究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ペリス モンテカルロ】ジャスマン ドゥ ペイ(ジャスミンの国)(ジャン=クロード・エレナ)

その他
その他ジャン=クロード・エレナブランド調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

ジャスマン ドゥ ペイ(ジャスミンの国)

原名:Jasmin De Pays
種類:オード・パルファム
ブランド:ペリス・モンテカルロ
調香師:ジャン=クロード・エレナ
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/17,600円、100ml/27,500円
販売代理店ホームページ:NOSE SHOP

スポンサーリンク

ジャン=クロード・エレナの大自然のアルバム【ジャスミン編】

©Perris Monte Carlo

2018年に〝 グラース地域における香水に関する技術:香水用植物の栽培、天然素材の知識と加工、香水配合の芸術〟がユネスコの無形文化遺産に登録されました。

私たちの願いは、グラースの香水の歴史とユニークな職人技を表現し、フランスの香水芸術の品質と真の偉大さを誰もが楽しめるようなフレグランスを創り出すことです。

このプロジェクトの主役に相応しい人として、真っ先に頭に浮かんだのが、ジャン=クロード・エレナでした。彼は現代を代表する調香師であり、他の誰よりも傑出しています。彼こそが、グラースの香水芸術を体現している人だと私は考えたのでした。

ジャン=ルカ・ペリス

2005年にウビガンを再建するために買収したペリスグループのジャン=ルカ・ペリスにより、2011年にモナコ公国モンテカルロでニッチフレグランスメゾン、ペリス モンテカルロが創立されました。

独自のブランドを立ち上げたのは、〝かつて天然香料が主役だった時代への香水の原点回帰と、調香の原点とも言える最高の天然原料を用いて、真に贅沢な作品を、現代の最新のナレッジでこの世に蘇らせるという、伝統と革新の完璧なバランス〟の理想を実現するためでした。

2019年にペリス モンテカルロは、ジャン=クロード・エレナのためのコレクションとも言える『ペリス・コレクション・ドゥ・グラース』をスタートしました。

このコレクションは、クリエイティブ・ディレクターのジャン=ルカ・ペリスの指揮の下、エレナが生まれ育った〝香水の聖地〟グラースの大自然の想い出を、ひとつひとつの花々を主題に、〝グラース産の最高級の天然香料と思いもよらない香料の組み合わせ〟により(水彩画ではなく)写実的な油絵のように描き出しています。

その第一弾の香りとして、2019年に発売されたのが「ジャスマン ドゥ ペイ」でした。この香りの名は、フランス語で〝(グラース)地方のジャスミン〟を意味します(ジャスミンはグラースにとってローズ以上に、街を象徴する花です)。

それはエレナが子供の頃にジャスミンやバラを収穫する祖母のお手伝いをした時から、16歳の時、精油メーカーのアントワン・シリスの工場に夜勤勤務するようになり、3年間、ジャスミン・アブソリュートの精油を作り出してきた時までの、グラースとジャスミンの想い出をボトルに注ぎ込んだ香りです。

スポンサーリンク

究極のグラースのジャスミンの香り

©The Telegraph

私のジャスミンへの思い入れは、グラースで過ごした幼少期にあります。子どもの頃、私は夜明けにジャスミンをひとつひとつ摘み取っていました。その香りは透き通るような柔らかなグリーンであり、酔わせるようなものでした。

昼には、白い花びらから、オレンジフラワーのような温かな香りが放たれていました。夜には、インドールの影響で黄色くなった花びらが、深いアニマリックな香りを放つようになりました。

収穫の時期のジャスミンは、1時間ごとに香りが変化してゆくのです。この自然が作り出した作品に魅了され、私は香水として〝永遠のジャスミン〟をいつか生み出したいと考えていたのでした。

ジャン=クロード・エレナ

人々を夢想に誘い、五感を揺さぶる、白磁のジャスミンの煌めきからこの香りははじまります。うっとりするほどインドールの効いたアニマリックな〝白眉のジャスミン〟の神秘的で荘厳な香りに、わが身は打ち震えるようです。

何よりもジャン=クロード・エレナらしからぬ水彩画ではない、躍動感溢れる油彩画のような香りにびっくりしてしまいます。それは、エレナが愛したヘディオンをベースに作り出したジャスミンティーのようなジャスミンではなく、真のジャスミン・アブソリュートによって作り上げられたジャスミンなのです。

このジャスミン(ジャスミングランディフローラム)・アブソリュートは、エレナ自身が、原料の選択から工場まで指定し、彼の尊敬するエドモン・ルドニツカが1946年に創立したグラースの香料ラボであるArt et Parfum(アール・エ・パルファン)で抽出されたものです。ちなみにこのラボは、グラースで最も厳しい基準で現地の花の栽培農家を選抜していることで有名です。

まさに、老年期を迎えたパブロ・ピカソが、想い出をもとに、写実的な絵画を描くように、エレナがグラースのジャスミンの想い出を、細部にまでこだわり、写実的に描きあげた香りなのです。

インドールとスパイス(クローブ)が愛を叫び、果実のようなマリーゴールドが憎しみを歌うように、ジャスミン・アブソリュートはクリーミーさを増しながら肌の上を撫でるように、優しく滑らかに香りの情熱を高めていくのです。

マリーゴールドが、ジャスミン・アブソリュートに透き通るようなグリーンノートを与え、クローブが、インドールを和らげ、ジャスミンのクリーミーさを引き出す役割を果たしています。

グラースで手摘みした少年のエレナの想い出が、そのまま素肌の上に降りかけられるようです。あと少しで息絶えてゆくジャスミンの生命の最後の輝きを永遠に引き伸ばしていくようです。

蒸し暑い夏の夜に、この香りを男女の身に振り撒いたなら、その一夜は永遠のものになるでしょう。牙を剥き、お互いの獣性を貪り合うはずです。まさに悪魔、今夜、わが部屋へ、訪ね来たりです。

セルジュ・ルタンスの「アラニュイ」や、フエギア1833の「アマリア」と比較したくなる香りです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ジャスマン ドゥ ペイ(ジャスミンの国)
原名:Jasmin De Pays
種類:オード・パルファム
ブランド:ペリス・モンテカルロ
調香師:ジャン=クロード・エレナ
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/17,600円、100ml/27,500円
販売代理店ホームページ:NOSE SHOP


トップノート:ジャスミンアブソリュート
ミドルノート:クローブ、マリーゴールド
ラストノート:ムスク

タイトルとURLをコピーしました