ジェームズ・ボンド

ショーン・コネリー4 『007/ゴールドフィンガー』2(2ページ)

    作品名:007/ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
    監督:ガイ・ハミルトン
    衣装:エルサ・フェネル
    出演者:ショーン・コネリー/オナー・ブラックマン/ゲルト・フレーベ/シャーリー・イートン/タニア・マレット

    女はいつも、男らしさとの対比を渇望している。

    第三のボンド・ガール、タニア・マレットと共に。

    アンソニー・シンクレアらしいナチュラル・ショルダー仕立てのスーツです。

    スイスの自然と、美しいクラシックカーの対比。ボンドムービーとは対比の美学です。

    大自然の中での美しいスーツのシルエット。

    ジェームズ・ボンド・スタイル6 ブラウン・スーツ
    • ブラウン・コーン・ツイード・ハッキング・ジャケット(乗馬用上着)、2ボタン、シングル、ナロー・ノッチド・ラペル(同じジャケットが次作『サンダーボール作戦』で登場する)
    • ライトブラウン・トラウザー
    • ライト・エクリュ・ボタンダウン・ドレスシャツ
    • ライトブラウン・ニットタイ
    • ダークブラウン・スウェード・ダービー・シューズ
    • ロレックス、サブマリーナ6538

    本作においてジェームズ・ボンドははじめてスーツにニットタイをあわせています(前二作品は、グラナディンタイを着用)。ニットタイとは、20世紀初頭に登場したシルクやウール、コットンで編み上げたネクタイです。主に、カジュアルシーンで使用される類の「軽やかさ」を演出するネクタイでしたが、フォーマルなスーツに、濃厚な単色使いのニットタイで、男のダンディズムを体現しつつも、ボンドらしい「オトナのオトコの懐の広さ」を醸し出しています。

    ボンドムービーには、『オトコの浪漫』が詰まっています。

    ショーン・コネリーと、メイン・ボンドガール、オナー・ブラックマン。

    ボンドムービー初のオールブラックスタイル=「忍び」スタイル。

    ジェームズ・ボンド・スタイル7 オールブラック・スタイル
    • 黒ニットポロシャツ、3つボタン
    • ブラック・メリノウール・Vネック・ロングスリーブ・セーター
    • 黒ウール・トラウザー
    • ブラックレザー・プレイン・トウ・アンクルブーツ
    • ロレックス・サブマリーナ6538

    映画史上初めて登場するレーザー光線から危機一髪で逃れ、(21世紀の感性で見ても)超絶カッコいいアストン・マーティンDB5を乗り回し、オープンカーに乗る美女と風光明媚なスイスでカーチェイスを繰り広げ、颯爽と色々なスーツと美女と美食に囲まれ、寝室には全身金色の美女の死の接待を受け、最後は、とてつもなく大きな犯罪を企む悪党をやっつけ、なかなか落ちそうになかった美女とのワンナイト・ラブを勝ち取り「The End」マークを導くボンド君。

    女性にとってのジェームズ・ボンドとは、「男ってホントに美女を見ると鼻の下を伸ばしてバカよね」と笑って済ませることの出来るシンボルなのです。そんなバカな男の代表選手であるJBを見て、世界中の男たちは、「オトコの中のオトコ」だと憧れるわけなのです。つまり、本当に魅力的なオトコとは、「いい歳こいて、まじめな表情で、全身黒づくめ姿で秘密基地に侵入する」ことが出来る男なのです。モテる男の鉄則。それは女性が鼻で笑いかねないことを堂々と継続できることです。



    ページ:

    1

    2

    カテゴリー一覧

    ファッションアイコン(女優編)

    PAGE TOP