究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ディオール】ディオールオム シリーズの全て

オリヴィエ・ポルジュ
@DIORBEAUTY
オリヴィエ・ポルジュクリスチャン・ディオールフランソワ・ドゥマシーブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

ディオールオム シリーズ

Dior Homme クリスチャン・ディオール初のメンズ・ライン「ディオールオム」がエディ・スリマンによって、2001-2002秋冬のパリコレクションからスタートしました。

そして、革新的な細身のシルエットのスーツやスキニージーンズによって、痩せっぽちで、貧相な男子達がプリンスのように輝くシルエットを生み出したのでした。まさに筋骨隆々の男性たちに対する「反逆のファッション」として、瞬く間にファッション・シーンに大旋風を巻き起こしたのでした。そんなディオールオム旋風真っ只中の2005年にスタートしたのが、フレグランス・ラインでした。

©Christian Dior

スポンサーリンク

エディ・スリマンが唯一プロデュースした一般向け香水

@DIORBEAUTY

エディ・スリマン・プロデュースによるディオール オムのフレグランス・シリーズは、現シャネルの専属調香師オリヴィエ・ポルジュとのタッグによって生み出されました(どこか二人の雰囲気は似ている)。

それはアイリスを男性用フレグランスのために使用した画期的な香りであり、メンズ・フレグランスにフローラル旋風を巻き起こすきっかけとなったフレグランスでした。

ちなみに現在販売されている三作品全てはフランソワ・ドゥマシーによって調香されたものです。

スポンサーリンク

現在発売中の三作品


ディオール オム<2020年版>
o-18451
ディオール オム コロン

ディオール オム スポーツ<2018年版>

スポンサーリンク

過去に発売されていた四作品


ディオール オム<オリジナル版>

ディオール オム<2011年版>

ディオール オム スポーツ<2008年版>

ディオール オム スポーツ<2012年版>

タイトルとURLをコピーしました