アニック・メナード

ボア ダルジャン (アニック・メナード/フランソワ・ドゥマシー)

スポンサーリンク

香水データ(ボア ダルジャン<2004年>)

香水名:ボア ダルジャン Bois d’Argent オード・パルファム
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:アニック・メナード
発表年:2004年(現在は廃盤)
対象性別:ユニセックス
価格:125ml/31,500円


トップノート:イトスギ、フィレンツェ産アイリス、ジュニパー・ベリー、イエメン産フランキンセンス
ミドルノート:インドネシア産パチョリ、ソマリア産ミルラ
ラストノート:アリカンテ産ハニー、レザー、アンバー、ムスク、バニラ、松やに

香水広告フォト&動画

ルカ・トゥリン

★★★☆☆ アーモンドウッディ

ヒプノティック・プワゾン」(これもアニック・メナード作)を愛らしく、軽めにしたヴァージョン。この「銀の木」は聖書に出てくるミルクとハニーの取り合わせを連想。ディオールから3本同時に出たもののひとつ。残りは「コロン・ブランシュ」と、素敵な「オー・ノワール」。 ― タニア・サンチェス

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

香水についての解説

ディオール・オムから生み出された最高級ラインのフレグランス「ディオール・ラ・コレクシオン・プリヴェ」は、当初エディ・スリマンがプロデュースし、3種類の香りが発売されました(他に「コロン・ブランシュ(白いコロン)」と「オー・ノワール(黒の水)」)。

「銀の木(シルバー・ツリー)」という名の、このフレグランスは、フィレンツェ産アイリスとソマリア産ミルラによる奇跡的ともいえる相性によってもたらされたオリエンタル・ウッディの香りです。その奇跡が生み出したものとは、アイリスの中から、「ウッディ」と「メタリック」の要素を引き出したことです(そして、そのとんがった部分にイエメン産フランキンセンスが絡み合い、柔らかい『天空のアイリスの香り』へと昇天させる!)。そんなアニック・メナードによって調香されました。

身に纏う人を優しく包み込むその香りは、アイリスとイエメン産フランキンセンスのフローラル×お香の静謐な組み合わせに、ミルラの襲来により生まれます。こうして、香りは突然パウダリーへと変化を遂げ、ラストには、レザーとハニー、ムスクがブレンドされることによって、肌なじみの良い香りへとと同化していきます。

クリスチャン・ディオールの香水の歴史において、隠れた名香です。

香水データ(ボア ダルジャン<2018年>)

香水名:ボア ダルジャン Bois D’Argent オード・パルファン
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:フランソワ・ドゥマシー
発表年:2018年
対象性別:ユニセックス
価格:40ml/12,650円、125ml/28,600円、250ml/40,150円
公式ホームページ:ディオール


シングルノート:アイリス、ムスク、ミルラ、フローラル・ノーツ

香水広告フォト&動画


香水についての解説

ラ コレクシオン プリヴェ クリスチャン ディオール」が、調香の微調整とボトル・チェンジを行い、名称も新たにフレグランスコレクション「メゾン クリスチャン ディオール」として、リニューアルしました。そして、「ボア ダルジャン」も、ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーによって微調整されました。

ドゥマシーが「男女どちらでも纏える白いシャツのような香水」と言うこの香りは、「 アイリス アブソリュートがエレガンスを添え、官能的なムスクと交わり、やがて神秘的でスモーキーなフランキンセンスへ移ります。コントラストを奏でるコンポジションは、高貴なフローラルと張り詰めた端正な柔らかさ両方を演じます」。

スポンサーリンク

更新カレンダー

2019年11月
« 10月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP