリーらしい小っ恥ずかしくなる愛の告白シーン。

    18世紀初めロシアにおいてもシノワズリが流行していました。

    バルコニーの草木模様も実に美しい。

    ナターシャ・ルック7 中国風ドレス
    • チャイナボタンがついたジャガード織りのロングガウン

    この作品は、今でこそ日本では知名度の低いオードリー・ヘプバーンの主演作『緑の館』(1959)と『許されざる者』(1960)に並び立つ存在になっていますが、公開当時、日本では1956年度の配給収入の第4位(1位『任侠清水港』、2位『ジャイアンツ』、3位『海底二万哩』)を記録し、50年代から70年代にかけてオードリー・ヘプバーンの代表作の一つでした。

    全米興行収入においても、7位(1位『十戒』、2位『80日間世界一周』、3位『ジャイアンツ』)でした。ちなみに、オードリーの作品で全米興行収入がベストテンに入ったのは、本作以外、『ローマの休日』(1953年、7位)、『尼僧物語』(1959年、10位)、『シャレード』(1963年、9位)、『マイ・フェア・レディ』(1964年、2位)の全5作品のみです。



    『戦争と平和』のハイライト・シーン

    バレエダンサーとしての教育を受けていたオードリーならではの軽やかなステップ。

    16世紀に日本から西欧に渡った扇子。スペイン扇子という名で、18世紀にもヨーロッパ全土で大流行。

    監督のキング・ヴィダーとメル・ファーラーとオードリー。

    当時ハイウエストなドレスが大流行しました。

    トランプをするヘンリー・フォンダとオードリーとメル・ファーラー。

    このヘアスタイルは本当に可愛らしく、それでいて気品もあります。

    素晴らしいドレープを描くシュミーズドレス。

    舞踏会のダンス・シーンは圧巻です。

    ヘアメイクのテスト写真。横顔のオードリーの美しさ。

    舞踏会の踊りの振り付けを練習するオードリー。

    現存するオリジナル・ドレス。

    ナターシャ・ルック8 舞踏会用シュミーズ・ドレス
    • スクエア・カットのシュミーズドレス
    • 白のスペイン扇子
    • 白のロンググローブ
    • アクセサリーは、頭にティアラとダイヤモンドのイヤリングのみ

    このシーンの写真は、特に日本のウエディング会社に人気のある写真の一つです。そして、オードリーとメル・ファーラーが踊る写真の下には、決まってこの一文が挿入されています。「二人はこの作品で共演し、結婚しました」と。それは全くのデタラメなのですが、そういたデタラメさえも、真実味を帯びさせてしまうのが、オードリー・ヘプバーンという女優の魅力なのです。

    結婚というセレモニーに最も相応しいアイコンとして、オードリー・ヘプバーンが選ばれる理由が、この舞踏会のシーンを見ればしっくりとくるはずです。



    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. オードリー・ヘプバーン10 『ティファニーで朝食を』1(4ページ…
    2. ミッシェル・リー/カレン・モク3 『天使の涙』3(3ページ)
    3. フェイ・ダナウェイ1 『俺たちに明日はない』1(3ページ)
    4. グレース・ケリー6 『ダイヤルMを廻せ!』1(2ページ)
    5. ジーン・セバーグ2 『勝手にしやがれ』2(4ページ)
    6. ジョーン・クロフォード1 『グランド・ホテル』1(4ページ)
    7. グレース・ケリー4 『裏窓』1(2ページ)
    8. オードリー・ヘプバーン46 『戦争と平和』4(2ページ)

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP