シャネル

ラ パウザ (ジャック・ポルジュ/フランソワ・ドゥマシー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

香水名:ラ パウザ La Pausa オード・パルファム
ブランド:シャネル
調香師:ジャック・ポルジュ、フランソワ・ドゥマシー
発表年:2016年
対象性別:女性
価格:75ml/25,000円、200ml/46,000円
公式ホームページ:シャネル

シャネル CHANEL レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル ラ パウザ オードゥ パルファム 1.5ml アトマイザー お試し 香水 レディース 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:700円
(2019/6/12 20:29時点)
感想(0件)


★★★★☆ ウッディアイリス

アイリスルート(根)というのは、シャネルのフレグランスに共通する主題だが、理由は単純だ。香りはすばらしく、値段は恐ろしく高く、どんな香りにも確かな贅沢さを加えることができる。「キュイール・ド・ルシー」「No.18」「No.19」「31 リュ・カンボン」なども同様に強いアイリスの香りがする。28 ラパウザは個性的で洗練されたベチバーのドライダウンが現れるまでは、ほとんどアイリスルートの香りだ。それから後はパンの香りからトリュフまで、ウッディ・バイオレットやパウダリーなレザーを経由して、アイリスの豊かさをゆっくりと楽しめる。もしアイリスにこだわるなら、ほとんど天然の香りで調香されたこの愛らしい香水か、モーリス・ルーセルの魅力あふれる天衣無縫な半合成「アイリス・シルバーミスト」(セルジュ・ルタンス)のどちらかだ。― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

シングルノート:アイリス、ピンクペッパー、レザー、グリーン・ノーツ、ウッディ・ノーツ、ベチバー

2007年にシャネルのプレステージ・コレクションとして「レ・ゼクスクルジフ・ドゥ・シャネル」がスタートしました。最初の10種類の香りのひとつとして、2007年にオード・トワレとして「28 ラ パウザ」が、シャネルの3代目専属調香師ジャック・ポルジュフランソワ・ドゥマシーの調香により発売されました。

1928年にココ・シャネルが購入した別荘ラ パウザ。

モーリス・ラヴェルが「マ・メール・ロワ」を献呈したゴデブスキ夫妻とココ・シャネル。ラ パウザのベッドルームにて。

ココ・シャネル、ラ パウザにて。1938年。

「ラ パウザ」とは、ココ・シャネルが1928年9月30日に購入したコート・ダジュールにあるロクブリュヌ=カップ=マルタンの別荘の名前です。1930年1月に完成したラ パウザは、シャネルが幼少期を過ごしたオバジーヌ修道院から影響を受けた造りです。そして、月日は流れ、1953年に、ウェストミンスター公爵が死に、シャネルは、二人の想い出の残るラ パウザを、翌年売却しました。

71歳にして「時は来た」のでした。シャネルは、パリのリッツの自室と、パリのカンボン通りの一号店のアトリエだけを手元に残し、最後の戦いに乗り出したのでした。

あなたが家を出る前にもう一度だけ鏡を見ましょう。そして、さらにひとつ何かを取り除くのです・・・

ココ・シャネル

ファッションにおけるエレガンスの極意についての彼女の言葉なのですが、ココ・シャネル個人が、21世紀に入ってもなお、世界中の女性から愛されている理由は、この清々しさにあるのではないでしょうか?

アイリスの希少な品種であるパリダを3年かけて自社栽培し、その後さらに3年かけて乾燥させた花の根からわずかに得られるアイリス・アブソリュート。その優しいパウダリーノートとウッディノートの二面性を、天空に舞うが如く、ひんやりとした清涼感によって、シャネルの生き様とオーバーラップさせた香りです。アイリスに寄り添うのは、僅かにピンクペッパーとベチバーのみ。

2016年9月には、オード・パルファム・ヴァージョンが発売され、これが現行品となっています。しかし、オード・トワレ・ヴァージョンに存在したアイリスの儚さは、すっかり失われています。そこから、漂うのは、ココ・シャネルの死後、シャネルを包み込んだ、商業主義的な、わかり易さと凡庸さの皮肉です。



カテゴリー一覧

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP