究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【シャネル】コロマンデル(ジャック・ポルジュ/クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
©CHANEL
クリストファー・シェルドレイクシャネルジャック・ポルジュブランド調香師香りの美学
この記事は約6分で読めます。

コロマンデル

原名:Coromandel
種類:オード・パルファム
ブランド:シャネル
調香師:ジャック・ポルジュクリストファー・シェルドレイク
発表年:2007年(2016年)
対象性別:ユニセックス
価格:75ml/27,500円、200ml/50,600円
公式ホームページ:シャネル

シャネル CHANEL レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル コロマンデル オードゥ パルファム 1.5ml アトマイザー お試し 香水 レディース 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:900円
(2020/4/12 13:26時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

ココ・シャネルが愛したコロマンデル屏風

ココ・シャネルが最も愛した室内装飾品。それがコロマンデル屏風でした。©CHANEL

シャネルはコロマンデル屏風のコレクションを32双収集していました。©CHANEL

2007年にシャネルのプレステージ・コレクションとして「レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル」がスタートしました。その最初の10種類の香りのひとつとして「コロマンデル」(オード・トワレ)が、シャネルの3代目専属調香師ジャック・ポルジュクリストファー・シェルドレイクによって調香されました。

ココ・シャネル(1883-1971)は、生前にリッツ・パリの3階のスイートと、そこから数十メートル離れたカンボン通りのアパルトマンの二箇所に住居を構えていました。

自身がデザインする洋服においては、派手な装飾を嫌い、慎み深いエレガンスの創造を標榜していた彼女が、最も愛していたインテリア・デザインのひとつがコロマンデル屏風(中国風のラッカー塗装された屏風。その漆技法は明朝(1368-1644)末期に中国内陸部の湖南省で生まれたもの)でした。

コロマンデル屏風に囲まれたココ・シャネルのアパルトメント。

私は18歳のころから、中国の屏風(スクリーン)を愛していました。はじめて中国の美術品を扱っているお店で、コロマンデル屏風を見たとき、失神してしまいそうなほど幸せいっぱいな気分に満たされました。そして、何も考えずに即決で購入しました。

ココ・シャネル

彼女は、コロマンデル屏風のコレクションを32双収集していました。そして、カンボン通りのアパルトマンには、そのうちの8双のコロマンデル屏風が部屋一面に飾られていました。

その豪華絢爛たる、一見するとシャネルの精神とは、かけ離れた芸術様式からインスパイアされた香りそれが「コロマンデル」なのです。

スポンサーリンク

鼻と肌の間で、十変化するパチョリ

4枚の写真全てが1937年のココ・シャネルです。©CHANEL

つまり54歳のココ・シャネル。ナチス・ドイツによりパリが陥落する3年前の写真です。©CHANEL

自分の鼻が、この香りが乗る自分の肌に達する短い道のりの間に、十人のパチョリを見ることが出来ると言うくらいに、「コロマンデル」は、パチョリの香料としての魅力を最大限に引き出すことに成功した、力強くもリッチなオリエンタルの香りです。

そんな飼いならせないからこそ、最も美しいパチョリは、まさにココ・シャネルの存在そのものとも言えます。

「コロマンデル」は、ビター・オレンジとベルガモットが爆発する中、落下傘のような砂糖の雨に降られ、差し込むセージのきらめきと共に、ラッカーのような香りからはじまります。

パチョリは早くも存在を示し、甘いシトラスシャワーの中に、ベチバーとサンダルウッド、アンバーを呼び込んでゆきます。

甘くもアンバー調のウッディな香りの背景にフランキンセンスが厳かな空気を生み出します。絶えず琥珀色の輝きで照らされるように、パウダリーなアイリスと共に、ローズとジャスミンがパチョリのアーシィーかつホワイト・チョコレートのような香ばしさを引き立たせていきます。

パチョリは、だんだんとコロマンデル屏風の色彩と同じように、言葉では形容しがたい領域の〝年を重ねたもののみが生み出せるエレガンス〟を香りにより体現してゆきます。

そして、スモーキーなフランキンセンスとベンゾインのヴェールに包まれ、アンバーとパチョリがビタースウィートな温かさを生み出していく中で、〝神の国がもし甘かったなら、こんな香りがするのかしら〟と言わんばかりに、浮遊感を与えるバニラパウダーにより、天に向かって昇華するような感覚と共にパチョリは真っ白に燃え尽きてゆくのです。

2016年9月には、オード・パルファム・ヴァージョンが発売され、これが現行品となっています。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「コロマンデル」を「パウダリーパチョリ」と呼び、「2007年初頭にシャネルが発表した6つの新作の中で、クリストファー・シェルドレイクの特徴が明らかにいちばん多く感じられるのがこれ。20年間をクエスト社で過ごし、主にセルジュ・ルタンスの画期的な作品群を作り出した後、母校のシャネルに最近戻ってきた。」

「ゲランを初めとして誰もが彼に足並みをそろえ、模倣という最高の賛辞を贈ったことは、たいそう楽しかったに違いない。私の中ではこのコロマンデルは、「ボルネオ1834」をシャネルの規範の中で再解釈したものと思われる。」

「控えめで、より豊かで、飽和してしまわず、オリエンタル調が抑えられている。パチョリがふんだんに使われているので、「インドの蛾」が一マイル以内には寄りつけないようになっているが、どんな調香師でもまねしたいと思うような方法で、奔放な土臭さに陥らないよう作られている。粉のホワイトチョコレートがあれば、コロマンデルのような香りだろう。すばらしい。」と4つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:コロマンデル
原名:Coromandel
種類:オード・パルファム
ブランド:シャネル
調香師:ジャック・ポルジュ、クリストファー・シェルドレイク
発表年:2007年(2016年)
対象性別:ユニセックス
価格:75ml/27,500円、200ml/50,600円
公式ホームページ:シャネル


トップノート:シトラス類、ネロリ、ビター・オレンジ
ミドルノート:ジャスミン、ローズ、パチョリ、ニオイイリスの根茎
ラストノート:フランキンセンス、ベンゾイン、アンバー、ウッディ・ノーツ、ムスク、オリバナム(フランキンセンス)、ホワイト・チョコレート

香水 レディース シャネル CHANEL コロマンデル「チューブサンプル」COROMANDEL EDP 1.5ml フレグランス ギフト あす楽

価格:1,480円
(2022/7/6 11:14時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました