エルメス

ベチバー・トンカ(ジャン=クロード・エレナ)

    香水名:ベチバー・トンカ Vetiver Tonka オード・トワレ
    ブランド:エルメス
    調香師:ジャン=クロード・エレナ
    発表年:2004年
    対象性別:ユニセックス
    価格:100ml/33,480円





    ★★★☆☆ ラム・ベチバー

    ベチバー・トンカは嗅いだことのある香りがした。だが、このベチバー、コーヒー、ラム酒のアコードとどこで出会ったのかを思い出すまで、少し時間がかかった。答えは「ヨージ・オム」だった。華々しくとても強烈で、抗いがたいほど魅力的な香水だ。ジャン=ミッシェル・デュリエが、まだジャン・ケルレオのアシスタントだった頃にパトゥで調香した最初の傑作で、在庫があるうちに買っておくべき香水だ。― ルカ・トゥリン

    『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

    シングルノート:ベチバー、サンダルウッド、ナイジェリア産トンカビーン、タバコ、スズラン、ヘイゼルナッツ、プラリネ、キャラメル

    ベチバーの精製されていない、粗削りな、大地の恵みのような香りに惹きつけられました。しかし、そのまま香りを生かすことは無理だと考えました。私は、柔らかく、包み込むような温かさをベチバーに求めたのです。だからこそ、トンカビーンが必要だったのです!そして、そのキャラメル、プラリネ、ブロンド・タバコのノートが、ベチバーを優しく包み込み、芳醇な丸みのあるウッディ・ノートを生み出したのでした。

    ジャン=クロード・エレナ

    2004年からスタートした、≪嗅覚の詩≫とも言える究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』。「ポワーブル・サマルカンド」、「アンブル・ナルギレ」、「ローズ・イケバナ」と共に同年に第一弾として発売されました。

    エレガンスな甘さであり、ベチバーとトンカビーンが、ヘイゼルナッツやキャラメルの香りに深みを与える役割を果たしています。その背後には、ずっと我々を窺うようにタバコノートが存在しています。エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナにより調香された「エルメスの甘さ」です。



    関連記事

    1. ニナ (ジャック・キャヴァリエ、オリヴィエ・クレスプ)
    2. ロー・ディヴェール (ジャン=クロード・エレナ)
    3. パシャ (ジャック・キャヴァリエ)
    4. コロニア・アッソルータ(ジャン=クロード・エレナ/ベルトラン・ド…
    5. 李氏の庭 (ジャン=クロード・エレナ)
    6. ヴァレンティナ(アルベルト・モリヤス/オリヴィエ・クレスプ)
    7. レクスタス (フランシス・クルジャン)
    8. オー・ソバージュ (エドモンド・ルドニツカ)

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP