オリヴィエ・ポルジュ

ミシア (オリヴィエ・ポルジュ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

香水名:ミシア Misia オード・パルファム
ブランド:シャネル
調香師:オリヴィエ・ポルジュ
発表年:2015年
対象性別:女性
価格:75ml/25,000円、200ml/46,000円
公式ホームページ:シャネル

シャネル CHANEL レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル ミシア オードゥ パルファム 1.5ml アトマイザー お試し 香水 レディース 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:700円
(2019/6/12 20:33時点)
感想(0件)





トップノート:アルデヒド、ライチ
ミドルノート:ターキッシュ・ローズ、グラース・ローズ、ラズベリー、ピーチ
ラストノート:レザー、トンカビーン、ニオイ・イリスの根茎、ヴァイオレット、ラオス産ベンゾイン、バニラ

この香りは、私のはじめてのシャネルです。

ミシア・セールという女性との出会いは、ガブリエル・シャネルの人生にとってのターニング・ポイントでした。ミシアによって、シャネルには、たくさんの新しい道が開けたのでした。「ミシア」は、そんな彼女の名から付けられた香水です。しかし、私は、ミシア・セールという女性そのものを香りとして捉えようとはしませんでした。

シャネルがミシアによってもたらされた匂いを捉えることによって、成功の香りを生み出そうとしたのです。だからこそ、シャネルが衣裳デザインをしたバレエ・リュス(ミシアがスポンサーであり、このバレエ団に芸術性と、過度なメイクアップと、衣裳センスを持ち込んだ人)の舞台裏の空気とバレリーナたちのメイクアップの香りを私は選びました。

オリヴィエ・ポルジュ

2007年にシャネルのプレステージ・コレクションとして「レ・ゼクスクルジフ・ドゥ・シャネル」がスタートしました。2015年3月に、ココ・シャネルの親友ミシア・セールの名をとった15番目の香り「ミシア」が発売されました。

「ラグジュアリーな心地よさと謎めいた魅力に満たされる香り」と発表されたローズ×ヴァイオレット(スミレ)の香りは、1978年からシャネルの3代目専属調香師を務めたジャック・ポルジュの息子であり4代目専属調香師オリヴィエ・ポルジュによるはじめてのシャネルです。

私の愛して止まないフレグランスの一つにシャネルの「n°19」があります。ニオイ・イリスの根茎は、フローラル、パウダリー、ウッディーの三つの香りを同時に表現できます。「ミシア」にはイリスのパウダリー・ローズな一面が含まれています。

オリヴィエ・ポルジュ

ヴェニスのミシア・セール。

ミシア・セール(1872-1950)は、ピアニストであり、20世紀初頭の芸術家のパトロンでした。フランツ・リストを友人に持つ一家の環境の中で、音楽の英才教育を受け、10代にはガブリエル・フォーレからピアノ・レッスンを定期的に受けました。マルセル・プルースト、クロード・モネ、ルノワール、ドビュッシー、アンドレ・ジッドらと親交を深める。

1905年にフランスの新聞王の妻となり、芸術家のパトロンとなります。20世紀前半のフランスの芸術家の多くは、彼女の保護を受けました。1917年からココ・シャネルとも深い親交関係を持ち、1919年12月22日にボーイ・カペルが事故死した時に、もっともシャネルを励ましたのが、彼女でした。

ミシアは「シャネルの天才、致命的な機知、皮肉、狂気の破壊性がすべての人々の興味をそそり、驚かせる」を大変評価していたのです。そして、支援していたバレエ・リュスの主催者であるセルゲイ・ディアギレフも紹介しました。1924年には、『青汽車』の衣裳をシャネルが担当することになります(脚本:ジャン・コクトー、カーテン・デザイン:パブロ・ピカソ)。

香りの全てに、20世紀初頭にガルニエ宮で公演されていた、ある日のバレエ・リュスの公演風景が投影されています。真紅の口紅と真珠と羽飾りで飾り立て高揚する観客たち、楽器をチューニングする奏者たち、全身くまなくメイクアップされたバレリーナたち、赤のベルベットのカーテンの裏でウォーミングアップするその姿。そういったものから生み出される匂いのすべてです。

ローズ・ドゥ・メイ(グラース産のローズ)とターキッシュ・ローズをバイオレット(スミレ)に包み込むことによって、口紅を連想させ、ベンゾインがメイクアップのパウダーを連想させます。

オリヴィエ・ポルジュ

まさにモイラ・シアラーの『赤い靴』(1948)を見ているような躍動感と、現代にはない華やかさを感じさせる香りです。〝成功の香り〟とは、過去に対する探究心からのみ生み出されるのではないだろうか?そして、その一つが芸術を知る心なのではないだろうか?アイリス、サンダルウッド、ローズというシャネルの香りの古典的な成分を使い表現された、SNSの奴隷になっている現代人に捧げられたパンドラの香りです。



カテゴリー一覧

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP