ジェームズ・ボンド

ショーン・コネリー3 『007/ゴールドフィンガー』1(2ページ)

    作品名:007/ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
    監督:ガイ・ハミルトン
    衣装:エルサ・フェネル
    出演者:ショーン・コネリー/オナー・ブラックマン/ゲルト・フレーベ/シャーリー・イートン/タニア・マレット



    「ゴ~ルドフィンガァ~~」タイトルを叫ぶ主題歌のはじまり。

    007シリーズ第三作目となる本作によって、後のボンドムービーの定番の流れは作り上げられました。その定番の一つが「つかみはOK」なオープニング・アクションと、その後のタイトル・ソングです。さて記念すべき(実質的な)主題歌第一号『ゴールドフィンガー』を歌うのは、シャーリー・バッシーです。そのパンチの利いたタイトル連呼が、007スタイルとなり定着していきます。もちろん、次作においても、タイトル「サンダーボール」が、トム・ジョーンズにより連呼されます。

    ボンドムービーの主題歌の魅力は、秀逸なタイトルムービー・デザインとの二人三脚によって生み出されたものといっても過言ではありません。タイトルムービーを担当するのは前作に続きロバート・ブラウンジョンです。全身金箔の女性にレイアードさせた作中シーンが流れていきます。ブラックの背景にゴールドの様式美。ゴールドは常に女性の魔性を高めます。

    この作品を見たフェデリコ・フェリーニは、息もつかせぬ展開に感動を覚えたと言われています。さらにスティーヴン・スピルバーグの最も好きなボンドムービーであり、五代目ジェームズ・ボンド、ピアース・ブロスナンが生まれて初めて見た映画。そんな007最高傑作とも言われる本作のファッション的な魅力を解剖していきましょう。



    ブランディングとは、定番を多く作ること。

    ジェームズ・ボンドと言えばタキシードです。

    珍しいストライプのドレスシャツとタキシードのアンサンブルです。

    この組み合わせが似合う人はそうそういません。

    ジェームズ・ボンド・スタイル1 アイボリー・ディナー・ジャケット
    • アイボリー・ディナー・ジャケット、シングル、1ボタン、スリム・ピークド・ラペル
    • フロントプリーツシャツ、サテン、真珠貝のボタン
    • ブラック・サテン・シルク・ボウタイ
    • ミッドナイト・ブルー・トラウザー
    • ロレックス、サブマリーナ
    • ブラックレザー・チェルシーブーツ

    成功するシリーズものには、定番のパターンが多く生まれてきます。そのお約束があるからこそ、熱狂的ファンをつかむことが出来るということです。ボンドシリーズにおいては、それは、オープニング・アクション&タイトル・デザインと主題歌、ボンド・ファッション、ボンドカー、ボンドガール、スケールの大きな悪役と秘密兵器、そして、魅力的なロケーションです。

    定番を多く持てば持つほど、そのうちのどれかを人々は待ち望むようになります。そして、常に高まるその期待値を越えるもののみが、生き残っていくことになります。ボンド・シリーズがシリーズ化されることになった決定的な作品である本作を見ていると、ここで全ての源流が出来上がったことが見て取れます。

    それはまさにひとつのブランドの誕生であり、エルメス、ルイ・ヴィトン、グッチ、シャネル、ディオールのようなラグジュアリー・ブランドのブランディングの流れととてもよく似ています。



    三度目のアンソニー・シンクレア

    本作に登場する全てのボンドスーツを仕立てたのは、前二作に引き続きアンソニー・シンクレアです。

    モノトーンのボンドに対して、マネーペニーは常に鮮やかな色彩のファッションに身を固めます。

    ジェームズ・ボンド・スタイル2 カントリースーツ
    • ダークブラウン・ハウンドトゥースチェック・セットアップ、ナチュラル・ショルダー、アンソニー・シンクレア
    • アンバランスなベージュ・ウールのベスト
    • グレイ・ストライプ入りの白のドレスシャツ
    • ダークブラウン・シルク・ニットタイ

    ピークド・ラペルではない珍しいタキシード。

    ジェームズ・ボンド・スタイル3 ブラック・ディナー・ジャケット
    • ブラック・ディナー・ジャケット、ノッチド・ラペル、ショールカラーやピークド・ラペルほどフォーマルではない
    • フロントプリーツシャツ、サテン
    • ブラック・サテン・シルク・ボウタイ


    ジェームズ・ボンド・スタイル4 ダークスーツ
    • ダークブルー・ヘリボーン・フランネル・スーツ、2つボタン、ナロー・ノッチド・ラペル、アンソニー・シンクレア
    • グレー・ストライプ入りの白シルク・ドレスシャツ
    • ブラック・ニットタイ
    • ブラック・レザー・モカシン
    • ロレックス・オイスター・パーペチュアル




    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. ショーン・コネリー6 『007/サンダーボール作戦』2(2ページ…
    2. ジョージ・レーゼンビー1 『女王陛下の007』1(2ページ)
    3. クリント・イーストウッド1 『ダーティハリー』(3ページ)
    4. ブラッド・ピット1 『ファイトクラブ』1(3ページ)
    5. ショーン・コネリー1 『007/ドクター・ノオ』1(4ページ)
    6. ジョージ・クルーニー4  『オーシャンズ13』4(2ページ)
    7. ショーン・コネリー7 『007は二度死ぬ』1(2ページ)
    8. ショーン・コネリー8 『007は二度死ぬ』2(2ページ)

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP