究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ルイ ヴィトン】ラプソディー(ジャック・キャヴァリエ)

ジャック・キャヴァリエ
©LOUIS VUITTON
ジャック・キャヴァリエブランドルイ・ヴィトン調香師香りの美学
この記事は約6分で読めます。

ラプソディー

原名:Rhapsody
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2021年
対象性別:女性
価格:100ml/77,000円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン

スポンサーリンク

「レ・ゼクストレ コレクション」=究極のルイ・ヴィトンの香り

©LOUIS VUITTON / Florian Joy

©LOUIS VUITTON/ Florian Joy

ルイ・ヴィトンジャック・キャヴァリエを専属調香師にしたのは、2012年1月のことでした。そして、2016年9月15日、約70年ぶりにルイ・ヴィトンの香水「レ パルファン ルイ ヴィトン」が発売されることになりました。

それから5年の月日が流れ、ルイ・ヴィトンとキャヴァリエが、5周年の節目にあたり、新たなる船出の始まりとして2021年10月7日に最高級コレクションである「レ・ゼクストレ コレクション」を発表したのでした。

このコレクションの誕生のきっかけは、2014年10月にフランク・ゲーリー(1929-)のデザインにより、フォンダシオン・ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン財団美術館)がパリに開館したことでした。建築界の巨匠とルイ・ヴィトンの間で接点が生まれたこの時、ルイ・ヴィトンの専属調香師としてキャヴァリエは3年目の冬を迎えようとしていました。

そんな二人が、コラボレーションを決めたのは、2019年のことでした。それは90歳を迎え、なおも新しい創作に意欲を燃やす、〝生きる伝説〟が香りの巨匠の手を借りて生み出した史上初めての〝見えない建築物〟なのでした。

香りがはじめて現代アートの領域に踏み込んだ〝究極のルイ・ヴィトンの香り〟とも言えるこの5種類の香りは、通常のルイ・ヴィトンの香水(100ml 38,500円)の2倍の77,000円の価格がつけられています。

それは30%の賦香率(香料の濃度)というパルファンの濃度の越えたエクストレ・ドゥ・パルファンを、点付けでなく、スプレー仕様で生み出した画期的な香りでした(ちなみにパルファン ド コローニュは12%、通常ラインは15%)。

エクストレをスプレー仕様にするために、キャヴァリエは30年間の調香師としてのキャリアを全て注ぎ込み、肌との相性が良い天然香料を厳選し、ブレンドしました。そして、肌の上で、新たなる生命の息遣いを生み出すように、濃度の高い香料を使用しながら〝蝶のように舞い、蜂のように刺す〟つまりは、「持続性があるにも関わらず、強くなく儚げな印象さえ覚えるくらいに軽やかで柔らかく、そして穏やかな香り」を考案したのでした。

ガラスの帆船に乗って、ルイ・ヴィトンの幻想の香りの旅へ

フォンダシオン・ルイ・ヴィトン © Fondation Louis Vuitton / Iwan Baan

©LOUIS VUITTON

「レ・ゼクストレ コレクション」という〝究極のルイ・ヴィトンの香り〟を理解するために必ず知っておかなければならないこと。それはフランク・ゲーリーのデザインにより、2014年10月に開館したフォンダシオン・ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン財団美術館)という巨大建造物についてです。

ガラス3600枚を使用したというこの〝空に浮かぶガラスの帆船〟こそが、このコレクションのインスピレーションの最大の源なのです。そして、あなたはこの〝ガラスの帆船〟に飛び乗り、ルイ・ヴィトンが生み出す空想の旅へと出発するのです。

それは、それまでの香水の調香における常識を飛び越え、「トップノート、ミドル(ハート)ノート、ラスト(ベース)ノートをなくすことで、各香調の真髄を浮かび上がらせた」(ジャック・キャヴァリエ談)香りなのです。

この香りのヴィジュアルが必ず浮遊しているのは、〝空に浮かぶガラスの帆船〟から見た幻想の香りだからです。そして、世界中のブティックにおいて並びが決まっているのも、この香りにはれっきとした物語が存在するからなのです。つまり〝空に浮かぶ空想の船〟の旅は、左から右に進行してゆくのです。

世界中に、恋愛、世界紀行、東洋の神秘、大自然をテーマにした香りは沢山あるのですが、意外なことに、幻想的な世界観をテーマにした香りはなかなかありません。このコレクションは、そんな幻想的な世界観をテーマとして取り上げた画期的な香りです。

スポンサーリンク

シプレの新しい夜明けに会いにいきましょう。

©LOUIS VUITTON

©LOUIS VUITTON

現代の香水の歴史において、最初に生み出された洗練された香調がシプレでした。そのDNAを大切にしながら、21世紀において最も洗練されたシプレを生み出そうと試みたのがこの香りです。

ジャック・キャヴァリエ

〝空に浮かぶガラスの帆船〟を停泊させ、〝食べることが出来るふわふわとした綿菓子の雲=「コズミック クラウド」〟の上で、うたた寝をしていると、どこからともなく狂詩曲(ラプソディ)の調べが流れてきました。さあ三つ目の世界「ラプソディー」のはじまりです。

ここで再び登場するジャスミンとメイローズに新たに加わる仲間たちは、イランイランとスズランです。この香りの面白さは、二酸化炭素抽出法で抽出されたグラース産のジャスミンが、最高のパフォーマンスを発動しながらはじまるところにあります。

すぐに酔わせるようなイランイランと共鳴し、騙し合い、翻弄し合い、愛し合い、いがみ合う様にして、花々は愛憎渦巻く色々な香りの側面を解き放ってゆくのです。

ある瞬間においては「アポジェ」のように、ジャスミンとメイローズ(グラース産であり二酸化炭素抽出法によるもの)が交じり合い、天然香料によるフレッシュグリーンなスズランの芳香を生み出しさえもする〝香りの狂詩曲〟を奏でてゆくのです。

それはまるでガーシュインの『ラプソディ・イン・ブルー』がどこからともなく流れてくるような幻想的かつドラマティックな躍動感に満ちたムードを漂わせてゆきます。

そんな〝魅惑の香りの調べ〟に酔いしれる中、イェルバ・マテのスモーキーさが「アポジェ」におけるガイアックウッドの役割を果たし、「ラプソディー」に星(=スズラン)の妖しい煌きをよりくっきりと与えてゆきます。

やがて、ベチバーやパチョリが夜を連れてきて、再びあなたは〝空に浮かぶガラスの帆船〟に乗船する時を知るのです。

さあ、天空の森から聴こえてくる美しい虫のシプレの奏でに見送られながら、銀河帆船に乗って、果てしない地平線に向かい、新しい夜明けに会いにいきましょう。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ラプソディー
原名:Rhapsody
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2021年
対象性別:女性
価格:100ml/77,000円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン


シングルノート:オークモス、スズラン、グラース産ジャスミン、イランイラン、ベチバー、マテ、グラース産メイローズ、パチョリ

タイトルとURLをコピーしました