ジェームズ・ボンド

ショーン・コネリー5 『007/サンダーボール作戦』1(2ページ)

    作品名:007/サンダーボール作戦 Thunderball(1965)
    監督:テレンス・ヤング
    衣装:ジョン・ブレイディ
    出演者:ショーン・コネリー/クローディーヌ・オージェ/アドルフォ・チェリ/ルチアナ・パルッツィ/マルティーヌ・ベズウィック


    『007』が最も『007』らしかった時代の最高傑作。

    このポスターイメージに尽きる!タキシードにジェットパッドを装着する007。もちろん髪の乱れはなし。

    そして、スペクターNo.2のラルゴを演じるアドルフォ・チェリ。白のタキシードに黒の眼帯。悪役はこれくらいコクなくちゃ!

    007/ゴールドフィンガー』で頂点に達したかのように見えたボンド・ムービーの快進撃は実はほんの始まりに過ぎなかったのです。本作は前3作品を超える大ヒットとなりました。そして、作品の1/4は水中で撮影されたというこの作品のオープニングは、グレーのスーツを着たジェームズ・ボンドが空を飛ぶことから始まったのでした。

    ジェットパックを背負ったボンドとダイビングスーツに水中銃を背負ったボンド。この作品の強烈な二つのジェームズ・ボンド像が、ビジネスもヴァカンスも極限まで楽しむという「人生を楽しむ男」の象徴としてのボンド・イメージを決定付けました。空を飛んでも、水中に潜っても、ボンドは常にイイ女を見逃さないアンテナを張り、微笑を忘れず、そして、ユーモアのセンスも忘れないのです。

    ジェームズ・ボンドの魅力の本質とは、どこか無責任男を髣髴とさせる所にあるのです。彼に最も似合わない言葉は「一生懸命」です。それは男のエレガンスとは、垣間見えるやる気のなさがスパイスになるということを教えてくれるのです。



    史上初めてスーツを着て空を飛んだ男。

    女装した敵と格闘するボンド。この女装が変装になってません!

    伝説のジェット・パックを装着するJB。

    1984年ロス五輪の開会式においてジェット・パックが登場する。

    それにしてもグレースーツとの相性がとても良いです。

    『紳士の必需品!』これが日常生活で使用される時代が来るのだろうか?

    ジェームズ・ボンド・スタイル1 ジェットパック・グレー・スーツ
    • テーラー:アンソニー・シンクレア
    • ダーク・グレー、フランネル、3ピーススーツ。シングル、2ボタン。スリム・ノッチ・ラペル。6ボタンベスト
    • ターンブル&アッサーのスカイブルー・ポプリン・ドレス・シャツ
    • ブラック・シルク・タイ
    • ブラックレザー・スリッポン・ロウ・ブーツ

    ジェームズ・ボンドがオープニングで空を飛んだ瞬間に、世界中の男たちは、この男に一生ついていこうと決めたはずです。それほどに今見てもカッコ良く、現在アパレル及びファッション関係の仕事に従事する20代から40代の男性に対しても尚も、影響を与えている「男のダンディズム」を体現するシーンです。

    そして、スーツを着るときは完璧にパリッと決めることを信条とし、ヴァカンスに出かけるときは、まずはヴァカンスと呼ばれるに値する場所をリサーチし、見るからに心地よさそうなリゾートウェアに身を包みこみ、ファッション感度のふり幅を広げることによって、その感度が研ぎ澄まされることを教えてくれます。

    ボンド・ムービーが現代に至るまで「メンズ・ファッション」を先導している理由は、スーツやタキシードだけでなく、リゾートウェアのお披露目の場としても機能しているからなのです。


    男なら「ブロンド美女」にミンク・マッサージの優しさを。

    ジェームズ・ボンド・スタイル2 ゴールドフィンガー・スーツ
    • テーラー:アンソニー・シンクレア
    • ブラウン・コーン・ツイード・ハッキング・ジャケット(乗馬用上着)、2ボタン、シングル、ナロー・ノッチド・ラペル
    • ライトブラウン・トラウザー
    • ターンブル&アッサーのライト・エクリュ・ボタンダウン・ドレスシャツ
    • ライトブラウン・ニットタイ
    • ダークブラウン・スウェード・ダービー・シューズ


    ミンク・グローブで女性をマッサージするジェームズ・ボンド(=JB)。男ならこうありたいと思わせる瞬間。ちなみに、この女性(モーリー・ピータース。老けて見えるが1942年生まれの当時20代前半)は、JBが療養中の療養所の女性看護士であり、JBが全身マッサージ器で殺されかけた時に、ピンチをチャンスに転じさせてセックスに持ち込んだのでした。こういった展開の安易さが、男性にとっては(微笑ましく)魅力的に移り、ある種の女性にとっては嫌悪感に結びつくわけなのです。

    そんな女性には、もちろんミンクのマッサージも効かないことでしょう。私はどうせならJBにミンク・マッサージを受けて喜ぶオンナでありたいと望みます。



    ページ:

    1

    2

    カテゴリー一覧

    女を磨くファッション・アイコン一覧

    2018/19おすすめラグジュアリーバッグ

    売れるブランド販売員の特徴

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。