究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ルイ ヴィトン】メテオール(ジャック・キャヴァリエ)

ジャック・キャヴァリエ
ジャック・キャヴァリエ ブランド ルイ・ヴィトン 調香師 香りの美学
この記事は約3分で読めます。

メテオール

原名:Météore
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2020年
対象性別:男性
価格:100ml/38,500円、200ml/53,900円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン

スポンサーリンク

どこかあざとい、モテる男性の香り


2018年5月31日に、ルイ・ヴィトンから一挙5種類の香りが発売されたメンズ・フレグランス・コレクション「レ パルファン ルイ ヴィトン フォーメン」から2年ぶりに発売された6つ目の香りが、「メテオール」です。

「メテオール」とは、フランス語で、「流星」の意味です。ルイ・ヴィトンの専属調香師、ジャック・キャヴァリエにより調香されました。

元々は、初夏に発売される予定でしたが、COVID-19の影響で2020年8月28日発売となりました。

マンダリン・オレンジというものを、香りのはじまりに、フレッシュ感を演出するためだけに使うのではなく、はじまりから終わりにおいて他の香料を絡み合わせ、結集させる、バックボーンのような役割を果たすように調香しました。

ジャック・キャヴァリエ

シチリア産のジューシーなマンダリン・オレンジにベルガモットがブレンドされ、キラキラと流星が発光するようなオープニングからこの香りははじまります。人によっては華やかすぎる香りだと感じ取られないメンズフレグランスらしからぬオープニングです。

やがて、三種類のペッパー(レユニオン島産のブラックペッパー、四川産の華北山椒、ピンクペッパー)が、ナツメグ、カルダモンと共に絡み合い夜空に光る、手の届かない位置にある流星が持つ、神秘的かつ効し難いオーラを放ちはじめます。

そして、その背後には、仄かに白いジャワ産ベチバー(スモーキーさを排除したグレープフルーツのようなフレッシュ感を持つベチバー)が、怪しく浮かび上がります。

スパイスとベチバーの雲が浮遊する夜空の中で、マンダリン・オレンジは、ネロリと他のスパイス類により再び生命力を取り戻し、閃光を放ちます。それは流星=メテオーラ、〝星の旅人〟の香りなのです。

男の肌に輝きと煌きのオーラを与える〝同性からは好かれないが、女性からは圧倒的な支持を受けるどこかあざとい男性アイドルのような〟甘いオレンジの香りです。

香水データ

香水名:メテオール
原名:Météore
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2020年
対象性別:男性
価格:100ml/38,500円、200ml/53,900円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン


トップノート:カラブリアン・ベルガモット、シシリアン・オレンジ
ミドルノート:チュニジアン・ネロリ、ペッパー、ピンクペッパー、インドネシアン・ナツメグ、グアテマラ産カルダモン
ラストノート:ジャワ産ベチバーオイル

タイトルとURLをコピーしました