オリヴィエ・ポルジュ

ボーイ・シャネル (オリヴィエ・ポルジュ)

スポンサーリンク

香水名:ボーイ・シャネル Boy Chanel オード・パルファム
ブランド:シャネル
調香師:オリヴィエ・ポルジュ
発表年:2016年
対象性別:ユニセックス
価格:75ml/25,000円、200ml/46,000円
公式ホームページ:シャネル

シャネル CHANEL レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル ボーイ シャネル オードゥ パルファム 1.5ml アトマイザー お試し 香水 レディース 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:700円
(2019/6/12 20:35時点)
感想(0件)


調香師オリヴィエ・ポルジュ。


トップノート:グレープフルーツ、ラベンダー、レモン
ミドルノート:ゼラニウム、オレンジ・ブロッサム、ローズ
ラストノート:クマリン、ヘリオトロープ、サンダルウッド、バニラ、モス、ホワイト・ムスク

私は「ボーイ・シャネル」を創るとき、ユニセックス・フレグランスを創ろうとは考えませんでした。より男性的な香りを創り、それを女性が身に纏うとよりステキになるはずだと考えられる香りを創ったのです。

オリヴィエ・ポルジュ

2007年にシャネルのプレステージ・コレクションとして「レ・ゼクスクルジフ・ドゥ・シャネル」がスタートしました。16番目にして、ついに登場した「ボーイ・シャネル」の誕生と相成ります。

ココ・シャネル(1883-1971)にとって運命の男性だったアーサー・〝ボーイ〟・カペル(1881-1919)の名を冠するアイテムを,シャネル社が生み出す時、それは天に召されたココ・シャネルに対して、ガッカリさせるような代物を万に一つの確率であっても創造してはいけないという重い十字架を背負わされることになります。

かつて、2011年にルージュ・ココシャイン(リップスティック)#54ボーイと、2012年からはハンドバッグ・シリーズとしてボーイ・シャネルが販売され、どちらも大好評を得ました。

1913年に、ボーイ・カペルの援助によりシャネルは2号店をドーヴィルに出した。

ボーイ・カペル、1911年。ネット上の彼とシャネルと称される写真は、ほとんど間違った情報です。

私は、ボーイから漂う、革、馬、森、革磨き石鹸の匂いが好きだった。

ココ・シャネル

ココ・シャネルにとって、1909年のボーイ・カペルとの出会いはまさに運命の出会いでした。それはファッション・デザイナーとして自立するきっかけにもなりました。シャネルが1910年にパリ1区カンボン通り21番地にオープンした、「シャネル・モード」という名の帽子専門店(第1号店)に出資した人こそボーイだったのです。そして、1913年に、彼の出資により、週末にはパリからの訪問客で賑わうリゾート地ドーヴィルに二号店を開店しました。

さらに、1916年、初コレクションでジャージー・ドレスを発表し、シャネルは大成功を収めるのでした。1918年にボーイは、上流階級の娘と結婚するも、1919年12月22日にシャネルとのクリスマス休暇を楽しむために、彼女のもとへ向かう途中に、オートバイ事故で死亡しました。

ボーイからシャネルが受けた影響は計り知れません。オススメの詩や哲学などを自ら書いたノートを贈られ、孤児院育ちのシャネルに教養とエレガンスを教えてくれたのもボーイでした。そして、彼のメンズ・ウェアをヒントに、女性のファッションに対する革新の糸口を見つけもしたのでした。そんなボーイとの9年間の日々は、ココ・シャネルが覚醒する日々だったのです。

シャネルのために、白い花をいつも贈っていたというボーイ・カペルとココ・シャネルの名をひとつにした「ボーイ・シャネル」は2016年に発売されました。2015年にシャネルの4代目専属調香師に就任したオリヴィエ・ポルジュによる2作目であり、アロマティック・フゼアの香りです。男性の香りであるフゼアを、女性にとっても身に纏いたくなる、人生に覚醒と革新をもたらす香りとして創造されました。まさにラブ・イズ・ア・バトルフィールドの香りです。

ネロリ、グレープフルーツ、そして、男性の香りによく使用されるラベンダーの爽やかに弾けるトップノートから、ミントやローズを感じさせるグラース近くのペゴマ産のローズ・ゼラニウムの優雅な甘さ、ラストには、サンダルウッド、ヘリオトロープの包みこむようなあたたかさが、クロスジェンダー的感覚を湧き起らせてくれます。

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2019年8月
« 7月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP