究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ディオール】ディオール オム スポーツ(フランソワ・ドゥマシー)

クリスチャン・ディオール
クリスチャン・ディオール フランソワ・ドゥマシー ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約5分で読めます。

ディオール オム スポーツ

原名:Dior Homme Sport
種類:オード・トワレ
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:フランソワ・ドゥマシー
発表年:2017年
対象性別:男性
価格:50ml/9,020円、125ml/13,750円
公式ホームページ:DIOR

≪楽天カードでP5倍★16日2時まで要エントリー≫クリスチャンディオール・ディオールオム スポーツ EDT 50ml SP (香水)

価格:6,400円
(2020/5/15 23:31時点)
感想(1件)

スポンサーリンク

ディオール オム スポーツ<オリジナル>


Dior Homme Sport by John Cameron Mitchell

ディオール オム」よりも若い年齢層(20代前半)をターゲットに、2008年の秋に発売されました。

レモンとグレープフルーツにジャンジャーが絡み合うフレッシュな香りは、ディオール専属調香師フランソワ・ドゥマシーによる調香です。キャンペーン・モデルとしてジュード・ロウが起用されました。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「ジンジャー石鹸」と評し、「「ディオール オム」愛用のプレイボーイに、運動をすすめるような安易(だが適切)なネーミング。そしてオリジナルのスポーツタイプともいえるボトルデザイン。エディ・スリマンが今もディレクターを務めていたら、どちらも一蹴していたことだろう。」

「中身は「エンヴィ フォー メン」のホットジンジャーと「アリュール オム」系の野心的なボディソープを、足して2で割ったような香りだ。まとまりがあって心地よい。残香のドライウッディも不快感はない。スポーツフレグランスらしさを加えたハートノートは、いささか老成した雰囲気をもつ若い男性にぴったりだ。やや退屈だが、大ヒットの予感がする。」と4つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ディオール オム スポーツ
原名:Dior Homme Sport
種類:オード・トワレ
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:フランソワ・ドゥマシー
発表年:2008年(現在廃盤)
対象性別:男性
価格:不明


トップノート:グレープフルーツ、ベルガモット、アマルフィ・レモン、エレミ樹脂
ミドルノート:ベチバー、ヴァージニア・シダー、ジンジャー
ラストノート:サンダルウッド、ローズマリー、ラベンダー

スポンサーリンク

ディオール オム スポーツ<2012年>

Dior Homme Sport – Life is a playground
Dior Homme Sport by John Cameron Mitchell

オリジナルよりも、より強化されたレモンの香りにジンジャーがブレンドされ、弾けるようなフレッシュなトップノートに、パウダリーなアイリスが投入され、〝エレガントなスポーティーさ〟という奇跡の気品を生み出します。

調香は、同じくフランソワ・ドゥマシーによるものです。

キャンペーン・モデルとしてジュード・ロウが継続。ピーター・リンドバーグによって、リビエラでヴィジュアル撮影が行われました。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ディオール オム スポーツ
原名:Dior Homme Sport
種類:オード・トワレ
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:フランソワ・ドゥマシー
発表年:2012年(現在廃盤)
対象性別:男性
価格:100ml/10,000円


トップノート:シトロン、ジンジャー・フラワー
ミドルノート:タスカン・アイリス
ラストノート:グリーン・ノーツ、シダー

スポンサーリンク

ディオール オム スポーツ<2017年>


Dior Homme Sport – Life is a playground

力強く、駆け抜けるように始まるこの香りは、まるで永続的に夜空を翔る流れ星のように、心震わす喜びに包まれる決して終わらない物語です。

フランソワ・ドゥマシー

(前2ヴァージョンを凌駕する)弾ける爽快感に包まれるシトラスシャワーの中に、梨の瑞々しさが、サクっとした触感を与えてくれます。そんな元気いっぱいのオープニングから一転して、すぐにゼラニウムがスパイスとブレンドされ、ベースのベチバーと絡み合い、優しいフレッシュ感がずっと続いていきます。

ドライダウンするにつれて輪郭を現すサンダルウッドが香り全体を温かく包み込んでくれます。今までのスポーツよりもさらに都会的で、洗練されていて、よりフルーティかつスパイシーですが、オリジナル版の持ち味だったジンジャーと、2012年版の持ち味だったアイリスを放棄してオレンジと梨が追加されています。

もちろん調香は、ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーによるものです。

キャンペーン・モデルは、ディオールオムの顔ロバート・パティンソンです。時代を反映したニューヨークのラグジュアリー・ストリート・ムードに合わせた香りです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ディオール オム スポーツ
原名:Dior Homme Sport
種類:オード・トワレ
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:フランソワ・ドゥマシー
発表年:2017年
対象性別:男性
価格:50ml/9,020円、125ml/13,750円
公式ホームページ:DIOR


トップノート:グレープフルーツ、ブラッド・オレンジ、シトロン・エッセンス、レモン、梨
ミドルノート:ピンクペッパー・エクストラクト、ナツメグ、ゼラニウム
ラストノート:ハイチ産ベチバー、サンダルウッド

クリスチャン ディオール Christian Dior ディオールオム スポーツ EDT SP 75ml

価格:7,425円
(2020/4/24 14:36時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました