究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ディオール】オー ノワール(フランシス・クルジャン)

クリスチャン・ディオール
クリスチャン・ディオール フランシス・クルジャン ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約4分で読めます。

オー ノワール

原名:Eau Noire
種類:オード・パルファム
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:フランシス・クルジャン
発表年:2004年(現在は廃盤)
対象性別:ユニセックス
価格:125ml/18,000円、250ml/26,000円、490ml/41,000円

スポンサーリンク

ディオール・オム時代のエディ・スリマンの香り


2001年に、エディ・スリマンイブ・サンローラン・リヴ・ゴーシュからやって来ました。2001-02年AWよりディオール・オムのクリエイティブ・ディレクターを務めることになり、2003年夏に。3年間の契約延長をし、メンズフレグランスのクリエイティブ・ディレクターも兼任することになります。

そして、2004年7月、2005年SSパリ・メンズコレクションにあわせてエディ・スリマンのディレクションによるディオール・オムの新作フレグランスが3種類(「オー ノワール」「コロン ブランシュ」「ボア ダルジャン」)発売されることになりました。

中でも驚異的な独創性が発揮されたこの「オー ノワール」は、エディが11歳の時から愛用している香りから、乗り換える香りを作るために、天才調香師フランシス・クルジャンを迎え、エディ自身がオーダーメイドした香りです。それはディオールオムのブラック・ナロータイに振り掛けるべき香りだと言われています。

「黒の水」という香水の名称からも分かるとおり、ディオール・オムのブラック・スタイルが似合う男女にのみ身をつける事の出来る香りの特権とも言えるスタンスを生み出しています。

失敗作と言われた〝幻の香り〟


この香りのハートノートにあるイモーテル(ヘリクリサム)という聞きなれない精油が実に印象的に使用されています。イモーテル精油とは、コルシカ島に主に生息するキク科の黄色い花イモーテルから水蒸気蒸留法によって抽出した精油であり、葉茎からカレーの香りがするためカレープラントとも呼ばれています。

このメープルシロップの香りのようなイモーテルが、ラベンダーとリコリスに効果的に(奇跡的に)ブレンドされています。そして、ベースの温かみのあるスパイスとクリーミーなバニラに包み込まれます。

インドカレーの香りにより、エディ・スリマンが、フランシス・クルジャンという名調香師と共に行おうとした革命。それは香りをコレクションに結び付けようという試みでした。

これは恐らくこれからのコレクション・メゾンにとっての課題であり、可能性なのでしょう。そして、各シーズンごとのコレクションと、ニュー・フレグランスを同時展開していくスタイルが、絶えず新しい形を求めて進む、ファッションという「恐るべき子供たち」に新たなる息吹を与えていくことになるでしょう。

この作品は、とてもドラマティックすぎたのです。それが失敗作と言われる理由です。しかし、私はとてもこの香りを愛しているのです。

フランシス・クルジャン

そういった意味においては、多面的な明るさと暗さが見事に溶け合ったこのフレグランスは、今ではただの失敗作にすぎませんが、数年後には、「早すぎた幻の香り」となる可能性に満ち溢れています。

フレグランスの魅力とは、香りは消えるものですが、案外残り続けているものであるということです(ネット・オークションなどで)。過去のフレグランスに触れ合う喜びもまた、これからフレグランスを楽しむ新しいスタイルなのではないでしょうか?

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「オー ノワール」を「エバーラスティングフラワー」と呼び、「香水というのはふつう2番目、3番目が世に出ると、本当にいいものはひとつだけだ。「ディオール・オム」の3つめのコロンも例外ではない。3つともよくできており豪華だが、思わず足を止めてしまうのは、フランシス・クルジャンが調香したオー・ノワールだけだ。」

「オー・ノワールはアニック・グタールの「サブレ」が発売されてから初めてヘリクリサム(イモーテル)ーカリーと焦げた砂糖の中間のような奇妙なコロハ(フェヌグリーヌ)様の香りを公に使用した。イモーテルのむずかしい点は、大きなアルトの声でパーティを独占してしまいそうなところだ。」

「グタールはオリエンタル調の背景を入れたが、クルジャンはラベンダーを選んだ。これが日の照りつけたガリーグ(地中海地方の低木地帯)―ここではしばしばイモーテルとラベンダーが同時に香る光景とうまく合う。天然で、温かく、心地よい。すばらしいネオクラシカルコロンで、コロンの域を超えている」と4つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:オー ノワール
原名:Eau Noire
種類:オード・パルファム
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:フランシス・クルジャン
発表年:2004年(現在は廃盤)
対象性別:ユニセックス
価格:125ml/18,000円、250ml/26,000円、490ml/41,000円


トップノート:タイム・ハッカ
ミドルノート:ラベンダー、ヴァージニア・シダー、コーヒー
ラストノート:レザー、バイオレット、ブルボンバニラ、リコリス

タイトルとURLをコピーしました