クリスティーヌ・ナジェル

ジョー・マローン・ロンドンの香水の全て〔2018年9月更新〕(3ページ)

    ジョー・マローン・ロンドンの香水の全て
    All About Jo Malone London
    ジョー・マローン・ロンドンの香水一覧



    ジョー・マローン・ロンドンの創始者ジョー・マローン

    ロンドンの中流階級の主婦が創始者です。

    ジョー・マローン・ロンドンは、2018年9月現在において、すっかり日本の香水文化の牽引力となっています。少なくとも2008年まで、ひとつのブランドだけを販売するフレグランス・ブランドが百貨店に店舗を構えることなど考えられないことでした。そんな現状を打ち破ったのが、このブランドの功績です。それは、コスメ販売のついでにフレグランスの説明もしている感覚のビューティ・アドバイザーたちの意識も変えていくきっかけになったのでした。

    その歴史は、ロンドンの中流階級の主婦(決して美魔女の趣味によって生み出されたものではなく、美容を生業とする日々の生活の中から生み出されたもの)であり、プロのフェイシャリストであるジョー・マローンという女性によって誕生しました。彼女が、顧客へのプレゼントとして作り出したのが、〝相反する素材を合わせてみたらどんな香り〟になるのだろう?という発想で生み出されたナツメグ&ジンジャー・バスオイルでした。この自家製バスオイルが、90年代に英国で最も有名なフレグランス・ブランドの始まりになったのです。

    1994年から2006年にかけて生み出されたジョー・マローン・ロンドンの作品は、ジョー・マローン自身による香りです。1999年に、ジョーはロンドンに旗艦店を作り、同年、エスティローダーに自分のブランドを売りました。以後も、ジョーは、クリエイティヴ・ディレクターとしてブランドに残りました。しかし、2003年にジョーの人生は急転降下することになります。彼女は乳癌になってしまったのです。エスティローダーは彼女のために最高の医療技術を提供しました。そして、科学治療を行い、回復し、仕事に復帰するも、2006年にジョーは、クリエイティブ・ディレクターを辞める事を決意しました。



    そして、セリーヌ・ルーとクリスティーヌ・ナジェル

    現在のジョー・マローン・ロンドンの仕掛け人は、セリーヌ・ルー(左)とクリスティーヌ・ナジェル(右)。

    2009年3月、フランス人のセリーヌ・ルーという女性が、ジョー・マローン・ロンドンのクリエイティブ・ディレクターになりました。丁度その1年前の2008年9月3日にジョー・マローン・ロンドンは、東京・新宿の伊勢丹に上陸していました。以後、1年後に丸の内に日本初の路面店、さらに2016年には表参道ヒルズに路面店をオープンしたのでした(現在全国23店舗に拡大)。その時に、〝フレグランス・コンバイニング〟という概念でのブランディングを考えたのがセリーヌでした。

    セリーヌ自身は調香師ではありません。彼女は、元々ディオールエスティローダーのメイクアップ部門で働いていました。南フランスで生まれた彼女の祖父は花の輸入業をしていました。グラースで生まれ育ったわけでもないセリーヌは、ロンドンのフラワー・マーケットなどで精油を購入し、成分の勉強を一から独学で行いました。それはちょうどジョー・マローンと同じようでした。

    「現在、ジョー・マローン・ロンドンのフレグランスを作る調香師たちは、イギリス人ではありません。しかし、彼らがクリエイトするときには必ずイギリスに滞在してもらいます。私もフランス人ですが、ロンドンに住んでいます。外国人だからこそ、より敏感に感じ取れる英国の魅力を、自分の目と鼻で感じ、フレグランスに反映させることが出来るのです。」

    そして、クリスティーヌ・ナジェルの光臨と相成ります。2010年から2014年の間に彼女がセリーヌと二人三脚で生み出した香りは、迷走していたジョー・マローン・ロンドンの立て直しの一翼を担いました。以後、クリスティーヌは、エルメスの二代目専属調香師に就任するまで、ジョー・マローン・ロンドンで数々の傑作を生み出すことになるのでした。

    2011年4月29日にウィリアム英国王子とキャサリン妃のロイヤル・ウエディングにて、ウェストミンスター寺院のキャンドルに、キャサリン妃のリクエストにより、「オレンジ・ブロッサム」キャンドルが使用されました(そして、一部に「グレープフルーツ」と「ライム・バジル&マンダリン」を配して。コンバイン効果を生み出しました)。さらに、ゲスト用のトイレには、「オレンジ・ブロッサム」のハンドソープとローションが置かれていました。このことにより、ジョー・マローン・ロンドンの名は更に世界的な認知度を高めました。

    以後、日本においても、着々と店舗を拡大させ、ジョー・マローン・ロンドンは、順調にブランディングを高めています。ただひとつ、不安要因があるとすれば、それは販売員の雇用とトレーニングが追いついていない点です。最近のジョー・マローンの販売員の多くは、以下の点が疎かです。

    1. フレグランスの歴史に対する敬意
    2. 他のブランドのフレグランスに対する知識
    3. 調香師のフィロソフィーに対する認識

    日本の香水文化を牽引するブランドのひとつになった今、顧客層も、より高い香水IQを持つ人々となっていくことでしょう。だからこそ、販売員が香水の歴史と芸術性をお客様に対して示していかなければ、拡大した店舗に対する利益の回収はままならないものになるでしょう。なぜならば、ジョー・マローン・ロンドンのフレグランス自体はどれも生活を豊かにしてくれる素晴らしい香りの数々なのだから。



    ページ:

    1

    2 3

    関連記事

    1. ベーゼ・ヴォレ (マチルド・ローラン)
    2. 31 リュ・カンボン (ジャック・ポルジュ)
    3. オンブレレザー16/ホワイトスエード/ヴェールボエム/ヴェールダ…
    4. ブライト・クリスタル (アルベルト・モリヤス)
    5. ポメグラネート・ノアール・コロン (ビバリー・ベイン)
    6. エス・パフューム (アルベルト・モリヤス)
    7. ラブストーリー (アン・フリッポ)
    8. ウーロンティー・コロン (セルジュ・マジョリエール)

    このページに関連した記事一覧

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP