究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

『007/ゴールドフィンガー』Vol.4|ショーン・コネリーとアンソニー・シンクレア

ジェームズ・ボンド
ジェームズ・ボンド
この記事は約7分で読めます。
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

この作品からスパイブームは本格化した。

007/ゴールドフィンガー』は、英国で1964年9月17日に公開されました。そして、12月21日の全米公開を皮切りに世界各地で公開され、空前のスパイブームを巻き起こしました。それは、映画の世界を飛び越え、もはや社会現象になるほどでした。

日本では、1965年4月24日に公開され、同年の興行成績No.1を記録し、国内においても、秘密諜報部員=スパイという言葉が市民権を獲得することになりました。

結果的に300万ドルの予算で、1億2500万ドルもの興行収入を獲得し、1964年に世界で最も高い興行収入を上げる作品となりました。


ジェームズ・ボンドのクールなスーツスタイルは世界中の男女の羨望の的となり、東レが「007ルック」、テイジンが「ボンド・シリーズ」と題した紳士服を販売しました。

この作品を機会に世界中の男たちが、007(当時はダブルオーセブンとではなくゼロゼロセブンと呼ぶ)に憧れたのでした。そして、日本における007熱は、第五作目の『007は二度死ぬ』(1967)において沸点に達するのでした。

スポンサーリンク

そして、ジェームズ・ボンドは男性のアイコンになった。

グレーのスーツは、「地味」と「洗練」のふり幅の激しいファッション・アイテムです。

左に控えるのは本作の監督ガイ・ハミルトンです。

本作の中でジェームズ・ボンドは5種類のスーツスタイルを披露してくれます(2種類のタキシードは除く)。その中で、本作を代表するスーツは、間違いなくこのグレーの3ピースでしょう。

ゴールドフィンガーのケンタッキー州の牧場に監禁されている時に、到底、死の淵に立たされているとは思えないほどの優雅さで、着こなすこのスーツは、まるで女優にとってのイブニングドレスのような役割を果たしています。

ここに、ボンドムービーがなぜ永遠のメンズアイコンになり得たかと言う秘密が隠されています。それは、スーツスタイルであるべきではないシーンにおいて優雅にスーツを着こなしているところにあるのです。絶対にあり得ないシチュエーションを作り、スーツの魅力を限界まで引き出したのが、ボンドムービーだったのです。

それは絶対にジャケットを着用し、ボタンを締め、ネクタイを絶対に緩めず、絶えず真っ直ぐにする英国紳士の嗜みを究極に体現させる徹底ぶりにより生み出された世界観なのでした。

スポンサーリンク

ジェームズ・ボンド・スタイル9

アイコニック・スーツ
  • テーラー:アンソニー・シンクレア
  • グレーのグレンチェック3ピーススーツ、ナローノッチラペル、2つボタン、チェンジポケット、ダブルベンツ。同色のベスト、6つボタン、こちらにもノッチラペル。
  • 白のリネンのポケットチーフ
  • フランク・フォスター、白ボタンダウン・ドレスシャツ
  • スリムなネイビーブルー・ニットタイ
  • ラウンドゴールドカフリンクス
  • ブラックレザー・2アイレット・ダービーシューズ

大柄な男性にのみ許されるシルエットの3ピースです。

2アイレット・ダービーシューズ

ジェームズ・ボンドの魅力。それはどんなときにも優雅さを忘れない男の余裕っぷりにある。

コネリー=ボンドにはグレーが似合う。

見れば見るほど素晴らしいスーツです。

グレースーツの造形が分かる写真。

スポンサーリンク

ジェームズ・ボンド・スタイル10

バトルスーツ
  • テーラー:アンソニー・シンクレア
  • 黒と茶のシャドーストライプ・スーツ、2つボタン、ノーベント
  • 白のリネンのポケットチーフ
  • フランク・フォスター、白のドレスシャツ
  • ブラックシルク・ニットタイ
  • ブローグブーツ

オッドジョブとの最後の対決の時に着ているスーツ。


スポンサーリンク

スーツは大人の男のバロメーター

そして、ゴールドフィンガーとのラストバトルに!

スリーピースの雰囲気が一番良く分かる写真。

ラストスーツもとてもマニッシュで素敵です。

ボンドムービーが教えてくれる事。それはスーツスタイルのゴールデンルールです。何よりも、スーツにレザーシューズはマストであり、ネクタイもマスト、そして、何よりも半袖のシャツは、あり得ないということを教えてくれます。

現在、日本中で、氾濫している、ノータイ、半袖、スニーカーとの組み合わせは、結局のところ、カジュアル・ダウンではなく、悪趣味の極みに過ぎません。

ファッションとは何か?それはルールを破ることと同じくらいに、ルールを尊重する心から生まれるものなのです。どうやらファスト・ファッション文化とは、ルールを破ることでも、ルールを守ることでもない、無味乾燥なファッションを放棄したインスタント文化であり、子供服を大人が着ているようなものなのです。

スポンサーリンク

ジェームズ・ボンド・スタイル11

グレー3ピース・スタイル
  • テーラー:アンソニー・シンクレア
  • 黒チャコール・グレイ・ウール・フランネル3ピーススーツ、2つボタン、ノーベント
  • 白いリネンのポケットチーフ
  • フランク・フォスター、白にグレーストライプシャツ
  • ブラックニットシルクタイ
  • グリュエンのプレシジョン510


作品データ

作品名:007/ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
監督:ガイ・ハミルトン
衣装:エルサ・フェネル
出演者:ショーン・コネリー/オナー・ブラックマン/ゲルト・フレーベ/シャーリー・イートン/タニア・マレット