究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ルイ ヴィトン】ラプソディー(ジャック・キャヴァリエ)

ジャック・キャヴァリエ
©LOUIS VUITTON
ジャック・キャヴァリエブランドルイ・ヴィトン調香師香りの美学
この記事は約13分で読めます。

ラプソディー

【特別監修】カイエデモードが崇拝するフレグランス・スペシャリスト様

原名:Rhapsody
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2021年
対象性別:女性
価格:100ml/77,000円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン

スポンサーリンク

「レ・ゼクストレ コレクション」=究極のルイ・ヴィトンの香り

©LOUIS VUITTON / Florian Joy

©LOUIS VUITTON/ Florian Joy

ルイ・ヴィトンジャック・キャヴァリエを専属調香師にしたのは、2012年1月のことでした。そして、2016年9月15日、約70年ぶりにルイ・ヴィトンの香水「レ パルファン ルイ ヴィトン」が発売されることになりました。

それから5年の月日が流れ、ルイ・ヴィトンとキャヴァリエが、5周年の節目にあたり、新たなる船出の始まりとして2021年10月7日に最高級コレクションである「レ・ゼクストレ コレクション」を発表したのでした。

このコレクションの誕生のきっかけは、2014年10月にフランク・ゲーリー(1929-)のデザインにより、フォンダシオン・ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン財団美術館)がパリに開館したことでした。建築界の巨匠とルイ・ヴィトンの間で接点が生まれたこの時、ルイ・ヴィトンの専属調香師としてキャヴァリエは3年目の冬を迎えようとしていました。

そんな二人が、コラボレーションを決めたのは、2019年のことでした。それは90歳を迎え、なおも新しい創作に意欲を燃やす、〝生きる伝説〟が香りの巨匠の手を借りて生み出した史上初めての〝見えない建築物〟なのでした。

香りがはじめて現代アートの領域に踏み込んだ〝究極のルイ・ヴィトンの香り〟とも言えるこの5種類の香りは、通常のルイ・ヴィトンの香水(100ml 38,500円)の2倍の77,000円の価格がつけられています。

それは30%の賦香率(香料の濃度)というパルファンの濃度の越えたエクストレ・ドゥ・パルファンを、点付けでなく、スプレー仕様で生み出した画期的な香りでした(ちなみにパルファン ド コローニュは12%、通常ラインは15%)。

エクストレをスプレー仕様にするために、キャヴァリエは30年間の調香師としてのキャリアを全て注ぎ込み、肌との相性が良い天然香料を厳選し、ブレンドしました。そして、肌の上で、新たなる生命の息遣いを生み出すように、濃度の高い香料を使用しながら〝蝶のように舞い、蜂のように刺す〟つまりは、「持続性があるにも関わらず、強くなく儚げな印象さえ覚えるくらいに軽やかで柔らかく、そして穏やかな香り」を考案したのでした。

スポンサーリンク

ガラスの帆船に乗って、ルイ・ヴィトンの幻想の香りの旅へ

フォンダシオン・ルイ・ヴィトン © Fondation Louis Vuitton / Iwan Baan

©LOUIS VUITTON

「レ・ゼクストレ コレクション」という〝究極のルイ・ヴィトンの香り〟を理解するために必ず知っておかなければならないこと。それはフランク・ゲーリーのデザインにより、2014年10月に開館したフォンダシオン・ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン財団美術館)という巨大建造物についてです。

ガラス3600枚を使用したというこの〝空に浮かぶガラスの帆船〟こそが、このコレクションのインスピレーションの最大の源なのです。そして、あなたはこの〝ガラスの帆船〟に飛び乗り、ルイ・ヴィトンが生み出す空想の旅へと出発するのです。

それは、それまでの香水の調香における常識を飛び越え、「トップノート、ミドル(ハート)ノート、ラスト(ベース)ノートをなくすことで、各香調の真髄を浮かび上がらせた」(ジャック・キャヴァリエ談)香りなのです。

この香りのヴィジュアルが必ず浮遊しているのは、〝空に浮かぶガラスの帆船〟から見た幻想の香りだからです。そして、世界中のブティックにおいて並びが決まっているのも、この香りにはれっきとした物語が存在するからなのです。つまり〝空に浮かぶ空想の船〟の旅は、左から右に進行してゆくのです。

世界中に、恋愛、世界紀行、東洋の神秘、大自然をテーマにした香りは沢山あるのですが、意外なことに、幻想的な世界観をテーマにした香りはなかなかありません。このコレクションは、そんな幻想的な世界観をテーマとして取り上げた画期的な香りです。

スポンサーリンク

21世紀において最も洗練されたシプレ

©LOUIS VUITTON

現代の香水の歴史において、最初に生み出された洗練された香調がシプレでした。そのDNAを大切にしながら、21世紀において最も洗練されたシプレを生み出そうと試みたのがこの香りです。

ジャック・キャヴァリエ

〝空に浮かぶガラスの帆船〟を停泊させ、〝食べることが出来るふわふわとした綿菓子の雲=「コズミック クラウド」〟の上で、うたた寝をしていると、どこからともなく狂詩曲(ラプソディ)の調べが流れてきました。さあ三つ目の世界「ラプソディー」のはじまりです。

優しく包み込んでくれる白い雲を思わせる「コズミック クラウド」。その雲のさらに空の彼方にある〝宇宙〟を感じさせるパチョリの余韻が、次の「ラプソディー」の世界です。それはまるで「コズミック クラウド」のほのかなシプレが、流れるように、「ラプソディー」の明確なるシプレへと移り変わってゆくようです。

「コズミック クラウド」の甘やかな香りの余韻に浸っていると甘い囁き、甘い音楽、しっとりと愛を奏でる音楽が聞こえてくる…そんな香りが「ラプソディー」なのです。

マティエール ノワール」が光と影、白と黒、月と太陽といった相反する〝2つ〟のものが表現された香りであるならば、「ラプソディー」はさらに壮大で、天空にも地上にも、そして宇宙にも広がる狂詩曲なのです。

全五作品のコレクションのうちちょうど真ん中にあたるこの香りに寄せる、ジャック・キャヴァリエの思いはとても深く、そのため彼はシプレというフランスで最も愛される香調を持ってきたのでした。

そして、この香りは、ルイ・ヴィトンのフレグランスにおいて初めて本格的なシプレとなります(「クール バタン」もシプレに属しているのですが、実際のところ、シプレの要素は強くありません)。

スポンサーリンク

シプレの新しい夜明けに会いにいきましょう。

「ラプソディー」でシプレの香調を再訪しました。5つのフレグランスの中で最もパワフルな作品です。パチョリの美しさを保ちつつ、シプレのルールを破りたいと思いました。

木の葉から抽出し、ティーのような香りとアーシィーなモッシーさをもたらしました。これによって、従来のシプレのような重苦しさのない、新しいタイプのシプレが誕生したのです。

ジャック・キャヴァリエ

ダンシング ブロッサム」からいつしか時が流れ、天空の花々は、さらに輝きを増し洗練した大人の表情になります。そして、ここではじめて「レ・ゼクストレ コレクション」において二酸化炭素抽出法で抽出されたグラース産のジャスミンが登場することになります。

すぐに酔わせるようなイランイランと共鳴し、騙し合い、翻弄し合い、愛し合い、いがみ合う様にして、花々は愛憎渦巻く色々な香りの側面を解き放ってゆくのです。

ある瞬間においては「アポジェ」のように、ジャスミンとイランイランが交じり合い、天然香料によるフレッシュグリーンなスズランの芳香を生み出しさえもする〝香りの狂詩曲〟を奏でてゆくのです。

それはまるでガーシュインの『ラプソディ・イン・ブルー』がどこからともなく流れてくるような幻想的かつロマンティックな躍動感に満ちたムードを漂わせてゆきます。

そんな〝天空の音色=魅惑の香りの調べ〟に酔いしれる中、イェルバ・マテのスモーキーさが「アポジェ」におけるガイアックウッドの役割を果たし、「ラプソディー」に星(=スズラン)の妖しい煌きをよりくっきりと与えてゆくのです。

やがて、マテはベチバーと遭遇し、緑や土の香りを含んだ大地に吹く風を思い起こさせるのです。この香りの面白い瞬間、それは、重力に引かれる郷愁と詩情を呼び覚ますところにあります。

そして、パチョリは果てしない暗闇と、時空を超え、果てしない想いを馳せる宇宙を連れてきて、再びあなたは〝空に浮かぶガラスの帆船〟に乗船する時を知るのです。

さあ、天空の森から聴こえてくる美しい虫のシプレの奏でに見送られながら、銀河帆船に乗って、果てしない地平線に向かい、新しい夜明けに会いにいきましょう。地平線から太陽が目覚めはじめる時に、空と大地が黄金色に染まり、天空に響き渡る愛の奏でのような香りそれが「ラプソディー」なのです。

空に瞬く星の輝きのような美しいフローラルと、吸い込まれそうな暗闇が広がる宇宙だけでなく、大地の尊さ、生命の愛おしさまでも感じる事ができる壮大な香りを、本来クラシカルな香調であるシプレによって表現しているのが、ジャック・キャヴァリエという調香師の豊かな芸術性の証明とも言えます。

スポンサーリンク

ゴルチエの「クラシック」を連想させる香り

©LOUIS VUITTON

「ラプソディー」は、「レ・ゼクストレ コレクション」の中でも、ただ〝シプレだから〟という理由だけでなく、解釈が難しくうまく言葉で伝えにくいところもあり、販売員からお客様にその世界観の素晴らしさが一番伝わっていない香りです。つまり『芸術性において突き抜けた香り』とも言えます。

ジャック・キャヴァリエが『21世紀において最も洗練されたシプレ』とこの香りを表現しているのは、元々最高級の香料をふんだんに用いているルイ・ヴィトンのフレグランスの中でも、そこから更に一つずつの香料に〝磨きをかけた〟のが「レ・ゼクストレ コレクション」であり、もはや、彼以外の世界中の調香師の誰も手が届かない領域にまで達しているという自負から生み出された発言だと言えます。

つまり、このシプレはダイヤモンドカットが施されたシプレなのです。

Jean-Paul-Gaultier-Classique-Perfume-Campaign-2016-1

モデル:ダフネ・フルーネフェルト。2016年 ©JeanPaul Gaultier

ちなみに(この記事を特別監修して頂いている)カイエデモードが崇拝するフレグランス・スペシャリスト様曰く、この香りを香った時にジャン=ポール・ゴルチエの「クラシック」(1993年のジャック・キャヴァリエの作品であり、かつてブルーベルのカウンターで彼女が取り扱っていた)が頭をよぎりましたと仰っています。

「クラシックがシプレというわけではないのですが、ふくよかで甘やかで、女性の曲線美を表現した香り。理想的でありながら空想的というか…クラシックも(LVのフランク・ゲーリーと同じように)ゴルチエというフィルターを通しているのでエッジィな部分がありながらも、女性の神秘や愛を感じる香りだと思うのです。

ジャックが作り出すシプレには、本来のシプレが持つ、張り詰めた空気の中で現れる女性を思わせるひんやりとクールな印象があまりありません。それこそ既存のシプレには、パリの石畳を歩く女性のようなクールなイメージがあるので…

香りから色が見えるとしたら、本来のシプレは黄色で、凛としていてどこか強いイメージ。しかし、ジャックがシプレを表現する時、クールとは反対にある温かさや包み込む優しさを感じさせているように思います。色でいうとオレンジに近い黄色で丸くてまろやかなイメージ。

つまりラプソディーは、パチョリやベチバーが使われていながらも、冷たさや重さを全く感じさせないところに、その素晴らしさが集約されていると私は思います」。

スポンサーリンク

キャヴァリエにとってイランイランは『愛の讃歌』


レ・ゼクストレ コレクション」におけるフローラルブーケは、この香りと「ダンシング ブロッサム」です。通常のルイ・ヴィトンのフローラルブーケを購入される場合、「スペル オン ユー」「ウール ダプサンス」「ローズ デ ヴァン」を比較して悩まれるお客様が多いのですが、上記の二つで悩まれるお客様は皆無です。

それほどこのコレクションは一つ一つの香りが個性的で、特徴的という事なのですが、〝それぞれの香調の常識を超越しようとした〟という言葉の通り「ダンシング ブロッサム」がフローラル、「ラプソディー」はシプレそれぞれに違いがはっきりしているのです。

イランイランはジャック・キャヴァリエのあらゆる香りにおいて『愛の讃歌』を表現する時に使われるエッセンスです。「ラプソディー」は、その周りを他の花々が取り囲み、〝愛を祝福〟するようなフローラルブーケになっています。ちなみにイランイランが印象的な「クール バタン」も奥様への愛を示した香りです。

そして、マテとベチバーがスモーキーで幻想的な表情を演出し、パチョリが夜空に響き渡る〝狂詩曲〟を形成し、イランイランの中に眠るより深い愛情を爆発させるのです。

そして、天と地を照らす新しい一日を告げるイランイランの太陽の輝きがはじまるのです。それはまるで全てを包み込んでくれる朝日の輝きのような壮大さや包容力を、クラシカルな印象に傾倒させずにモダンシプレとエキストレで表現しているのです。

コレクションの次の香り「シンフォニー」と共に、陽光のきらめき、輝きを表現しているのです。「ラプソディー」は夜明けの昇りゆく太陽が空と大地を照らし、「シンフォニー」は大海原の波間に太陽が照らすきらめきなのです。

スポンサーリンク

男が身にまとうと、太陽の不滅の輝きを手にすることになる。


日本人にとってシプレとは、ゲランの「ミツコ」のイメージが強く、どうしても年齢層が高めじゃないと使いこなせないイメージが強いです。しかし、「ラプソディー」は、「レ・ゼクストレ コレクション」の中においても最も華があり存在感を持つ香りです。

つまりクラシックに傾倒しすぎる事なくシプレを新解釈し、且つ〝空想〟や〝天空〟〝幻想的〟など輪郭をはっきりと持たない香りのイメージを壊さないように創られた『新しいシプレ』

特に若い女性向けに、という訳ではないでしょうが、〝若い女性〟が選ぶととびきり素敵な閃光を放つ『新しいシプレ』と言えます。ちなみにナルシソ・ロドリゲスの「ナルシソ ロドリゲス フォーハー」を筆頭に、クロエなど他ブランドにおいても、少し前から〝ネオシプレ〟は出ていますが、そんな〝ネオシプレ〟とも一線を画すような存在にあるのがこの「ラプソディー」なのです。

さらに飛躍すると、『メンズのシプレ』という捉え方も出来る香りであり、その代表格であるクリードの「アバントゥス」(よりフルーティ)と同じように、新鮮で珍しく、華やかさもあり、女性の嗅覚を惹きつけて止まない〝壮大なオーラ〟を生み出してくれます。

男性が纏うシプレは気品があってエレガント、洗練された印象でありながら、ウッディ程重くなく、オリエンタル程複雑すぎずにスパイシーでもないので、華やかさはありながら、いわゆる〝暑苦しくならない〟のです。

スポンサーリンク

「メテオール」とのカップリング

©LOUIS VUITTON

「ラプソディー」は、〝地平線から太陽が目覚め始める時に、空と大地が黄金色に染まり天空に響き渡る愛の奏でのような香り〟であり、太陽はどんな香りをも凌駕してしまうので、この香り自体はレイヤリングする必要のない香りと言えます。

しかし、カップリングという観点で見れば、「ラプソディー」を女性が、そして、男性が後ろからそっとエスコートするようにスマートな「メテオール」を身に纏うと、〝紳士淑女〟を思わせる、とても素敵な〝愛の奏で〟になるようなカップリングフレグランスとなることでしょう。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ラプソディー
原名:Rhapsody
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2021年
対象性別:女性
価格:100ml/77,000円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン


シングルノート:オークモス、スズラン、グラース産ジャスミン、イランイラン、ベチバー、マテ、パチョリ

タイトルとURLをコピーしました