クリスチャン・ディオール

プワゾン・ガール オードゥトワレ (フランソワ・ドゥマシー)

    香水名:プワゾン・ガール オードゥトワレ Poison Girl Eau de Toilette オード・トワレ
    ブランド:クリスチャン・ディオール
    調香師:フランソワ・ドゥマシー
    発表年:2017年
    対象性別:女性
    価格:30ml/6,480円、50ml/9,720円
    公式ホームページ:ディオール




    トップノート:シチリア産フロストオレンジ、カラブリア産ビターオレンジ、レモン
    ミドルノート:グラース・ローズ、ネロリ、ダマスク・ローズ、オレンジ・ブロッサム
    ラストノート:ベネズエラ産トンカビーン、バニラ、カシュメラン、ヘリオトロープ、キャラメル

    プワゾン・ガール オードゥトワレはホットーコールドの二元性をめぐって調香しました。誘惑の駆け引きは、柑橘系のヘッドノートに“虚をつかれ”、濃密な香りが広がるフローラル・ハートノートをバニラトンカビーンが包み込みます。

    フランソワ・ドゥマシー

    〝甘くフルーティーなシチリア産オレンジと、ビターなカラブリア産オレンジのコントラスト〟(公式サイトより)。フレグランス・スローガンは〝私はガールじゃない、ポイズン(毒)なのよ〟です。オード・パルファム発売の一年後の2017年1月に発売されたオード・トワレです。実際の所、両方の香りは全く違うものです。

    クールなフローズンオレンジの〝リフレッシュ効果〟と、グラース・ローズの〝癒し効果〟、ネロリの〝スパークリング効果〟という3つの効果が組み合わされた甘く官能的な香りの斬新な調香は、フランソワ・ドゥマシーによるものです。

    ローズはそれ程主張せず、あくまでもジューシー&ビターな2種類のオレンジをはじめとする柑橘系とトンカビーン、バニラ、キャラメル等の甘味料が主張するフローラル・グルマンの香りです。

    ただし、露出の激しいファッションと派手なメイクアップを組み合わせたら、ナイトクラブで踊る風俗嬢のような〝甘くて安っぽい本物の毒〟になってしまいます。

    キャンペーン・モデルは、オード・パルファムと同じく、フランス系アメリカ人のファッション・モデル・カミーユ・ロウ(1990-)です。ボトルデザインも同じく、ヴェロニク・モノーが1985年に創造した従来のプワゾンのボトルを、キュートなピンクにしたものです。



    カテゴリー一覧

    ファッションアイコン(女優編)

    PAGE TOP