その他

タンドゥル プワゾン (エドゥアール・フレシェ)

香水データ

香水名:タンドゥル プワゾン Tendre Poison オード・トワレ
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:エドゥアール・フレシェ
発表年:1994年
対象性別:女性
価格:不明


トップノート:アサフェティダ、マンダリン・オレンジ、ベルガモット、ブラジル産ローズウッド
ミドルノート:ハニー、チューベローズ、オレンジ・ブロッサム、フリージア、ローズ
ラストノート:サンダルウッド、ムスク、バニラ、ヘリオトロープ

ディオール タンドゥールプワゾン
created by Rinker
¥9,350 (2020/01/18 08:10:43時点 楽天市場調べ-詳細)

スポンサーリンク

香水広告フォト&動画


香水についての解説

ディオールの廃盤香水の中のみならず、世界中の廃盤香水の中でも抜きん出た存在感を放つ「幻の名香」です。

「タンドゥル プワゾン」とは、フランス語で「優しい毒、ソフトな毒」という意味を持つ2代目プワゾンです。このフローラル・グリーンの香りは、初代と同じくエドゥアール・フレシェにより調香されました。

濃厚なチューベローズと爽やかなフリージアの二面性が生かされたトップノートが、心地よいグリーンに包まれます。そこに、「悪魔の糞」という別名を持つアサフェティダのオニオン臭が絶妙に加わります。そして、すぐに香り全体は優しい高級石鹸のようなムスクに包まれます。最後には、バニラとサンダルウッドの甘くも官能的な香りがフローラルの香りを包み込んでくれます。

濃厚な優しさと官能の波に飲み込まれていく香りです。それは、若くて綺麗な女性よりも、優しいお母さんのような女性に惹きつけられてしまう青年の禁断の心を香りにした稀有な香りとも言えます。

『青い誘惑』ならぬ『緑の誘惑』の香りとでも申しましょうか・・・。まだまだグリーンな心の持ち主の男性に対して、今まで、夫だけを忠実に愛し続けてきた30から40路のグリーンな女性が、出会い、何かに目覚めてしまう瞬間と、その後の甘くも優しい官能的なひとときを香りに投影したフレグランス。それが「タンドゥル プワゾン」=「優しい悪魔」なのです。

このフレグランスのキャンペーンフォトがこの香りのイメージを全て伝えてくれています。赤ちゃんのお鼻に優しくキスをする年上の女性に、夢中になってしまう年下の青年。それは「優しい愛のはじまり」の香りでもあるのです。

最新の投稿

更新カレンダー

2020年1月
« 12月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。