エルメス

アンブル・ナルギレ (ジャン=クロード・エレナ)

スポンサーリンク

香水名:アンブル・ナルギレ Ambre Narguile オード・トワレ
ブランド:エルメス
調香師:ジャン=クロード・エレナ
発表年:2004年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/35,208円
公式ホームページ:エルメス

【ミニサイズ】 エルメス HERMES アンブルナルギレ EDT 15ml [000046/051540]

価格:5,500円
(2019/6/12 14:43時点)
感想(1件)



★★★☆☆ ドライフルーツ

近ごろでは、みんながセルジュ・ルタンスの調合した香りをつけたがる。ただ似合う人と似合わない人がいるだけだ。私はアンバーに関してあまりはっきりした考えはない。いい香りなのは確かだが(そうでなければ何十年も人気を保てるわけがない)、一般的に重く単純、平板過ぎて、もう少しさりげない香りがほしくなってしまう。でもこの香水は例外だ。くせがなく、アンバーとはいえないほどだが、干したプラムと数種のウッディアンバーが心地いい。特に印象的ではないが、温かみを感じる。― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

シングルノート:ハニー、ベンゾイン、ラブダナム、ムスク、バニラ、キャラメル、トンカ・ビーン、セサミ、シナモン、ラム、クマリン、ホワイト・オーキッド

2004年からスタートした、≪嗅覚の詩≫とも言える究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』。「ローズ・イケバナ」、「ポワーブル・サマルカンド」、「ベチバー・トンカ」と共に同年に第一弾として発売されました。

「アンブル・ナルギレ」とは、「アンバー・フレーバーの水タバコ」という意味です(水タバコには、コーヒー、フルーツ、花等の様々なフレーバーがあります)。エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナにより調香された水タバコからインスパイアーされたオリエンタルな甘い香りです。

実際のところ、アンバーやスモーキーな香りではなく、シナモンが香るフルーツケーキのような香りのするグルマンです。フレグランス・ジャーナリスト、チャンドラー・バールは、「グルマンの中でも、最もつける人を選ぶ香りであり、いまだかつて存在しなかったグルマンである」とコメントしています。

ボトル・デザインは、エルメスのウィンドーディスプレーのディレクターでもあったアニー・ボーメルによるものです。

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2019年10月
« 9月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP