カリス・ベッカー

【キリアン】ラブ ドント ビー シャイ(カリス・ベッカー)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ラブ ドント ビー シャイ Love, don’t be shy オード・パルファム
ブランド:キリアン
調香師:カリス・ベッカー
発表年:2007年
対象性別:女性
価格:50ml/37,400円
販売サイト:高島屋オンライン


トップノート:チュニジア産ネロリ、ベルガモット、ピンクペッパー、コリアンダー
ミドルノート:アイリス、エジプト産ジャスミン、ブルガリアンローズ、ハニーサックル、オレンジブロッサム
ラストノート:ムスク、バニラ、シベット、キャラメル、砂糖、ラブダナム

バイ キリアン BY KILIAN ラブ ドント ビー シャイ オードパルファム 1.5ml アトマイザー お試し 香水 ユニセックス 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:1,800円
(2019/6/9 19:59時点)
感想(0件)

香水広告フォト&動画


ルカ・トゥリン

★★★★☆ バニラメレンゲ

「バニラ」とその数え切れないほどの模倣を思い浮かべたとき、バニラ味の綿菓子という路線は今までさんざん使われてきたかのような気がする。でもそれは少々見当はずれだ。カリス・ベッカーが作り出したのはメレンゲの香り。明白に砂糖、そしてバニラだけではなく、かすかに壊れやすい乾いたメレンゲそのものの質感も備わっている。カリス・ベッカーはウンデシレン酸メチル アルデヒド(アドキサール)と、かすかな卵の香りをともなうアルデヒドを鮮やかに使いこなし、両方が一気にかぐわしい香りを放つ。昔ながらのお菓子をテーマにした、明るくて軽い美味しそうな香り。― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

香水についての解説

キリアンが、「バイ・キリアン」だった頃の記念すべき第一弾フレグランスであり、今ではすでに名香の領域に達している作品です。

コレクション「ルーヴル ノワール —愛が描く甘い誘惑の世界—」からの一品であり、マシュマロに「愛」と「恥じらいの喪失」という名のシロップをからめたグルマンの香りは、カリス・ベッカーによる調香です。それにしても、愛をマシュマロに絡め合わせるという発想は、キリアン・ヘネシーならではの、並みの男からは出てくるものではありません。そのために、通常グルマンノートを作るときに使用するエチルマルトールとパチョリの組み合わせを拒絶した!

絶妙という言葉以外でたとえようがないまでに完璧な柑橘系からフローラル(特にオレンジ・ブロッサム)のブレンドまでの流れを経て、バニラとムスク、シベットにより完全形態を迎える香りの遍歴。それは、僅か数時間にして、愛の持つ恐ろしいパワー及び瞬発性と、その後に勝ち取る甘美なひとときを表現した香りという名の「愛の不毛」です。

驚異的な耐久力を持つラストノートは、濃厚な愛の営みを香りに置き換えたもの(キリアンの場合、その愛の営みは、高級ホテルのスウィートルームでという但し書きがイメージの中に入ってくる)。

この香りの正しい使用方法は、ローラ・メルシエの芸術的ボディクリーム「ホイップトボディクリーム アンバーバニラ」を全裸の全身に塗りこむように、全裸の肌のお好みの部位に振りかけることだろう。

とびきりの香料を使用するとここまでグルマンは愛に近づけるということを証明した香りです。

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2019年12月
« 11月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。