オリヴィエ・クレスプ

ミッドナイト プワゾン (ジャック・キャヴァリエ、オリヴィエ・クレスプ、フランソワ・ドゥマシー)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ミッドナイト プワゾン Midnight Poison オード・パルファム(現在廃盤)
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:ジャック・キャヴァリエオリヴィエ・クレスプフランソワ・ドゥマシー
発表年:2007年
対象性別:女性
価格:情報なし

Christian-Dior-Midnight-Poison
トップノート:ベルガモット、マンダリンオレンジ
ミドルノート:ローズアブソリュート、パチョリ
ラストノート:トンカビーン、アンバー、アンブロックス、バーボンバニラ

香水広告フォト&動画

tumblr_mpu099PZoT1rf29u9o1_1280
Midnight-Poison-Ad

ルカ・トゥリン

★☆☆☆☆ ウッディ オリエンタル
プワゾンシリーズの傑作といえば、オリジナルと「ヒプノティック」。可もなく不可もないのが「ピュア」と「タンドゥル」。そしてミッドナイトは失敗作だ。オリビエ・クリスプとジャック・キャヴァリエによる制作にもかかわらず、まとまりがなく、称賛に値するほど貧弱でつまらない。ほとんど不愉快といっていいくらい。名前だけで売れるだろうと高を括っているのは明らかだ。大失敗を祈る。 ― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

香水についての解説

それはオリジナルのプワゾンよりも軽く、身に纏いやすいのですが、官能性とセクシーさをしっかり残しているのです。

エヴァ・グリーンのプライベートの発言より。

ディオール香水の代表作の一つに挙げられる「プワゾン」シリーズの第五弾です。当時のクリエイティブ・デザイナーであるジョン・ガリアーノが構想を練り、〝シンデレラ〟をディオール流に解釈しました。それは新しいシンデレラは真夜中にブルーのドレスを身にまとい誕生するというコンセプトです。

天使の涙』(1995年)『マイ・ブルーベリー・ナイツ』(2007年)のウォン・カーウァイ監督、『007カジノ・ロワイヤル』(2006年)のボンド・ガール、エヴァ・グリーンを主役に撮影したキャンペーン・フィルムは、文句なしに香水のイメージを伝えてくれます。

真夜中のシンデレラ。パチョリからはじまり、シトラスとローズが包み込む、エキセントリックなオリエンタル・ウッディの香調は、ディオールオムを着るようなメンズにも合う香りでした。

フィルメニッヒ社のジャック・キャヴァリエオリヴィエ・クレスプに、LVMH社の専属調香師フランソワ・ドゥマシーがコラボして生み出された香り。コバルト・ブルーのボトル・デザインは、シンデレラのドレスをイメージした形です。

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2019年12月
« 11月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。