究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ルイ ヴィトン】コズミック クラウド(ジャック・キャヴァリエ)

ジャック・キャヴァリエ
©LOUIS VUITTON
ジャック・キャヴァリエブランドルイ・ヴィトン調香師香りの美学
この記事は約8分で読めます。

コズミック クラウド

原名:Cosmic Cloud
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2021年
対象性別:女性
価格:100ml/77,000円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン

スポンサーリンク

「レ・ゼクストレ コレクション」=究極のルイ・ヴィトンの香り

©LOUIS VUITTON / Florian Joy

©LOUIS VUITTON/ Florian Joy

ルイ・ヴィトンジャック・キャヴァリエを専属調香師にしたのは、2012年1月のことでした。そして、2016年9月15日、約70年ぶりにルイ・ヴィトンの香水「レ パルファン ルイ ヴィトン」が発売されることになりました。

それから5年の月日が流れ、ルイ・ヴィトンとキャヴァリエが、5周年の節目にあたり、新たなる船出の始まりとして2021年10月7日に最高級コレクションである「レ・ゼクストレ コレクション」を発表したのでした。

このコレクションの誕生のきっかけは、2014年10月にフランク・ゲーリー(1929-)のデザインにより、フォンダシオン・ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン財団美術館)がパリに開館したことでした。建築界の巨匠とルイ・ヴィトンの間で接点が生まれたこの時、ルイ・ヴィトンの専属調香師としてキャヴァリエは3年目の冬を迎えようとしていました。

そんな二人が、コラボレーションを決めたのは、2019年のことでした。それは90歳を迎え、なおも新しい創作に意欲を燃やす、〝生きる伝説〟が香りの巨匠の手を借りて生み出した史上初めての〝見えない建築物〟なのでした。

香りがはじめて現代アートの領域に踏み込んだ〝究極のルイ・ヴィトンの香り〟とも言えるこの5種類の香りは、通常のルイ・ヴィトンの香水(100ml 38,500円)の2倍の77,000円の価格がつけられています。

それは30%の賦香率(香料の濃度)というパルファンの濃度の越えたエクストレ・ドゥ・パルファンを、点付けでなく、スプレー仕様で生み出した画期的な香りでした(ちなみにパルファン ド コローニュは12%、通常ラインは15%)。

エクストレをスプレー仕様にするために、キャヴァリエは30年間の調香師としてのキャリアを全て注ぎ込み、肌との相性が良い天然香料を厳選し、ブレンドしました。そして、肌の上で、新たなる生命の息遣いを生み出すように、濃度の高い香料を使用しながら〝蝶のように舞い、蜂のように刺す〟つまりは、「持続性があるにも関わらず、強くなく儚げな印象さえ覚えるくらいに軽やかで柔らかく、そして穏やかな香り」を考案したのでした。

ガラスの帆船に乗って、ルイ・ヴィトンの幻想の香りの旅へ

フォンダシオン・ルイ・ヴィトン © Fondation Louis Vuitton / Iwan Baan

©LOUIS VUITTON

「レ・ゼクストレ コレクション」という〝究極のルイ・ヴィトンの香り〟を理解するために必ず知っておかなければならないこと。それはフランク・ゲーリーのデザインにより、2014年10月に開館したフォンダシオン・ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン財団美術館)という巨大建造物についてです。

ガラス3600枚を使用したというこの〝空に浮かぶガラスの帆船〟こそが、このコレクションのインスピレーションの最大の源なのです。そして、あなたはこの〝ガラスの帆船〟に飛び乗り、ルイ・ヴィトンが生み出す空想の旅へと出発するのです。

それは、それまでの香水の調香における常識を飛び越え、「トップノート、ミドル(ハート)ノート、ラスト(ベース)ノートをなくすことで、各香調の真髄を浮かび上がらせた」(ジャック・キャヴァリエ談)香りなのです。

この香りのヴィジュアルが必ず浮遊しているのは、〝空に浮かぶガラスの帆船〟から見た幻想の香りだからです。そして、世界中のブティックにおいて並びが決まっているのも、この香りにはれっきとした物語が存在するからなのです。つまり〝空に浮かぶ空想の船〟の旅は、左から右に進行してゆくのです。

世界中に、恋愛、世界紀行、東洋の神秘、大自然をテーマにした香りは沢山あるのですが、意外なことに、幻想的な世界観をテーマにした香りはなかなかありません。このコレクションは、そんな幻想的な世界観をテーマとして取り上げた画期的な香りです。

スポンサーリンク

ムスクの魔術師が生み出した〝ムスクを超えたムスク〟

©LOUIS VUITTON

ダンシング ブロッサム」の次に〝空に浮かぶガラスの帆船〟がその花々に手を取り導かれてたどり着いた世界。それは「コズミック クラウド」ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家のような〝食べることが出来るふわふわとした綿菓子の雲〟の世界です。

光明と静謐のかの天空の世界は、先ほどの世界からは一転して、一切の花々が存在しないのです(つまりこの香りには一切のフローラルの要素が存在しない)。

ここで「ブルガリ プール オム」(1995)以降、〝ムスクの魔術師〟と呼ばれるようになったジャック・キャヴァリエは、あらゆる制約を飛び越えた『究極のムスクの香り』を生み出そうと考えたのでした。

「ブルガリ プール オム」の歴史的な偉大さは、ムスク=アニマリックなムスクというイメージを一新し、ムスク=ホワイトムスク=心地良いムスクというイメージを人々に植え付けたところにあります。

そして、その総決算として、かなり希少かつ高価な天然の植物性ムスクを駆使し生み出されたのが「コズミック クラウド」なのです。それは存在の耐えられない軽さを持つムスクに、人肌を通して三つの言葉を語らせました。

  1. 〝幻想的なイリュージョン〟いい夢が見れる。
  2. 〝幼き日の思い出を呼び覚ます〟甘いお菓子の様々な側面を詰め込めるだけ詰め込む。
  3. 〝身を任せ、溺れるように愛させる〟

つまり、この香りでジャック・キャヴァリエが到達したゴールそれは、雲のようにふんわりと捉えどころのないムスクによって、溺れるように身を任せる香りを生み出すということでした。

世界の香水市場に存在するあらゆるスキン・フレグランスの『最終形態』とも言えるのが、「コズミック クラウド」なのです。一言で言うとこの香りは「ムスクを超えたムスク」なのです(もっと言うと、キャヴァリエがキャヴァリエ自身を超えた香り)。

スポンサーリンク

存在の耐えられない軽さを持つムスク

©LOUIS VUITTON

そんな『究極のムスク』の香りは、ペルー産ニオイトロロアオイ(ハイビスカスの一種)から得られる種子アンブレットシードから二酸化炭素抽出したアンブレットアブソリュートという植物性ムスクを中心に、フルーティ・ムスクの渦巻く星雲に身を任せるように全身で味わうように楽しんで頂ける香りです。

ちなみにアンブレットアブソリュートは、洋ナシの香りがアクセントとなる、パウダリーかつフルーティーな香りが特徴です。

それはルラボの「ガイアック10」のように10回近くプッシュするべき香りであり、史上最高峰のスプレーの品質(特許を取得しているほど)を誇るルイ・ヴィトンのボトルから解き放たれるというだけでもどれだけ稀有なムスクの香り立ちになるか想像して頂けるはずです。

そして、すぐにフルーティ・ムスクの星雲の中に、ベルガモットとブラックカラントが煌く星屑の様な存在感を与えてゆくのです。さらにチョコレートパウダーのようなトンカビーンもブレンドされ、甘い甘い美味しいものをたくさん与えてくれる、無償の愛のような綿菓子の雲がたくさん生み出されてゆくのです。

何よりも素敵なのは、パチョリが生み出すシプレ効果です。これこそがこの香りがただのスイート・グルマンで終わらない、幻想的なイリュージョンを生み出す導火線に火をつける役割を果たしてくれているのです。

スポンサーリンク

フランク・ゲーリーが発表したランプ「クラウド」

©BELUX

©BELUX

©BELUX

2005年にフランク・ゲーリーが発表したランプ「クラウド」がこの香りの着想源のひとつです。思わず食べたくなる存在感がこの香りとの共通点です。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:コズミック クラウド
原名:Cosmic Cloud
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2021年
対象性別:女性
価格:100ml/77,000円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン


シングルノート:ブラックカラント、パチョリ、ベルガモット、ベネズエラ産トンカビーン、ペルー産アンブレットシード

タイトルとURLをコピーしました