エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【フレデリック マル】ポートレイト オブ ア レディー(ドミニク・ロピオン)

その他
その他 フレデリック・マル ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ボトルの中に400本のトルコ産ローズ

大衆香水がよく使う手として、ローズの天然香料を使用していることを示すために、全体の0.01%にすぎない量だけ使用するという方法があります。そんな少量の香料が香りに影響を与えることはありませんが、現在、この業界で横行しているやり方です。そんな業界の常識から見れば、一本あたり400本のローズを使用しているこの香りは狂気の沙汰でしょう。

フレデリック・マル

2009年に発売された「ゼラニウム プール ムッシュー」を女性的に進化させた香りです。それは、2010年までに発売されたあらゆるフレデリック・マルの香りの中で最大のローズ・エッセンス(100mlのボトル一本あたり400本のローズを使用)とパチョリが配合された香りであり、絶妙なバランスを確認するために、何百回にも渡る試行錯誤を経て、ドミニク・ロピオンにより生み出されました。

1881年のヘンリー・ジェイムズによる長編小説『ある婦人の肖像(ポートレイト オブ ア レディー)』。アメリカに生まれた、才気煥発な美しき女性イザベル・アーチャーは、イギリスの上流階級の中でも、旺盛なる独立心で、その生き方を貫くのですが、イタリアにおいて、ただ一度だけその判断を誤ってしまうのです。そして、彼女は自分自身が一番そうなりたくないと考えていた男性に傅く牢獄のような人生を生きることになってしまうのです。そんな夫から逃れる機会があっても、自分の選んだ道をひたすら突き進むイザベルの凛とした生き様。この香りはイザベルの香りです。

ただし、名前から誕生した香りではなく、香りから誕生した名前の香りです。

スポンサーリンク

『ある婦人の肖像』の香り

フレデリック・マル自身がこの香りに対してイメージしたのは、1955年にディオールが撮影したこの写真の中のドヴィマでした。

フルーティーなブラックカラント(カシス)とラズベリーに絡み合う、甘くも凛としたターキッシュローズ(最上のローズ・エッセンスは濃厚であるにもかかわらずムンムンとは来ない)が、この香りの主人公イザベルの人物像を示しています。やがて、シナモン、クローブ、ベンゾインがローズのより多面的な魅力を呼び覚ます一方で、フルーティーは減退していきます。

濃度たっぷりのパチョリがミドルに登場します。ローズを幻惑するパチョリ。それは、イザベルが夢中になるギルバート・オズモンドのようです。ローズは、そんなパチョリに絡め採られながら、サンダルウッド、ムスク、アンバー、ベンゾインによって、静謐なる香りへと変化していくのでした。

パチョリによって、希望が打ち砕かれたローズが、真のエレガンスを知るという恐ろしいテーマが、この香りの中には凝縮させています。ドミニク・ロピオンは香りの哲学者です。なぜなら彼は「エレガンスとは、諦めの上に培われるもの」ということを知っているからです。愛のある生活よりも、金銭的に安定した愛のない生活を選ぶことが、エレガンスの本質であるということを彼はよくご存知なのです。

しかし、それ以上に、この香りに関して面白い事実は、この香りの香料として、当初ローズは予定されていなかったということです。それは調香が開始されて、思っていた香りが全く生まれずに閉塞感漂う中で、半年後にはじめて加えられることになり、奇跡を生み出したのでした(IFFの隣のピザ屋で昼食を二人で食べているときに、モニーク・レミー研究所で新しく試された通常のステンレスではなく銅の容器で蒸留されたローズエッセンスが話題になったのでした)。

フレデリック・マルの妻が最も愛している香りと、マル自身が告白している香りです。

女性用なのですが、実際のところ、購入者の40%は男性であるとマル自身が告白しています。

私が最初に愛したローズの香水は、ゲランの「ナエマ」(1979)でした。それは当時、私の持っていたローズの香りの常識を打ち破った香りでした。そして、次に愛したローズの香りは、イヴ・サンローランの「パリ」(1983)です。それは20代前半の時恋愛していた女性がつけていたからです。他には、クリニークの「アロマティック エリクシール」(1971)や、パフューマーズワークショップの「ティーローズ」です。

フレデリック・マル

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ポートレイト オブ ア レディー Portrait of a Lady
原名:Portrait of a Lady
種類:オード・パルファム
ブランド:フレデリック・マル
調香師:ドミニク・ロピオン
発表年:2010年
対象性別:女性
価格:10ml/9,240円、30ml/25,300円、50ml/32,450円、100ml/46,200円


トップノート:クローブ、シナモン、ターキッシュローズ、ブラックカラント、ラズベリー
ミドルノート:サンダルウッド、パチョリ、インセンス
ラストノート:ムスク、アンバー、ベンゾイン

フレデリック マル ポートレイト オブ ア レディー(ある貴婦人の肖像)
created by Rinker

スポンサーリンク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました