エルメス

【エルメス】庭園のフレグランスの全て

エルメス 庭園のフレグランスの全て

All about Jardin
公式ホームページ

エルメス 庭園のフレグランス アトマイザー 選べる3本セット 各1.5mlHERMES 香水 メンズ レディース ユニセックス 【メール便送料無料】

価格:1,700円
(2019/6/12 07:31時点)
感想(18件)



エルメスのフレグランスを再興した男と言っても差し支えのないジャン=クロード・エレナ(2004年にエルメスの専属調香師に就任)が、エルメスという優雅なる旅にゆかりのあるブランドのイメージを生かし、世界各地の庭園をイメージし、創造した5つの香り。それは庭園シリーズと言うよりも、大紀行シリーズと呼ぶ方がしっくりするのかもしれません。

全作品に共通しているのは、独特な透明感と瑞々しさであり、ゲランのアクア・アレゴリアのように香水文化の根付いていないアジア圏をターゲットにした〝香害認定されにくい〟フレグランス。

エルメスのフレグランスの入門書でありながら、それでいてフレグランス・フリークにとっても最終的に戻ってくる奥の深さがあるそれぞれの香り。

エレナが自著の中で、色々な香水製造会社についてその特徴を列挙しているのですが、その中で、エルメスについての文章が実にエルメスの本質を突いていて分かり易い。「フランス的ラグジュアリーの頂点。モードのメゾンではなく・・・長持ちするものをつくる精神を忘れない。」

新しい創造とはいえない香水がつぎつぎと洪水のように現われ、似たような広告(しかもしばしば同じひとりのモデルが複数のブランドの顔になっている)が、うんざりするほど繰り返される。顧客は消費者として扱われるだけである。こうした状況では顧客は、香水に夢、アイデンティティー、快楽を見つけることができず、ほかの製品、ほかの夢の領域へと向かってしまう。

ジャン=クロード・エレナ

2003年に当時のエルメスの香水部門の責任者ヴェロニク・ゴティエ(現ロレアル・グループのアルマーニ・ビューティーの最高責任者)と、エルメスの専属調香師に就任したばかりのジャン=クロード・エレナが、エルメスのフレグランスの再興を狙い生み出したのが〝庭園のフレグランス〟第一弾「地中海の庭」です。

「庭園」シリーズがスタートする前のエルメスは、香水のためにエルメスの10倍以上の予算を割いているシャネルの香水事業に憧憬の念を抱いていました。そして、2003年「地中海の庭」が発売され、セールスが快調な中、矢継ぎ早に第二弾を発売することが決定しました。ヴェロニクは、「庭園」シリーズ第二弾として、当初は「アマゾンの庭」で考えていました。しかし、それが「ガンジスの庭」になり、最終的に「ナイルの庭」に決定しました。そして、第六弾まで発売する人気シリーズとなり、今に至ります。

間違いなくこの中で、日本人に好まれる香りは、「ナイルの香り」か「屋根の上の香り」でしょう。特にフレグランスに興味を持ち始めた人が、出会えば、相当幸運な香り。例えるならば、20代はじめに、良質なものを知る知性的な中年男性と恋愛する幸運に恵まれるようなもの。

庭園シリーズ全6作

2019年


ラグーナの庭

2015年


李氏の庭

2011年


屋根の上の庭

2008年


モンスーンの庭

2005年


ナイルの庭

2003年


地中海の庭

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP