エルメス

アンブル・ナルギレ (ジャン=クロード・エレナ)

    香水名:アンブル・ナルギレ Ambre Narguile オード・トワレ
    ブランド:エルメス
    調香師:ジャン=クロード・エレナ
    発表年:2004年
    対象性別:ユニセックス
    価格:100ml/33,480円





    ★★★☆☆ ドライフルーツ

    近ごろでは、みんながセルジュ・ルタンスの調合した香りをつけたがる。ただ似合う人と似合わない人がいるだけだ。私はアンバーに関してあまりはっきりした考えはない。いい香りなのは確かだが(そうでなければ何十年も人気を保てるわけがない)、一般的に重く単純、平板過ぎて、もう少しさりげない香りがほしくなってしまう。でもこの香水は例外だ。くせがなく、アンバーとはいえないほどだが、干したプラムと数種のウッディアンバーが心地いい。特に印象的ではないが、温かみを感じる。― ルカ・トゥリン

    『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

    シングルノート:ハニー、ベンゾイン、ラブダナム、ムスク、バニラ、キャラメル、トンカ・ビーン、セサミ、シナモン、ラム、クマリン、ホワイト・オーキッド

    2004年からスタートした、≪嗅覚の詩≫とも言える究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』。「ローズ・イケバナ」、「ポワーブル・サマルカンド」、「ベチバー・トンカ」と共に同年に第一弾として発売されました。

    「アンブル・ナルギレ」とは、「アンバー・フレーバーの水タバコ」という意味です(水タバコには、コーヒー、フルーツ、花等の様々なフレーバーがあります)。エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナにより調香された水タバコからインスパイアーされたオリエンタルな甘い香りです。

    ボトル・デザインは、エルメスのウィンドーディスプレーのディレクターでもあったアニー・ボーメルによるものです。



    関連記事

    1. アクア・アレゴリア  ネロリア・ビアンカ (ティエリー・ワッサー…
    2. マニア (ジャック・キャヴァリエ)
    3. ヴェルベット・ローズ & ウード・コロン・インテンス (ファブリ…
    4. ランヴォール・ドゥ・カルティエ (マチルド・ローラン)
    5. コロニア・プーラ (フランソワ・ドゥマシー)
    6. コロニア・アッソルータ (ジャン=クロード・エレナ/ベルトラン・…
    7. ダリア ノワール (フランソワ・ドゥマシー)
    8. 154コロン (ジョー・マローン)

    このページに関連した記事一覧

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP